極道めしの作品情報・感想・評価・動画配信

『極道めし』に投稿された感想・評価

Yuca

Yucaの感想・評価

-
卵かけご飯ラーメンすき焼き感謝
オムライスとバター醤油海鮮はこっちでもできそう感謝

最後の演出要らないのめっっちゃ分かる。大人しく美味いラーメンでも食って泣いてて下さい。でも
たんたたんはみんあにくるんだお
90
sbchlcfltt

sbchlcflttの感想・評価

2.5
さぞかし美味しそうな話をしてくれるのかと思ったらありがちな感じだった。

拾ってくれたママとラーメン屋の彼女には幸せになってもらいたい。
香

香の感想・評価

-
「美味しいご飯の出てくる映画」で検索してヒット

丁寧に作られた美味しいご飯
ではなく
普通の飯がいかにうまいか
である

これはこれであり。
金太

金太の感想・評価

2.6
作中に出てくる“すき焼き”

これがもう、最高にして最強なんじゃなかろうか。
いや、なかろうもん。

うまそすぎてマネしたくなる極道めしがもりだくさん。

めしの匂いが漂ってきますからねぇこれは!

映画なのにめしの匂いが漂ってきますよぉこれは!

いや、匂ってきますよぉこれは!


ダイエットの大敵は何かと言いますと、
美味そうな“食い方”と“めしの香り”にある。
なので、こうゆう映画はね

ケシカラン。

てぇこってす。
ビジュアル最高シズル映画
ひとの数だけ存在する食卓とそれにまつわる幾多の記憶
最近のわたしは恋人とゴハンとキッチンの事ばかり考えている(母親の作るゴハンには一生敵わない)
りぃ

りぃの感想・評価

3.7
いい映画だと思います!すごく好き!タイトルが「極道」なのが解せないけど…。どんな場所や環境でも食事だけは大事だと思わせてくれるお話。
2022.06.15 配信にて視聴

原作未読。
好きなタイプのドラマだった。
設定の着眼点がいいし(これは原作者の功績)、俳優がみんな達者。
出てくる料理は庶民的なものばかりだが
観るのがお腹が空いてる時か満腹な時かで評価が変わるかも。
劇中、新入りで一番カタギに見えた奴が
私的には一番のクソ野郎だったので、
「てめえなんざ自分のクズさに徹底的に打ちのめされてまえ」と思った。

スコアは4点つけたかったけれど、ラストの子どものセリフが蛇足。
あそこはセリフなんぞ要らん。
脚本だか演出だか監督だか知らんが
最後の最後で下手(げて)をかましやがったので0.7マイナスした。

マリさん、いい女。
しおり、幸せになれーーー!
タイトルから想像した内容と違いすぎて。
もっとコメディかと思ってたけど結構重い。
この監督の映画が好きなものもあるけど、これはイマイチ。
バランスが変。というか歪。崩壊してると思う。
なんど喉を鳴らしたか。。。
キンキンに冷えた生ビールは文句なし優勝!

コミカル一辺倒かと思いきや、親に捨てられた子どものストーリーからの流れがつらかった。
でも劇中では、
「親には親の事情があるのだろうけど、親に捨てられるのは辛いよなぁ」
とだけ、言及してるのも、深いってなった。わたしはきっとその親の悪口を言わずにはいられないと思うので。

♪まつわ〜♪にかぶせる♪さよなら、さよなら、さよなら〜♪
良く食べ、良く寝る。がんばって生きよう
登場人物の少ない、ワンシチュエーション映画は、大好きなのですが、本作は、これと言って、大きなサプライズや捻りのない地味で、シンプルな作品だったので、物凄く泣けたとか、物凄く感動したとか、物凄く笑ったとかは、なくて、可もなく不可もなくと言った感じの作品でした。
暇つぶしに、普通に楽しめる作品だと思います♪
ですが、回想シーンを上手く活かした、会話劇中心の作風は、僕の大好きな映画である、「キサラギ」を彷彿とさせて、楽しめました♪
紹介される、切ないエピソードの数々に泣けて、ラーメンやオムライスなどのお料理の数々は、どれもとても美味しそうなので、お腹が空いて来ましたよ(笑)。
正に、グルメ版「キサラギ」ですね。(ほめ過ぎですが・・・笑。)
結末は、収まる所に収まって、意外性は、ありませんでしたが、それでも、ラストシーンは、ホロ苦くて、ホロリと来ましたね。
ヒロインの木村文乃さんは、キャストが、殆ど、男性だったので、いつも以上に、美しさが、際立っていて、とても素敵でした。
もちろん、彼女の演技力も、ナイスでした!
エンディングソングである、トータス松本さんによるカバー曲「上を 向いて歩こう」も、正に、永遠の名曲で、聴き惚れてしまいました♪
>|

あなたにおすすめの記事