南極料理人の作品情報・感想・評価・動画配信

南極料理人2009年製作の映画)

上映日:2009年08月08日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『南極料理人』に投稿された感想・評価

8時だJ

8時だJの感想・評価

3.0
エッセイを読んだ後に鑑賞
堺雅人演じる主人公は著者と同じ名前でも全くの別人格だな

南極という非日常でのほのぼのな面白エピソードと高級食材を使った料理(伊勢海老の海老フライ!)が満載

エッセイは特定隊員への中傷がキツくて後味が非常に悪いぶん最後までほのぼのとするこの映画は素晴らしいのです
優

優の感想・評価

3.8
以前見た時はどんなメンタルの時でも見れる!って思ったけどもっかい見たらそうでもなかった。笑
男ばっかだからこそ出る空気感
堺雅人は本当にお芝居がお上手ですね…
Maho

Mahoの感想・評価

4.0
前から気になってた映画
日常から切り離された過酷な地でゆるく食卓を囲む個性的なおじさんたちにほんわかしました
伊勢海老の海老フライは贅沢すぎる
映画見てるのに料理の匂いがするの何?
咀嚼音とか生活音がこんなにも心地良いって....。
一人一人キャラクターが違う感じも好きだった。

このレビューはネタバレを含みます

ゆるい雰囲気が好きで何回も観ちゃう映画。みんなキャラが立ってて、逃げ出す奴がいたり、すぐ怒る奴がいたり、失恋する奴がいたり、人間臭くて愛おしい。西村が作る料理が全部美味しそうで、孤独とも思える南極基地生活に潤いを与えてるんだろうなと容易に想像できる。オーロラよりもラーメンを優先したり、ラストで遊園地のチープなテリヤキバーガーをうまって言って食べたり、日常の当たり前の尊さを改めて意識しようかなと思える作品。高良健吾の彼女との電話で話題がなくなっちゃうシーンが生々しくて苦しい。麻雀が楽しそう。
みゅー

みゅーの感想・評価

3.5
南極観測隊員たちを描いた作品。
タイトルに「料理人」ってついているということは、美味しそうな料理が登場する、ということです。

はい、去年の銀幕フェスで映画料理コーナー担当しておきながら今回が初見!
紹介した料理もちゃんと見れました!!


大きな事件があるわけじゃないけど、非日常的な空間で繰り広げられる日常が面白かった。
使われるクラシック音楽がだいたい知ってる曲なのでそれも親しみやすくて良かった。

話題になりがちな伊勢海老のエビフライも美味しそうだけど、私は最初に出てきたブリの照り焼きが美味しそうすぎて…!
なので夜ご飯は急遽ブリ買ってきて照り焼きにしました。


ラストの清水さんいいな。笑


キャストがだいたい知ってる人なんだけど、みんな若くて新鮮!
Gumi

Gumiの感想・評価

4.0
ずっと観ようとしていてようやく鑑賞。
沖田修一らしい暖かさ、平和さ、シュールさ。それに加えご飯モノなんて、好きでしかない。
堺雅人ってやっぱり振り回され役が映えるね。
男たちの共同生活ってなんか良いなって思った。
8人のキャラクターそれぞれを満遍なく扱えてるのが良い。多数がわちゃわちゃする脚本が得意そう。みていて楽しくなる。
沖田作品わりと望遠やアップショット多めで画的にも可愛くて好き。

結論、とにかく好き。
よこし

よこしの感想・評価

4.0
おいしいごはんがあるって幸せですよね。
おじさんたちが皆かわいい。
ほっこりの一言。
みつ

みつの感想・評価

-
不便だったとしても日常は楽しめるんだな〜と。癒されて笑える映画でした!
ほっこり。
過酷な環境に「帰りたい」と叫ぶ人たちもいて、人の精神状態をリアルに表しているところが嘘っぽくなくて逆に良かった。でと、どんな場所でも、荒れていても、美味しいご飯食べると少しは元気になるよね。
南極の豆知識を堺雅人がちょいちょいナレーションしてくれるのが勉強になったし面白かった。
>|

あなたにおすすめの記事