名探偵再登場の作品情報・感想・評価・動画配信

『名探偵再登場』に投稿された感想・評価

カサブランカやマルタの鷹をよく知らないのでいまいち楽しめなかった。ニールサイモンに期待して鑑賞
tych

tychの感想・評価

3.7
THE CHEAP DETECTIVE 1976年 コメディ92分。1939年のサンフランシスコ、探偵を含む6名が射殺される事件が起き 死んだ探偵の相棒にして彼の妻の愛人でもある 探偵ルー・ペキンポーが容疑をかけられながら捜査を進める。ルーはモテモテで行く先々で言い寄られ 昔の愛人からも頼られる。謎解きの要素は薄く「カサブランカ」「マルタの鷹」の雰囲気にクスリとしながら浸れる作品。それにしても 昔の愛人との思い出の曲が「白雪姫」の小人らの唄とは!
フォークさんがサムスペードばりなハードボイルドの私立探偵。マルタの鷹?とカサブランカをミックスした様な喜劇。

子供の頃に吹き替えで観て面白かったのだが、今観ると結構眠くなる。ネタが子供向けだったのか、吹き替えが良かったのか…

それでも雰囲気は好き。女優さん達も愉しい。目を開けての死体役の方々が表情を崩さないのは流石。
Jimmy

Jimmyの感想・評価

1.5
映画『名探偵登場』の続編というわけではなく、別物。

自分が大好きな名作『カサブランカ』のパロディ的映画。

ピーター・フォークは「名探偵登場」同様、頑張っていた。

これも、自分には笑えないニール・サイモン脚本作であった。
janrobot21

janrobot21の感想・評価

3.1
ハードボイルド探偵をパロったコメディ映画。

ネタは一作目で出し尽くされたか。
パロディネタだけでは足りずピンクパンサーのような小ボケが連続しています。

一作目がパロディ映画としては優秀でした。
前作の楽しさを期待したがはずれ。登場人物、展開ともついて行けず。ピーター・フォークがモテモテ。あり得ない感じで嘘っぽい。再度鑑賞しなければ、登場人物も把握できないが、もう一度鑑賞する気になれない。
私には駄作に感じる。
わか

わかの感想・評価

2.3
なんも考えないで見たら面白いのかな、上品な笑いというか、ストレスがなくて好き
でも「名探偵登場」のほうが面白かった
SYU

SYUの感想・評価

2.0
2020/03/10
監督 ロバート・ムーア
ピーター・フォーク
アン・マーグレット

【今夜はハードボイルド】

宝石を巡る事件に巻き込まれた私立探偵の姿を描く、「名探偵登場」の監督と一部キャストが再登板した同作の続編、というよりは姉妹作。

前作が密室を舞台にした謎解きミステリーだったのに対し、一転して今作はハードボイルド・コメディ調に仕上がっているのが特徴、探偵も一人だけ、前作と続けてみた記憶があるが、残念ながら前作には遠く及ばない作品となってしまいました。

見所は、様々な女性が登場し、主人公がモテモテに、コロンボとは違うなぜかプレイボーイなP・フォークの一面が見れる一本です。

鑑賞日 1988年頃  VHSにて
犬

犬の感想・評価

3.3


私立探偵が6人の美女を相手に難事件に体当りする私立探偵映画のパロディ

一応、続編かな

少し笑える

いろんな女性がいた
そして、みなさん魅力的

ミステリー自体はまあまあでした
名探偵登場の続編。比較にならないくらいつまらない。浮気は男の甲斐性だと思ってる人なら楽しめるんでしょう。
>|

あなたにおすすめの記事