失われた週末の作品情報・感想・評価・動画配信

「失われた週末」に投稿された感想・評価

アル中のアル中によるアル中の為の映画。
それでは、週末を失くしに出掛けて参ります。

このレビューはネタバレを含みます

うだうだと酒に負け続ける主人公。ポケットに隠し持ってたとか照明の上に隠すとか様々な手を駆使して、監視の目を欺く。どんどん中毒になり自殺を図ろうとする所を恋人に救われて改心。最後そんなめでたしで終わって良いのか??と戦後ハリウッドメロドラマの特徴が存分に味わえます。この時代の作品に現在の視点から辻褄を求めるのは机上の空論過ぎるが、人の金を盗んでまで酒に呑まれた主人公にしてはあっさり…いやいや、いかんいかん。アル中になった主人公を描くのか、彼と恋人の愛を描いているのかが中途半端だった??
こいけ

こいけの感想・評価

5.0
面白いぞ!
あんま酒飲まんからこの怖さは身近なものではなかったけど、、
ビリーワイルダー好き
michi

michiの感想・評価

-
決しておもしろい話ではないのに、何なら「お願いだから早く終わって」と思いながら、それでも目が離せない。お酒のためなら何でもするアル中男の週末の話だった。まず、オールドハリウッドでは珍しいテーマだし、本当に逸れることもなくアル中の話だけだし、これまで観た中で斬新な作品だった。まあ、リアル世界からすると、堕ちたレイ・ミランドはきれいすぎる気もするけれど、当時のギリギリまで攻めている感はある。

ドンはこれからが大変だ。幸せになってほしい。その後が気になる。

ミクロス・ロージャは、『白い恐怖』と同じくテルミンを多用して危ない雰囲気を煽る。幻覚が出るシーンは『ベン・ハー』なんかを思い起こす迫力のハーモニーあり。
みげ

みげの感想・評価

3.9
導入から掴まれるし、緊張感が保たれているので古い映画に見慣れない人も楽しめそう
豆

豆の感想・評価

3.7
令和3年度No.99
アル中男の週末はいかに、、、

お酒怖い、、、
第18回アカデミー賞作品賞。
小説家がアル中でどうしようもない話。
思ってた1.7倍どうしようもない。

もう最初から主人公のドンからクズ感漂う。依存症を治す気が彼にはほとほとないのである。隙を見て酒!金を見つけて酒!とにかく酒!その血はアルコールで出来ているかのようである。それゆえ一線を越えかける事も多々ある。
ナットもいい奴なのか悪い奴なのかよく分からない。良い行動をしてる風なのだがかえって彼を悪化させてるようにも見える。まぁどこまで愚かな行為をしても見捨てないのは何だかんだで気にかけてる証拠なんだろうけど。
そしてひたすらにヘレンが🥲

週末は失われたが大事なもの失わなくて良かったな。グッドエンドだがおそらく戦はまだ続くでしょうね。

このレビューはネタバレを含みます

星5億〜、、、いちいち芸が細かすぎ、、、、むり、、、これと比べたらトレスポなんてかわいいもんだよ、、、

男と女はペアで現れるんだよねー、つまりヘレンと兄ウィク、グロリアとナット、それからバッグを盗む女とその連れの男、、重要なのはいつも女のほうがバーナムをかばう立場にあるってことだとおもう!ラストにナットがタイプライターを届けるシーンの感動はこの図式が崩れることから来るのと同時に、ちょいちょい見え隠れしてた神のイメージが具象化されてる点からも来てる
JohnSmith

JohnSmithの感想・評価

3.8
時代経っても面白いとは凄い作品。

嗜むと言える程飲む事が少ないけど、主題と時代が気になって観。

内容が脱線や、ここ要ります?って所が無いから
キチンとして観れる上にキャラが立ってて、正直意外
このテーマ中だからなのかな?
兄の弟に対する想いや、ヒロインのアプローチが眩しくて素直で素敵だった、正直可愛かった。
Jimmy

Jimmyの感想・評価

3.0
アルコール依存症について、これだけの映画を作ることが出来たことに驚き。

「酒も結構怖いもの」という印象が強烈で、酒ビンを見るとこの映画を思い出す。

インパクト強い名作。
>|

あなたにおすすめの記事