ドリームガールズの作品情報・感想・評価・動画配信

ドリームガールズ2006年製作の映画)

Dreamgirls

上映日:2007年02月17日

製作国:

上映時間:130分

3.6

あらすじ

『ドリームガールズ』に投稿された感想・評価

どらみ

どらみの感想・評価

4.0
2023年3月、御園座で舞台を観劇予定なので予習
”ザ・スプリームス”をモデルに
女性3人組ボーカルグループの栄光と挫折を
ビヨンセ主演で描く
黒人レーベル・モータウンの創成期の話
楽曲が素晴らしいので舞台版も益々楽しみに
大体トニー賞6部門受賞の舞台が元の作品
きらびやかな衣装、ステージング、ワクワクです😊
Kei

Keiの感想・評価

4.3
パワフル





ミュージカルですがダンスはほぼなく、歌に全振りしている。ブラックミュージックのgroovyなサウンドと女優たちの歌唱力も素晴らしいけど、踊りがない分歌に集中できるし、歌詞が場面にビタっとハマる。歌詞を聞くのが苦手な自分でもガッツリ感情移入できました

プロデューサーが胸糞すぎる…ラストそこがちょっと残念だったかなと思いました
豪華キャストがいないと完成しなかった映画。
音楽系映画としては、「Ray」、「アリー/スター誕生」、「ボヘミアン•ラプソディ」などがあるが全て裏切られることがない質の高い映画。
ミュージカル映画としても評価でき特に最後のシーンは泣けるため音楽映画好きは必見と考える。
ナナ

ナナの感想・評価

4.5
なんで今まで見なかったんだ、、
ドリームガールズの曲は一曲しか知らなかったけど音楽がどれも最高映画館で聴きたかった。この時代が羨ましい
内容でイラっとすることが多いけど音楽で楽しめる。サントラ入れよ
ビヨンセ綺麗すぎて最高。どの衣装も似合ってた
ao

aoの感想・評価

4.7
we are dream girls〜
人に勧めたい、人と見たい
歌も良くて元気が出る
大木茂

大木茂の感想・評価

3.3
プログレ、ディスコ、ハウス、テクノミュージックが好きな自分にとって
ジャズ、ソウル、R&Bはちょっと肌が合わないからイマイチ乗り切れなかったな

「リトルショップオブホラーズ」とか
「ヘラクレス」の三人娘好きだからビジュアルは良かったね
でも歌いながら5対1のケンカはちょっとやっぱミュージカル苦手としてはマヌケに見えたな

悪政を倒そうとして自分が悪党になってしまったって皮肉や
モータウンレコードのオマージュ的隆盛などは面白かった
プレスリーのハウンドドッグがビッグママソーントンのカバーだったってのも後にそのまま返ってくるもんな

冒頭の三人娘のカツラを逆に被るやつで
とんねるずを思い出したけど
矢島美容室自体がザ・ドリームズの元ネタであるシュープリームスからきてたんだね
キャンベルコネクションがモロジャクソン5だったんだな

てかエディマーフィー目当てで観たのにあんまり出てなくて物足りなかったな
ジェームスブラウンとかマーヴィンゲイが元ネタなんだね
あとダニーグローヴァーが良かった

ビヨンセってこんなに美人だったんだね
しかも演技も歌も上手いってすごい
ビヨンセ自体がホントにグループからソロになってるからまたリアリティがあるんだよな
実際バックコーラスとかボーカル以外の扱いって酷いもんだよな
ミスチルだってマニアじゃないと桜井以外みんな知らないもんな
でも誰が悪いってハッキリ言えないのも切ない
saku

sakuの感想・評価

2.7
自分の気持ちや話し、置かれてる状況を歌で表現するのは悪くないかもしれないけどやっぱり好きになれなかった。
せっかくキャストは有名どころ集めてたけど。
INFOBAR

INFOBARの感想・評価

3.5
良かった
ジェニファー・ハドソンの歌手&女優デビュー作

アカデミー賞二冠作品
エフィ…自業自得と思ったけど、理由があったんだんね カーティス、イイ奴だったのに… 売れる歌と沁みる歌 この後、どうなったのかなあ

映画167本目/22年 <549/1200本>
モータウンの代表的グループ、シュープリームスをモデルにしたミュージカル。

ミュージカルといえど、歌いながらもストーリーが進行することで飽きずに歌とともに楽しむことができた。

印象的な歌の数々を聴くためであっても観る価値は大いにある。

おすすめ。
1時間くらいで飽きちゃってもうた
人って変わっちゃうんだーと変わらないだー
が共存してたナ

エフィの声好き
>|

あなたにおすすめの記事