素晴らしき哉、人生!の作品情報・感想・評価・動画配信

素晴らしき哉、人生!1946年製作の映画)

It's a Wonderful Life

上映日:1954年02月06日

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

4.3

あらすじ

『素晴らしき哉、人生!』に投稿された感想・評価

yuki

yukiの感想・評価

4.3
やっぱりクリスマスシーズンに観るこの映画は最高🤍🎄 これからもずっと観続けていきたい素敵な映画だなあ、、、こんな素敵すぎる映画に出会わせてくれたJohnありがとう🤭😍 Thank you so much!
nakada

nakadaの感想・評価

4.0
人生の曲り角までの成り行きが長いのが難点だけど、最後は怒涛で涙腺をとことん刺激するつくり。人の見返りを求めない善意って大事よね…戦時中の記録映画が生々しかった。フランクキャプラの戦争体験から沸き起こった想いなのかなと思うと一層響くものがあった。
雨の日も晴れ男っていう小説思い出した。人にやさしく、今を向いていきたいと思う。メリークリスマス
RIkuto

RIkutoの感想・評価

4.1
クリスマスも近づいてきたということで。
本当に素敵な作品です。

主人公を演じた"アメリカの良心"ジェームズ・スチュワートはやっぱり最高にイけてる。
そして人間最後は結局人柄なんだと改めて実感。

個人的には電話からのキスシーン、その後のメアリーの母親の表情。
最高でした。
kikiki

kikikiの感想・評価

4.1
クリスマスの日に人生のどん底を味わって、川に飛び込もうとするところに、おじさん天使が主人公のジョージがいない世界を見せてくれる。っていう情報を知ってながら鑑賞した。知っていても、これ以上にないクリスマスだった。ジョージのメアリーに告白したシーンが"月を捕まえるジョージ"らしくていい。
昔の映画は間が空いて冗長であるイメージが強いが、本作は観やすい。

人生の中で、後悔する選択は何度もあるが、その選択があったからこそ今があり仲間がいる。そして過去の自分を信じることで、未来に希望が持てる。
自分のいない人生なんて、そんなの存在しないのだから!
最後はウルっときた。
もな

もなの感想・評価

3.7
結末までがなーがい!

何気ない日常や、大したことない人生も、それらの全てがあの最高な結末にとって必要で、とってもとっても尊いものだったんだね〜
衣食足りて礼節を知る
私の好きな諺の一つです。

名作は名作たるチカラが、映像に宿っているのですね。


2017年のウィルスミス版は観てません。見るつもりもありません。
ラスト感動で泣いた。
でもジョージ調子悪くなると普通に最低な態度取るの笑う。
古き良きアメリカ映画な感じ。
>|

あなたにおすすめの記事