花とアリスの作品情報・感想・評価・動画配信

花とアリス2004年製作の映画)

HANA & ALICE

上映日:2004年03月13日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「花とアリス」に投稿された感想・評価

青

青の感想・評価

4.0

最初のきゃっきゃしながら登校するふたりを永遠に観ていたかったので 最後 とてもうれしかった

花ちゃんの愛に巻き込まれちまったマーくん
海の帰り道ふたりに枕にされてるの ヨカッタな

アリスちゃんにとって花ちゃんは大切でそれは花ちゃんにとっても同じで だからハートのエースに託したりなんかして 切ねえなァ って叫びたくなった

まったり話す女の子の写真 サイコーだった
写真集出すなら間違いなく欲しい ファンです



アリスちゃんのバレエ きれいでした
岩井俊二氏の女の子の描き方 捉え方 宗教的というか信仰味があるというか
アガペーの塊みたいに フィルターをかけますよね そこに恐れすら感じるわ 伝われ
らいと

らいとの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

『女ともだち』という本に出てきて気になったので見た。前半は好き。
アリスと花が取り合う男の子がぼーっとしているし変な驚き方をするしパッとしないんだけど、こういう年代ってそういう人を好きになったりするよね、と、妙に共感した。全編を通してナチュラルな会話劇なので、劇伴が大きくてセリフが聞こえないことが多かった。
hagu

haguの感想・評価

4.9
岩井俊二監督最高傑作。岩井俊二の8mmカメラのような淡い綺麗な映像は勿論、内容も甘酸っぱい青春ドラマで花のどこか憎めない人柄がよく描かれてた。
naga

nagaの感想・評価

3.5
・今のエモさが暖色系だとしたら平成のエモさは寒色系
・もう少し前に観ていたらめちゃくちゃ好きだっただろうな
・仲の良い先輩に「あなたの恋人は絶対に先輩みたいな人でしょ」って言われたけど結構そうだな。会ったことないくせに
・紙コップトウシューズバレエを観る為だけに2時間待ったみたいなところある
Kuroita

Kuroitaの感想・評価

4.8
はしゃぎながら笑いあう帰り道に、
どこか無頓着になれない複雑な心情を抱えながら、いったいいつまで少女なんだろう。と思った。
蒼井優の紙コップをバレエシューズの代わりに踊る美しいダンスが忘れられない。
岩井俊二監督の中でも上位です。
sanjuro

sanjuroの感想・評価

-
儚くて甘酸っぱい映画。鈴木杏の泣きの演技が良かった。蒼井優のバレエシーンはすごく力が入っていて、このシーンだけでこの映画を見る価値がある。
お市

お市の感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

とても面白かった。スカウトされ、モデル事務所に所属するアリス。落ちた時の電話の感じや、受かった時の喜びを噛み締める表情は、同業者として共感するものがあった。あの歳で、「芝居の中の芝居」(少し誇張して演技してるけど、実際にはそういった演技をする子役もいる)(先輩との会話でとぼける時)と「芝居」(ただそこにいる)(普段のアリス)を使い分けられる蒼井優さんは本当にすごい。敬愛する岩井俊二監督作品。リリィシュシュやPiCNiCのようにダークな世界観ではないが、すべてキラキラしているわけでもない。だから惹かれる。物語の構成が巧妙で、どんどん引き込まれる。花とアリスが、存在しないはずの先輩の記憶を互いにでっち上げていくのが面白かった。思春期特有のすれ違いも、自分の高校時代を思い出して切なくなった。一番印象に残ったのはオーディションで、紙コップとガムテープでトゥシューズを作り、バレエを踊るシーン。バレエ教室で撮った写真も本当に素敵だった。岩井さんの柔らかい光の捉え方も好きだ〜説明しすぎず、登場人物の行動で出来事が伝わるのがすごいと思った。この頃の蒼井さんを残してくださり、本当にありがとうございます。
ヌマタ

ヌマタの感想・評価

5.0
高校生の頃に花とアリス観てそれを正しく面白いと感じれたのは本当に良かったと思う。多分一生大好きな映画
篠田昇さんの印象的な映像を見たくて鑑賞。

光の使い方とか、邦画の中にあってやっぱり印象的な場面がいくつもあって
それだけで満足。
Yl

Ylの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

だいぶ前に見たけど、ちゃんとレビュー書きたくて置いといたら内容忘れた。

それでもダンスシーン良すぎたことは覚えてる。
>|

あなたにおすすめの記事