駅馬車の作品情報・感想・評価・動画配信

『駅馬車』に投稿された感想・評価

nemu

nemuの感想・評価

-
中心人物みんなチャーミングだな!特に酔っ払い医者が好きです🍻
ミミ

ミミの感想・評価

-
超王道西部劇であり後世に大きな影響を与えた映画。この映画がなければ私の大好きなマッドマックスも生まれなかった!
そして、なんだかんだいってジョンウェインには圧倒的存在感がある。
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

3.7
久々にクラシカルな映画を観た。
ジョンウェインの顔知らなかったけど、リンゴキッドが出てきた時にこの人だと一発で分かった。主人公感がすごい。

酔っ払いの先生がチャーミングで良かった。

ストーリーも個性的なキャラクター達が呉越同舟な感じで進んでいくロードムービーで面白かった。
流石に名作。終始人間が活き活きと描かれ躍動感が溢れている。素晴らしいね。

鉄道が発達する以前に利用された駅馬車、なかなか興味深いものがある。今から思えば狭い馬車に7人も乗り込み、それぞれ事情を持っている。群像劇。

インディアンに襲撃されるシーンは迫力満点、特撮などない時代に凄いアクションを撮影している。

アパッチ、コマンチ、インディアン、ジェロニモ、聞いたことあるけど違いがよく分かっていない。勉強しなきゃ。
1973年8月(多分)長崎東宝劇場
併映:ジョニーは戦場へ行った
AOI

AOIの感想・評価

3.6
【駅馬車に乗り合わせた人々の人間ドラマと荒野でのアパッチとの戦闘】

マイベストに入る『わが谷は緑なりき』のジョン・フォード監督の代表作

インディアン=悪という時代と理解するも違和感あり、CG非使用で転倒する馬の怪我も気になる
個人的にスピード、乱闘、ドンパチで睡魔に襲われる性質故、名シーンと言われる場面で落ちた

しかし、そこは映画史に名を残す傑作✨🎬
主要人物らの個性の演出やストーリーなど、人間ドラマを中心とする要素は見応えがある
eba0123

eba0123の感想・評価

3.8
駅馬車に乗り合わせた一癖も二癖もある乗客の人間模様が群像劇のように描かれていたのが面白かったし、疾走感のある激しいアクションが痛快に活写されていて西部劇のドラマとアクションが娯楽色豊かに融合して描かれた作品でした。
内容はストレートだけど人間ドラマもあって温かかった
とにかくアパッチとの戦いのシーンはスゴイ
こんな昔にこれ撮る技術があったのか
構成がパーフェクト!殆どの娯楽映画はこれを教科書にしてる。ポセイドンアドベンチャー、スターウォーズ、レイダース、椿三十郎、マッドマックス怒りのデスロード、ヘイトフル・エイト…。
ロードムービー、西部劇の原点にして最高傑作!
密閉された空間に様々な事情を抱えた人間が同乗し、そこから人間ドラマが描かれ、1039年と思えない超アクションシーン、ガンファイトで締めくくる!
ジョンウェインが素晴らしい事は勿論だが、酔いどれ医師トーマスミッチェルが最大の見せ場を持ってく(アカデミー助演男優受賞納得)。
ジョンキャラダインも二人のヒロイン・クレアトレバー、ルイーズフラットも良い。
音楽、撮影、アクション、演技全てが拡張高い。淀川長治さんが宣伝担当してタイトルも決めた。
滅茶苦茶面白いじゃんこれ!!映画に必要なことはここから全て学べるよ!!!100分弱の中で2つのクライマックスがあるし、道中の会話も何気ない様に見えて登場人物たちの微妙な関係を表している。アパッチとの戦い&リンゴの復讐をメインに、ハットフィールドって一体……?!とかダラスとリンゴの恋もあって盛り沢山。BGMの一部だったラッパの音が騎兵隊の突撃号令に変わっていくとことか激アツ過ぎる。勿論今見ると古臭い所は多々あるけどさ。会話の作り方、アクションの魅せ方、昔のハリウッド特有の見せない演出、本筋を彩るサイドストーリーの乗っけ方……全部勉強出来る。これは最早教科書、映画のオーパーツみたいなもんですわ。
>|

あなたにおすすめの記事