パルプ・フィクションの作品情報・感想・評価・動画配信

パルプ・フィクション1994年製作の映画)

Pulp Fiction

上映日:1994年10月08日

製作国:

上映時間:154分

4.0

あらすじ

『パルプ・フィクション』に投稿された感想・評価

Yuma

Yumaの感想・評価

4.0
チェンソーマンに惹かれて見ました。最後まで見ないと分からない。面白いかったです。みんな口悪いし、グロいしいいね。ダイ・ハードの人出たたよね?
tomo

tomoの感想・評価

4.0
見た事なかった名作。
昔の映画に出て来るハンバーガーとかパンケーキがめちゃくちゃ美味しそうに感じる。

次の日バーキン行きました。
Kaho

Kahoの感想・評価

3.8
あんまり覚えてないけど
ショートヘアで色白で歯ブラシ持ってるあの子可愛かったな、、
shun

shunの感想・評価

3.9
何の映画と言われると何か分からない。
ちょっとコメディ要素も。
男って感じの映画。
ものすごくメジャーだけどものすごく変な映画
時系列ごちゃごちゃの6つのパートから成る
この映画はとにかくよく分からない、、、
いや、恐らく大した中身は無いのだ。
2時間半の内、大半はなんでもない無駄話で
特段オチは無いし深い話でもない。
タイトル通りの
パルプ(安っぽい、下らない)フィクション(作り話)。
なのにめちゃくちゃ面白いし
めちゃくちゃカッコいいという不可思議。
何もないのに何かあると観客に錯覚させる
タランティーノの特異なルックの力が
最大限活かされた稀代のエポックメイキングである。
なんかよく分からんけどカッコいい
なんかよく分からんけど面白い
これでいいのだ。いや、これがいいのだ〜

んで、ユマサーマンは主人公でもなんでもないのに
なんでポスターに1人デカデカと載ってんだ❓
タランティーノ作品に映画的な重厚感が漂い始める前の初期の時代に作られた、世界中が熱狂したクソ雰囲気良いオシャレ厨二病映画。登場人物全員クズだし人が理不尽に死にまくるが、鑑賞後の気分はサイコーだ。

今回久々に見返して、ユマ・サーマンとジョン・トラボルタの間に一夜の恋の匂いが強く漂っていたことに初めて気が付いた。前回鑑賞時10代の私は文字通りケツの青い小娘で分からなかった。思えば遠くへ来たもんだ。いつから大人になったんだ。は~~人生っておもしろ~~~。

何年か後に見返すと自分のことが新しく一つ分かる、それは間違いなく良い映画だろ。

とりあえず見とけばセンス良いって思われがちな筆頭作品だから、おさえとけよな。飲み物はLサイズのスプライトか、安くて味も香りもしないけど愛着湧いて飲み慣れちゃった発泡酒あたりでよろしく。

このレビューはネタバレを含みます

展開の意外さとやり取りが面白くてあっという間に終わってしまった

オチらしいオチって感じじゃなかったから観終わった時にスッキリはしなかった
よつゆ

よつゆの感想・評価

4.5
再鑑賞。
以前見たときは良さがあまり分からなかった。
でも2回目見てみたら最高すぎた!

何に面白さを見いだせたのかは分からないけど、前回見たときは俳優たちが好きじゃなかったんだったと思う。
ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソン、ブルース・ウィリス、ユマ・サーマン。。
今でも特別好きではないんだけど、前は好きな俳優が全然いなくて、キャラクターを好きになれず、楽しめなかったんだと思う。

でも今回はみんながキラキラして見える、と言ったらおかしいけど、みんなに感情移入できて、パルプ・フィクションの世界で起きた出来事が純粋に楽しかった。

ありがとうタランティーノ!
よく出来た群像劇だった。
そんな伏線の貼り方ある!?という丁寧な薬物描写だったり、殺し屋のキャラ付けだったり、絶妙なギャグだったり。
ちょうどよく面白い。
れ

れの感想・評価

4.8
何が面白いのか説明しにくいけど面白い
2時間半があっという間だった
>|

あなたにおすすめの記事