スター・ウォーズ/クローン・ウォーズの作品情報・感想・評価・動画配信

『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』に投稿された感想・評価

マンダロリアンシーズン3、アソーカのドラマに備え鑑賞
スターウォーズ好きなら、気にいる事間違い無し!
YasTkg

YasTkgの感想・評価

4.0
全編フルCGアニメーションの新たなるSWの世界。
ちなみに、Ep II と III の間に起こったお話。

R2 がまた飛ぶぞ!
しみ

しみの感想・評価

2.8
ジャバザハットに子供いんの??!?!てお話

スピンオフでアニメだからか、誘拐されたジャバザハットの子供を救出せよ、というシンプルなミッションストーリーで分かりやすい
時系列的にはep2と3の間で、
冒頭で若本規夫がジェダイマスター達がなぜ散り散りに戦ってたのかを超分かりやすく説明してくれる
ストーリーに大きな起伏はないけど、作品の補完として丁寧に作られてると思う

ジャバザハットがマフィアのドンみたいなかんじで、今まで辺境な地のボスくらいに思ってたけどけっこう影響力のあるポジションだったんだと再認識

アニメだからか、ライトセーバー捌きが今まで観てきた中で断トツにかっこいい
しかもここにきてライトセーバーの逆手持ちはいかん…カッコよすぎて反則です

結論ヨーダはどんな媒体になってもかわいいのです
おぢ

おぢの感想・評価

4.9
みんな〜
これ時系列だとクリストフシスの戦いの前にアニメS2の16話とS1の16話があるよ〜〜
そっちも是非見てね〜〜
※同名タイトルのテレビシリーズアニメシリーズを見る方は必ず本作を見てからテレビシリーズに行って下さい。本作が最初のエピソードです。

世界一好きな映画シリーズ、スターウォーズの長編3DCGアニメ映画。『スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』と『スターウォーズ エピソード3/シスの復讐』との間の4年間で勃発したクローン戦争の話を描いている。
実写映画ではあまり深堀されなかったクローン・トルーパーとジェダイの関係や銀河共和国と独立星系連合の関係など、新たな設定や世界観が構成されている。後に展開され、10年に渡り続いていくテレビシリーズ『クローン・ウォーズ』の先駆けとしての1本。

3Dアニメーションやアナキン・スカイウォーカーのパダワン、アソーカ・タノといった当時としてはかなり挑戦的な試みで賛否がわかれはしただろうが、今のスターウォーズファンダムをここまで拡大させたこと、クローン・ウォーズの成功を考えるとかなり評価出来る作品だ。
何より、スターウォーズ本編よりも戦争(ウォーズ)しているのが良い。
松下

松下の感想・評価

3.4
これ観ると当時のピクサーとかの技術ってほんとに凄かったんだなって思う
AQUA

AQUAの感想・評価

3.5
スターウォーズ シスの復讐が公開された後にCGアニメで2と3の間を描くと聞いて正直あまり期待せずに映画館で鑑賞したけれども、めちゃくちゃアクションが、なんなら実写よりも軽快な動きとライトセイバーのさばきがカッコよくて鑑賞当時ハマった覚えがあります。
 
今作では宇宙海賊によってジャバ・ザ・ハットの子供が拉致され、その息子の保護をジェダイが任されます、しかもアナキンの初のパダワンとしてアソーカ・タノが登場。 
生意気な口調はアナキンとオビワンを彷彿とさせながら話が進んでいきます。
 
やっぱり崖での攻防が1番好きかな
垂直に近い中、ビームの応酬をかいくぐり、上から落ちてくる敵を避けながら決死の特攻を強いられる、こういった展開はぜひ実写でも描いてほしかった。
 
この映画の後、より詳しくアニメシリーズとして第7シーズンまで作られてます。
前に見てたけどどこまで見てたのか覚えてないので時系列が落ち着いたらおさらいしようかな。
 
映画.com参照
「スター・ウォーズ」シリーズの新3部作「エピソード2/クローンの攻撃」と「エピソード3/シスの復讐」の間に位置する“クローン戦争”を描いた長編CGアニメーション。ドゥークー伯爵率いる分離主義勢力とジェダイを擁する共和国との間に勃発したクローン戦争が激化する中、ジェダイのアナキン・スカイウォーカーは彼のパダワンであるアソーカと共に重要な任務へと向かう。やがて彼らは犯罪組織の首領ジャバ・ザ・ハットに出会い……。

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ
Star Wars: The Clone Wars
2008/アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
映画本編では描かれていないエピソード2と3の間の期間
ジャバの息子が誘拐され、その奪還を任されたオビワンとアナキンの元へ生意気なパダワンのアソーカ・タノが師事する。
映画だけを観た印象ではまだアナキンは強さはともかくジェダイとしては半人前なのかと感じていたけど、この映画やその後に続くクローン・ウォーズのアニメシリーズ(まだ観てないけど)を考えると、オビワンと共に多くの任務や戦いを経験してエピソード3の頃には立派なジェダイに、そしてオビワンの友になるんだろうなと感じた。
ストーリーはジャバの息子を救うだけ、ドゥークー伯爵なども出るけど内容としては薄く見応えもそれ程ない、まぁ番外編のCGアニメだからこんなもんだろう。

CGアニメシリーズは観ないでも良いやと思っていたけどマンダロリアンにアソーカ・タノが登場し、アソーカ自身のスピンオフも始まるということで鑑賞。アニメシリーズの方はどうしたものか、長すぎる。
とりあえず正史になってるものだけは観ていきたいけど。
ずっと気になってたアソーカが登場!!

ジャバの子どもかわいい…❤️

時間があったらアニメシリーズも見よ
MR

MRの感想・評価

3.0
ep2と3の間の話。
アニーとオビワンの信頼がまだ固いうえにアニーが弟子を持つ回。2008年制作だし全然実写で作ってくれてもよかったのに。
ジャバの息子きもすぎてびっくりした笑

※背景
ジオノーシスでの戦い後、ドゥークーのドロイド軍はハイパースペース航路を支配し、共和国とクローン軍主力を分断した。
多くの惑星が、ドゥークーの分離主義派に加わり戦いが続く中、無法化した銀河で人々が犠牲となった。そんな時、ジャバ・ザ・ハットの息子が海賊に誘拐された。切羽詰まったジャバはジェダイにも賞金稼ぎにも助けを求める。
パルパは絶好の機会だから応じようと言うが、ウィンドゥは慎重。各地の戦いでジェダイ達も忙しいから、惑星クリフトシスを落としたばかりのオビワンとアナキンを送ることになった。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品