桐島、部活やめるってよの作品情報・感想・評価・動画配信

桐島、部活やめるってよ2012年製作の映画)

上映日:2012年08月11日

製作国:

上映時間:103分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「桐島、部活やめるってよ」に投稿された感想・評価

ナゼこの言い表せない感情を映画に出来たのか。また、小説に出来たのか。
不思議で仕方がない。

観ている間はずっと黒いモヤモヤの様なものが心の中にあって、それは登場人物と観客の全員に当てはまる物だと思う。

けれども、不思議とクライマックスの屋上のシーンで綺麗さっぱり、そいつはいなくなり一般的なカタルシスとは異なる真っ白な気持ちになる。


はぁー、寒くなってきたー。
冬っすね、もう。
犬

犬の感想・評価

3.7
あんな世界があることを知らなかった。素敵であると感じた。しかしあちら側に行きたくは無い。と思っていた。
大人になるに連れて、その人達への理解が深まるかと思った。そんなことはなかった。苦手だ。
よる

よるの感想・評価

4.8
何度観てもいい。大学時代、定期的に観ていたときがあった。

学生時代特有の生々しい人間関係。何を大事にしたいか、価値観の揺らぐ青春時代。

人生の先輩方も共感しているところを見ると、普遍的に学生時代を思い出せる作品なんだろうな。

それでいて、ブラバンではなく吹部と言い、ガラケーとスマホが入り混じり、紛れもなく私の青春だった「平成」の映画。
おばあちゃんになってから観て、懐かしさを感じるのが今から楽しみ。
ロメロとかタランティーノとか他にも映画のタイトルの固有名詞が沢山出てきてそれだけでなんか楽しい。

『鉄男』ってあんなに股間が回る映画なんですね。
学校という小さな小さな社会の中で
ほとんどが狭い狭い視野の中で生きてる。

この映画で何を感じるべきか
何を考えるべきか
難しかった、でもなぜか涙が溢れてきた、、。

リアルな学校社会
その世界で生きていくしかないんだな
あの世界を生き抜くって相当すごいんじゃない。
だいぶ前に見た
なんかストーリーの構成が面白かった記憶がある
させ君

させ君の感想・評価

3.9
タランティーノの好きな映画を聞かれてたけど
人が沢山死ぬ映画恐らくレザボア・ドッグスかなと思った
高校生あんなB級カルト映画好きもいるんだな〜
n

nの感想・評価

-
最後まで響き渡る野球部の声。
沙奈の周りの顔色を伺いながら過ごす日々、かっこいい彼氏がいることで自分の価値を見出している感じが中々リアルだった。
yummmma

yummmmaの感想・評価

5.0
人がもっているものをもっていない。
それがわかるのが、映画やドラマなのかなと思いました。
人のストーリーに触れて、考え方を知って、
ああ、自分にはないなって思うことが映画を見ることの最大の価値なんじゃないかな、と。

映画を見て、心を優しくしたいというのは正解なんだなとも思いました。それは、人のことを知ったら自分がちっぽけに思えるから。自信がなくなるから。謙虚になれるから。そして、素直になりたいと思えるから。

映画って、すごいな。と改めて感じさせられた作品でした!
佐藤

佐藤の感想・評価

4.4
美術壊されたり目の前でキスされたり
勝手に色々悔しい気持ちになった笑
でも心から没入できるものがあれば関係無いよな

映画部とか高校生の時入ろうとしたけどそもそも無かったから写真部に入った自分を思い出した
と、いうか高校の頃全般思い出した
この小さな"社会"はくだらないな〜
と思ったのは映像をやり始めた高3まで

でもあの映画部の顧問は絶対嫌笑

撮影安定してるしシーンによって配慮されてるな〜って思ったら近藤さんだった笑
さすがですね

大後寿々花さんの存在感が凄く印象的
>|

あなたにおすすめの記事