気狂いピエロの作品情報・感想・評価・動画配信

気狂いピエロ1965年製作の映画)

Pierrot le Fou

上映日:1967年07月07日

製作国:

上映時間:109分

3.8

あらすじ

みんなの反応
  • 色彩が綺麗で、表現方法がすごいペガパンクで活力に溢れている
  • ゴダール監督の自己表現がどドンと表現されている
  • アンナ・カリーナの美しさが際立っている
  • 作品は前衛的な芸術性だけでなく、しっかり楽しめる映画
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『気狂いピエロ』に投稿された感想・評価

意外と見ていなかったオールタイムベスト。映画としての文体の独特さ、美しさは今なお鮮烈に輝いていた。
頬杖

頬杖の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

映像、色の明るさに驚いた、それに対して内容は暗い、にも関わらず感じる強い愛。ゴダールの最初に見る映画じゃなかったかも。色々な過去の作品があっての、なのかな。違う作品も観たい
殺人、車泥棒、逃避行
台詞の7割くらいは意味がないような気がしますが、映像と相まってお洒落に感じますね

この映画に意味や理由などをこじつけることは野暮なのかもしれません

何言ってるのかわかんないけどかわいい色と意味わかんないかわいいシーンたくさんで大好き

最初がいちばんかわいい!!!!!!!!!!

意味わかんないからもう一回見る

意味わかんないけどそれでいいっ…

>>続きを読む
ぎ

ぎの感想・評価

-
何年か前は全くわからなかったけど、今回はなんか見れた。映画の全てが詰まってたし、とにかく映像がカッコ良すぎる。そして全てが過剰。
う〜ん。おもしろさと難解さの入り乱れた感じで、私にはつかみどころがなかった。
み

みの感想・評価

3.1
映像めちゃ綺麗で
感じるタイプの映画というのは
わかってたしやっぱそうだったけど
絶対見るタイミング見誤った
全然集中できんかった…
絶対ゴダール見るタイミングじゃなかった

このレビューはネタバレを含みます

初めて鑑賞したゴダール作品。

自由にも程があるといった作風の映画で、鮮やかな色彩が楽しい芸術的な作品でしたが、ほとんどのシーンが即興演出ということもあってか(脚本と言えるものも無いらしい??)、台…

>>続きを読む
ピエロがまじで怖いのでめっちゃ緊張しながら観たけどあだ名だけで安心した。
面白さ1.4/1.5
感情にくる 1.2/1.5
演技 0.8/1
芸術 1/1
>|

あなたにおすすめの記事