グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの作品情報・感想・評価・動画配信

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち1997年製作の映画)

Good Will Hunting

上映日:1998年03月07日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』に投稿された感想・評価

麗

麗の感想・評価

4.5
ずっとずっとずっとあっためておいた名作。(謎に)
出てくるキャラクターがとても人間味に溢れていて好きだった。エンドロールも最高。

君はきっと今もどこかで頑張っているんだろうね的な、相手と離れていても心の繋がりが確かにあること、相手を信じること、愛を節々に感じて、胸がくぅ〜っとなった。
やよい

やよいの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

何の気なしに見始めたけど、いい作品だった。

過去の回想もほぼなく、本人の表情とか話す内容が変わっていくことで関係性が変わっていくことがわかるタイプなので、結構好きだった。
海苔

海苔の感想・評価

5.0
今まで見た全ての映画の中で間違いなく最高の作品。
愛、友情、嫉妬をこれほど上手く表現した作品はない。
親友がいいやつすぎて惚れる
この脚本を書いたマット・デイモンは現実でもかなりの天才だと思うw
【あなたに会えて、ほんとうによかった。】

心に傷を持った青年と大学講師の再生のお話。

急に無性に観たくなって(2年前くらいにも観たくなって観てる)レンタルで鑑賞。

ハーバード大卒のマット・デイモンが親友のベン・アフレックと書いた脚本を、2人と共にロビン・ウィリアムズが抑えた素晴らしい演技で魅せる。

2人の再生を、ドラマティックにし過ぎずに淡々と一歩引いた様に映し出す、ガス・ヴァン・サント監督の演出の妙。

主演のマット・デイモンはもちろん素晴らしいんだけど、脇をきちんと固めるベン・アフレックの演技・セリフがグッと迫りくる。

観直して気付いたけれど、ウィル・ハンティングって主人公の名前だったのか。

この作品の様に、観終わった後にずっと心に留まる映画には、中々出会えない。

「君は悪くない、君は悪くない」
ロビン・ウィリアムズの包み込むような優しい眼差しと演技を、もう新たに観ることが出来ないと思うと残念でほかならない。
r22

r22の感想・評価

4.0
なんでいままでこんな名作を見逃してたんだ!
若い頃はロビンウィリアム物が偽善に感じて見てなかったけど、大人になって見ると言葉ひとつひとつがストレートに人生に響いてとても良い。号泣。
k0ji

k0jiの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ある人との出会いで自分の人生が180°変わる

変わる変わらないは自分の意志だけど、周りの環境はかなり大きいと思う

誰と会うか、どこに所属するか、それはいつか…
自分ではコントロール出来ない要因で人生って決まるのかな

そんな中でも自分の意志で人生を切り開いて行きたい

そんなことを考えさせてくれた作品でした
taro

taroの感想・評価

4.9
医学部の精神科実習で視聴。
完璧な作品。終わり方もいい。
名言多い
マット・デイモンとベン・アフレックが脚本を書いていたことに驚いた。
hide

hideの感想・評価

4.8
初めて見ましたが、めっちゃ名作、名言の宝庫

最近落ち込んでたので、ぶっ刺さりました😭
>|

あなたにおすすめの記事