その男、凶暴につきの作品情報・感想・評価

その男、凶暴につき1989年製作の映画)

上映日:1989年08月12日

製作国:

上映時間:103分

3.9
みんなの反応
  • 北野作品らしい暴力的なセンスが痺れる
  • たけし演じる吾妻の狂気が凄い
  • 終わり方が衝撃的でバッドエンド感が良い
  • 音楽やカメラワークが才能的で印象的
  • 昭和の風景や雰囲気が良い
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『その男、凶暴につき』に投稿された感想・評価

Masumi

Masumiの感想・評価

3.7

暴力刑事の映画なんていまやありふれてる気もするけど、たけしがやるとこんなにインパクトあるのね...すご
まだたけし作品はソナチネとこれしか観れてないけど、個人的にはこの作品の方が印象に残った
初監督…

>>続きを読む

『首』をみた後にみるとやってることが変わらないと思ってしまう。

どいつもこいつも狂ってる。
銃をぶっ放し、監禁して、暴力を振るったり、法を逸脱しているのは警察もヤクザも一緒。そこに友敵はあろ…

>>続きを読む
全部すごいけど
最後の気力だけで立ってる銃撃戦
変わり果てた妹を見つめる瞳
元祖鬱映画でした、もう二度と見たくない
まだ数本しか見れてないけど北野映画って暴力と笑いの割合が絶妙なんだなと。

間で笑わせるってすごいが詰まってる。
HarutoM

HarutoMの感想・評価

-

救いようのないエンディング、登場人物によるとめどない暴力、息をつかせない展開の連続。アメリカン・ニューシネマに見られる都会の荒廃感も感じられる。ラストの決闘はまるでウエスタン映画のようだ。当時を振り…

>>続きを読む
キヨ

キヨの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

オチが好きだった。あらすじとしてはすごい王道なんだけど、なんでこんなに面白いんだろう。間とか、話の運びなのかな?

問題児警官の主人公は、ヤクの売人が殺された事件を追うことに。辿ってみると、昔から親…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

新文芸坐を出るとそこは夜の池袋。
行きはおっかなびっくり歩いた西口への通路を
我が物顔で歩いたところで何も起きやしない。
それをわかった上で、何かあったらやってやんぞと息巻いているのだからこんなにダ…

>>続きを読む
2na

2naの感想・評価

3.0

記録更新中!驚異の8ヶ月連続上映!「その男、凶暴につき」@新文芸坐

「ジョン・ウィック」シリーズ4作一挙上映後、クロージング(?)に本作を鑑賞。

朝10時から夜10時過ぎまで丸一日、新文芸坐さん…

>>続きを読む

たけし映画でたけしが主人公をすることの意味がなんとなくわかる気がする。
終盤での展開も現実でのたけしのやりたいことやたけしなりの「正義」を表していて
今回はヤクザではなくあえて警察なのが
良かった。…

>>続きを読む
1作目から既に独自の空気を出してたのねという驚き。見てるこっちも痛くなる暴力描写が強烈。白竜の不気味さもインパクト抜群。あまりにも救いが無い結末に放心状態になってしまった。
>|

あなたにおすすめの記事