スワロウテイルの作品情報・感想・評価・動画配信

スワロウテイル1996年製作の映画)

SWALLOWTAIL BUTTERFLY/燕尾蝶

上映日:1996年09月14日

製作国:

上映時間:149分

3.9

あらすじ

「スワロウテイル」に投稿された感想・評価

natanenona

natanenonaの感想・評価

4.8
こんな風に円高を空想できた頃かあ…としみじみした。
邦画といえば現実的で湿っぽいと思ってたので和製ブレードランナーのような設定で予想外だった。
冒頭からワクワクが止まらない。
みんな外国語が上手くて耳に心地よい。
スクラップの山のビジュアルいいなあ。

全員妙にキャラ立ちしててラノベのような展開に厨二心くすぐられる。
ショットガン撃ってる渡部篤郎かっこよすぎる。
今プロモーションしたらまたブームしそうだけどなあ

ちゃんとジャパニーズヤクザに話が繋がるところも素晴らしかった…こうでないと。
なんかおすすめされて?数年前に観たけど分からなくて途中棄権。
さにー

さにーの感想・評価

4.8
かっこいい〜!!!
あり得そうだけどなかった世界線の日本、退廃的な雰囲気が良い
最初の方のマフィアのシーン普通に怖かったけどいいキャラしてるな〜と思った
お金ならいっぱいあるじゃないって言葉が妙に印象に残る
りりり

りりりの感想・評価

3.4
「何これ、戦争...?」


もう物語とかどうでも良くなるくらい渡部篤郎と三上博史かっこよすぎた
天国はあるんだぜ、でも誰も辿り着けないのさ
お前は死んで、その魂は空へ飛んで行く
ところが雲に触れた途端、雨になって落ちるのさ
だから誰も天国なんて見れないんだとさ

・・・それで最後に行く場所を天国って言うなら、ここが天国ってわけかい?
へんな映画。こういう謎の世界を脳内に描いてもいいのかー。
江口洋介のワンレン最強説。
渡部篤郎っていつも胡散臭い役のイメージだけど期待を裏切らない。
のす

のすの感想・評価

4.4
ディストピアな世界観。舞台は日本だけれど中国語と英語が行き交っていて新鮮。この話は残酷な部分もあるし全てが美しいわけじゃない。でもその空間を包み込んでしまう光が柔らかくて淡い感じの映像が好き。登場人物全員が個性的でこの物語に溶け込んでいる。16歳の伊藤歩の圧倒的な存在感が凄い。ストーリーは金、人生、生まれ、国、自分が何者か…?様々な要素が絡んできていて何回見ても解釈が変わりそうだった。出てるシーンは少ないけど銃構える山口智子に痺れた…超絶カッコいい。岩井俊二スゴイなぁ。
snn

snnの感想・評価

5.0
グリコとアゲハ、独特で美しい2人の沼に溺れました、


天国はあるんだぜ、でも誰も辿り着けないのさ
お前は死んで、その魂は空へ飛んで行く
ところが雲に触れた途端、雨になって落ちるのさ
だから誰も天国なんて見れないんだとさ

・・・それで最後に行く場所を天国って言うなら、ここが天国ってわけかい?

2022/130
チグハグ言語での意思疎通、ほぼバベルの塔
作り込まれた世界観、良
冒頭で前提の説明、SFの演出(すこし不思議な方)
冒頭のナレーション、最後にももってくる演出
色、光ー!
MV要素は映画に必須
こんな映画とれたら、カッコよすぎ~
なかた

なかたの感想・評価

3.7
【もしも日本が世界トップの大国だったら】

「Love Letter」に続く岩井俊二監督長編第2作。舞台は、円都(YEN TOWN)と呼ばれる架空の都市。

日本と中国が混ざった経済大国だが、スラム街もある独特な世界観が良い味を出している。
>|

あなたにおすすめの記事