極北の怪異/極北のナヌークの作品情報・感想・評価

極北の怪異/極北のナヌーク1922年製作の映画)

NANOOK OF THE NORTH

製作国:

上映時間:55分

3.7

『極北の怪異/極北のナヌーク』に投稿された感想・評価

「極北の怪異 Nanook of the noth(1922)」カナダ北部イヌイットについて演出を含むドキュメンタリー黎明期の作品。狩人ナヌークとその家族を描く。極寒の自然に対し剥き出しの原始的生活…

>>続きを読む

講演付きで鑑賞。1922年制作としては高い表現力があり、エンターテイメントとして楽しめる作品なのだが、いろいろやらせがある。

 出てくるのは本物の家族ではなく映画のために寄せ集められた人たち。妻役…

>>続きを読む
aym

aymの感想・評価

3.0

ドキュメンタリーのちちと言われるロバート・フラハティが撮ったということでスクーリング授業「映画研究への階段」にて鑑賞。ドキュメンタリー映画という概念の誕生したきっかけの作品で当時は熱狂的に受け入れら…

>>続きを読む
LEGION

LEGIONの感想・評価

3.0

イヌイットの日々の暮らしを描いた記録映画の原点とも言えるドキュメンタリー作品。立地を活かした知恵や細かな工夫が軽快な音楽と共に淡々と映し出されていて、特に面白さがあるわけではないが、変化する環境の中…

>>続きを読む
RIO

RIOの感想・評価

4.5

こんなに面白い実録はないです

水星が地平線に見える大地を行かなくてはならないのに
野性味溢れる橇をひく犬たちの喧嘩が止まんなくて橇を引く紐がぐちゃぐちゃになっていた
それを黙々とほどかなくては出…

>>続きを読む
Sho

Shoの感想・評価

-

・カヌーから何人出てくんねんお笑い
・原始的な釣り、大漁。デカ鮭。
・毛皮の厚着と首元
・セイウチやられる仲間を見つめる、つがいが助けにくる。
・ナイフまで舐めながら食べるナヌーク
・頑張ってソリを…

>>続きを読む
針

針の感想・評価

3.5

“ドキュメンタリー・フィルムの父”、ロバート・フラハティによる最初期のドキュメンタリー(記録)映画の名作。1922年にアメリカで製作された白黒サイレント映画です。自分はまぁ映画史のベンキョーのつもり…

>>続きを読む

ロバート・J・フラハティ監督『極北のナヌーク』(1922)

イギリスの映画プロデューサー、ジョン・グリアソンの絶賛により「世界初のドキュメンタリー」と呼ばれる作品。

だが、実際は極寒の中に住まう…

>>続きを読む
通称、世界初のドキュメンタリー映画。映画研究本でもよく見る。とはいえかなり創作が入っていて、フィクションとの境界が曖昧らしい。犬が可愛いけど牙剥くと怖い。
魍魎

魍魎の感想・評価

-
氷を明かり取りに使うの凄い頭いいと思った。表現や撮影の仕方から当時の偏見も感じ取れる。
>|

あなたにおすすめの記事