東京タワー オカンとボクと、時々、オトンの作品情報・感想・評価・動画配信

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン2007年製作の映画)

上映日:2007年04月14日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.6

あらすじ

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』に投稿された感想・評価

Mai

Maiの感想・評価

3.9
松さんきっかけで見たけど、とっても良い。約2年前に見たので、時間ができたら見直したい作品。
これ今、松尾スズキさん脚本なんだと知ってびっくり!!
鼓

鼓の感想・評価

3.7
樹木希林ってやっぱバケモン......踊るシーンやどんどん老いるシーンや抗がん剤に苦しむシーン....

オダギリジョーに“老いる”という言葉は無いんか?今年の作品って言われてもなんも違和感なく見れるんだけど
なぜオトンだけ同じ役者が昔の自分を演じてて、オカンだけ別役者なんだろうって思ったらそういうことなのか!!!!ズル!!(笑)てかこの人顔も声もめちゃくちゃ宇多田ヒカルなんじゃけど
ちょこまかちょこまか豪華な役者がボンボン出ててこんなことあって良いのか?と、豪華すぎる普通に素通りしてた方とかいるわ
荒川良々の「高見沢さんです」とか他にも色々ネタの精度高くてわろたwww

こういう若者いっぱいおるんやろうなぁ、東京って。若者を掃除機かのように吸い込み、入った人はゴミかのようになってしまうのかな東京は。東京ってどんな街なんだろ、自分が住んだらどうなるのか楽しみだなやっぱり。
大体映画で東京が取り上げられるとこういうマイナスの部分が焦点当たることが多いけどどうなんだろうな

2時間ちょっとで2人分の人生を上手く詰め込んでてスバラ!
Shimogai

Shimogaiの感想・評価

3.7
内田也哉子さんと樹木希林さんの親子共演。オカンの若い時と歳とってからをそれぞれ演じているが、さすが本当の親子だけあって何の違和感なく観られてしまう。

樹木希林さんの芝居は言わずもがな素晴らしい。周りの皆んなを惹きつけるオカンを見事に演じている。病室で苦しむシーンは映画だと分かっていても辛かった。

オダギリジョーさんは「湯を沸かすほどの熱い愛」の時もそうだったけど、ダメ男っぽい役がハマる気がする。

後半はやや重苦しい展開もあるが、どんな時でも息子のことを思い続けたオカンとそんな母を支えた息子が紡ぐ心温まる物語だった。
恥ずかしながら原作は未読なので、機会があったら読んでみたい。
抗がん剤のとこ見てられへんくらい、しんどそう

彼女目線ならめっちゃマザコンやな←
ると

るとの感想・評価

-
横断歩道を渡る時、オダギリさんが希林さんの手を繋ぎそして手を引いて歩くシーンはとても心に刺さります。あと何十年かたった時に私も息子たちとこんなシーンに辿り着ければいいな、と願います。
オダジョー
樹木希林がすばらしい。

TV版でやった
大泉洋

田中裕子


よかった。
めぐ

めぐの感想・評価

-
日本の知ってる俳優女優全員出てた⤴︎⤴︎
わたし最後に母と手を繋いだのいつだっけ
こうじ

こうじの感想・評価

4.0
出来ることと出来ないこと
叶うことと叶わないこと
足りることと足りないこと
全てを幸せだと思えること
nobuem

nobuemの感想・評価

4.0
海外出張帰りの飛行機でなんの気なしに観始めたら樹木希林の見た目と九州弁がうちの母ちゃんに似すぎてて、満席のエコノミークラスでぼろぼろ泣いて周囲の外国人から思いっきり心配された。
二度目の鑑賞。
やっぱり、手を繋いで横断歩道渡るシーン。好き!
母として息子がしっかり寄り添ってくれてて、ウ~ン、じ~んとくる。

マルチな才能のリリー・フランキーさん原作。自伝。

癌に侵され痛みにおそわれるベッドシーンの樹木希林さんの演技は本当に見てて
辛い。
そばの息子のオダギリジョーさんの震えが伝わってきて、より一層辛い。

オカンの生き様はつべこべ言わず本当に格好良いし、オトンのなんにもとらわれない飄々とした暮らしぶりとあいまって
主人公ボクの性格が形成された?!のだと納得。

とにかく、息子を持つ母として今回鑑賞したからか、いろんな思い体験できたような気がする。

しっかり生きて、死に様も含め子どもらにみせて、人生まっとうしなければ!!と思いました。
いや~~まだまだ楽しみますけどね。
>|

あなたにおすすめの記事