七人の侍の作品情報・感想・評価・動画配信

七人の侍1954年製作の映画)

上映日:1954年04月26日

製作国:

上映時間:207分

ジャンル:

4.3

あらすじ

『七人の侍』に投稿された感想・評価

bags

bagsの感想・評価

4.5
初めて観ましたが
想像を越えた面白さ
単純な戦国時代劇としての面白さだけじゃなく
登場人物の関係性が引き込まれます
古い映画で見辛いかな、なんて思ってましたが
そんなことまったくなかった
かー

かーの感想・評価

4.1
長かったけど、映画館で厳かな音楽かかりながら「休憩」って出るのも初めてだったけど、良さはわかりました。映画館で観れてよかった。名画座やミニシアターじゃなくてシネコンで拍手起こるの初めてだったかも。ありがとうチネチッタ。この派手な合戦の中で描かれる人物像はどの役もとても魅力的だった。三船と志村以外もみんなカッコよかった。同時に武士と農民というその立場の対比も見て取れました。家だと一旦止めてお風呂とか入っちゃいそうだし、黒澤作品音が聞き取りづらいからそういう意味でも映画館で観れてよかった。
ぽ

ぽの感想・評価

4.5
今の綺麗すぎる映像よりも良い!
休憩も込みのところも良い!生の舞台見てるみたいだった
なだ

なだの感想・評価

4.5
川崎チネチッタ100周年記念上映。
テレビ鑑賞していますが、音響も映像もテレビとは違い臨場感があり😂ちゃんと10分間の休憩も。

スクリーンで207分黒澤明監督に向き合える事が多分至福なんですね。

言わずもがな世紀の名作です。志村喬はやっぱり上手いなぁ…
戦で負けて(主君を失くしたのかな)浪人となった勘兵衛。
人柄と指揮官ぶりと私もきっと弟子入りしたくなるよ。

『荒野の七人』『マグニセントセブン』や『マンダロリアンS1#4』などの作品を思いだしました。今作は人間の本性をより深く描いているのが素晴しいですね。


↓ネタバレします❕








心に残るシーンは沢山あるけれど、特に素晴らしかったシーンは、百性利吉の妻。侍達に「嫁を貰わないと」冷やかされていた利吉ですが、実は妻(島崎雪子)は野武士に奪われていて慰み者になっていたのが分かるシーン。

野武士が潜伏する小屋に火を放つ菊千代たち。小屋の中にいる利吉の妻の表情は、野武士への復讐心と魂が解放される喜びとがワンシーンで表現されている秀逸の演技でした。感動〜😭
野武士から助かったのに、夫との再会を恥じて火の中に身を投じてしまうのです😢

コレは劇場で鑑賞しなければ分からない所でしたね。
普通に長いし、娯楽映画の高揚感を感じられなかった。
(あとセリフが聞き取れない)
ストーリーや構図において、先駆者であることに意味があるからこそ評価されているのかなと思ったが、そうでも無いらしい。
現代のエンタメに毒されすぎてしまったようだ…
じょー

じょーの感想・評価

4.5
映画館で観られる機会をありがとう。
チッタ100年おめでとうございます㊗️

フルで観たのは初めてなのかなー
テレビで幼い頃に観たかもぐらいだ。
3時間の映画とは思えない、素晴らしい映画でした。
モノクロというのも、時代を語る上では良い色だと関心しました。
光の捉え方が芸術的で、それがまた臨場感にもなって伝わってくる。

いやあ、映画ってやっぱり素晴らしいっすねー
3時間27分の長尺を感じない楽しさと見応えっぷり。アクションありロマンありの活劇。
めちゃくちゃ馬アクション多くてすごい。今ですら撮影困難なのに。

協力関係にあるも、侍と百姓の何とも言えない実情と、その微妙な関係性が終始エッセンスとして働いてる。深い。
Tyler

Tylerの感想・評価

5.0
死ぬまでに観なあかん邦画シリーズ①

いやー207分はちょっとキツいかなぁって思ってたらもう観終わってた。絶対小難しい系やと思ってたら全然そんなことないし、七人の掛け合いが観ててほんまええ顔なる。この映画は書くより誰かと話す方がええと思うからこの辺で。

unextであるんやけどなんせ何言うてるか全く分からへんかったから、TSUTAYAでレンタルして字幕付きで観ました。
バヤシ

バヤシの感想・評価

3.5
3時間半、全く飽きずに観ることができた。

最後の台詞、七人の侍だけでなく野武士含めた「武士」が百姓に負けたってことなんだろうな…。

武士に大した褒美も出さずに村を守ってもらいつつ、自分の財産はこっそりちゃんと隠し持っている。攻めてくる野武士に常に怯えていたのに、落馬して弱った所で集団で容赦なく襲いかかる。非常に人間的でリアリティのある「百姓たち」の描き方だった。
実は先日、東京国際映画祭にボランティアとして参加してきました。
ボランティアということもあり、ボランティアに参加している人は映画好きの方々でとても楽しい経験でした。
そのボランティアでは2人1組でペアを組み、休憩を回して行うのですが、ある日、私が組んだペアは60代くらいの方で、映画の知識がとても豊富な方でした。
その方は、10代の頃から映画館で沢山の映画を観てきたそうで、映画だけでなく、映画館の歴史まで熱弁してくれました。
何本かおすすめの映画を紹介してもらったのですが、その中でも黑澤明の「七人の侍」は絶対に外せないとのことで鑑賞しました。

映画の内容としては、七人の侍を雇い敵から村を守る話です。構成としては、侍を雇うまでの前半とその後の戦いが後半です。

七人の侍は百姓から雇われているため、見返りが少ないことも、難しい戦いになることも承知の上で参加しています。
七人それぞれに個性があり、泥臭く戦う真の男達が本当にカッコ良い!

戦国時代末期の荒れた時代が巧妙に表現されてている部分も素晴らしく、海外からも評価が高い理由なのかな。


ちなみに、ペアを組んだ方から最後に名刺をいただいたのですが、素晴らしい経歴だけでなく、「映画検定一級」を取得しており、真の男だ!カッケェ〜って思いました笑
>|

あなたにおすすめの記事