ぐるりのこと。の作品情報・感想・評価・動画配信

ぐるりのこと。2008年製作の映画)

上映日:2008年06月07日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ぐるりのこと。」に投稿された感想・評価

comet001

comet001の感想・評価

3.8
夫婦、って、すごいな

夫婦の絆

伝えるのって難しい。
でも、伝えたい。
そして、理解したい。
理解してほしい。

ワガママでごめんね。。。
でも、貴方のそばに居たい
こんな夫婦になりたいわ
リリーフンラキーの自然な演技良すぎるやろ
女遊びは抜きにして、リリーフランキー演じる佐藤カナオはぼくの理想の旦那像。結婚なんてまだまだ先やと思いますが。
妙にリアルな結婚生活10年間

まだ自分には早いかなと思った
歳を食ってからもう一度見たい

俳優陣どのシーンを見ても今では有名演技派だらけ

急いで見る作品じゃなかった
時間がある時ゆっくり鑑賞したい。
miwa

miwaの感想・評価

3.8
しみじみいい映画だった。
生温く続いていく人生。
橋口監督の昔観た初期作品が好きだったけど、今見返すとどう感じるのかなぁ。
kawashiman

kawashimanの感想・評価

4.2
すごく良かった。
橋口監督は定点カメラの長回しの会話劇が得意なのかなぁ。リリーさんと木村多江さんの家での会話の内容が絶妙にツボる。
2人のお芝居が上手すぎてずっと観ていられる笑 
法廷画家という特殊な職業も非常に興味深かった。色々なへぇーが詰まってたし。
夫婦になってからの10年間を丁寧に描いている。
10年ってけっして短くない。
配偶者って一番近くにいる他人。血が繋がっていないから、やっぱり他人なのだ。一緒に過ごす生活があり、いろんな出来事を通り過ぎながら、自分達オリジナルの家族になっていく。

たとえばこの作品を20代前半に観ていたら、私は今ほど共感できなかっただろう。
夫婦は鏡。夫婦ってほんと奥が深い。
そんなことを実感する今日この頃。よいタイミングでこの作品に出会ったと思う。

妻の寝顔をスケッチする夫のシーンが印象的。リリーさんの眼差しがとても優しく、幸せそうに見えた。彼はもともと絵を描く人なので様になっていて、カッコイイと思ってしまった。
ayami

ayamiの感想・評価

-
2022 12

翔子をみるカナオの目があったかかった
夫婦って素敵
2人の演技がとっても自然でよかったなあ

なんだろ、わたしいまこういう映画が観たかったのよ〜
好きな映画でした
Baad

Baadの感想・評価

3.7
大変力のこもった映画です。

ですが、それだけに、仕掛けがはっきり分かってしまう部分がいくつかあり、気になりました。
この映画を1本にまとめあげなければならなかった必然性はそれとして、例えば連続ドラマとか連作の形でもう少し自然な流れでゆったりと見てみたいと思います。

片岡礼子さんの法廷のシーンから法廷画それに続く嵐の日のシークエンスと、木村多江さんが若草色のシャツを着て、夜中に若冲の画集を眺めているシーンがすばらしく、それ以後は良かったのですが、そこまでの部分の助走が一部ちょっとつらかったですね。

(力作 2008/7/17記)
u

uの感想・評価

4.5
映像にずっと温かみがある
きっかけとかはやっぱり、なんだってよくて、選んだことにちゃんと寄り添えるかどうかだな〜っておもう
この映画の中には幸福も絶望も怒りもあるけど、切り取られた瞬間の自然さとか、全体の柔らかい雰囲気のおかげか、見終わった後全部が心地よく残る感じだった

ちょっとだけ元気をもらえて、そのちょっとでまた日常を頑張れるなと思った
TSUTAYAプレミアム営業してくる店員にあたったけど、借りて良かった
>|

あなたにおすすめの記事