ローマの休日の作品情報・感想・評価・動画配信

ローマの休日1953年製作の映画)

Roman Holiday

上映日:1954年04月21日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

『ローマの休日』に投稿された感想・評価

こないだみたトランボに影響された訳じゃないけど機会があったので見てみた。
ヘップバーンのキャワいさに震える。マジかよ。CMなんかで散々使われてきたカットだから既知なんだけどそれでも震えたよね。
50年代の作品で基本洋画のクラシックって編集がカッたるすぎて見てられないことが多くて本作もその感じは否めなかったけどヘップバーンのあまりのキャワユさに途中で放棄することが出来なかった。でも基本カッたるすぎるトコ多すぎたけど。
そんな丁寧な振り要らんねんたいしたオチもないのに長々と尺取りやがってみたいなシーンが多かったように感じて。
クラシックな洋画って往々にしてこの感覚に襲われて大体中途で鑑賞放棄することになるんだけど不思議な事に邦画に関しては古いものでもあまりそんなふうに感じることはないんすよね。なんでだろう。言語の違いだからか?と思ったりもしたけどよくわからない。
あとココでの評で性的なニュアンスここかしこに潜められてたみたいな、要は王女と記者が一線超えちゃったみたいな描写が溢れてたって誰か上げてたけど自分バカなんでそんな感じ全然しませんでした。
ラストの牛乳拒むシーンでオトコのアレを知ったからもう今までの牛乳は飲めなくなったみたいな解釈してたけど深読み過ぎじゃね?と思ったりもしました。
ただヘップバーンの魅力には打ちのめされたことは間違いないですけどね。
ヤドン

ヤドンの感想・評価

5.0
オードリーヘップバーンがとにかく綺麗。
ローマに行った時に聖地巡礼すると最高なので是非💁‍♀️
marie

marieの感想・評価

4.5
いつ観ても、切なくて、それでも眩しい彼らの思い出をちらっと見させてもらえてる気持ちになる作品。
イタリアに行きたくなりました。
一度は見てみたかったローマの休日を、やっと見てみました😊

真実の口に手を入れるシーン
さんまの「ハコネーゼ」のCMが頭によぎるね笑

美容院の雑な切り方に苦笑い😅

今にも息が詰まりそうで、おかしくなりかけたアン王女
少しの間だったけど…
充実できて良かったね😊
シネマコンサートにて、音楽が生のオーケストラで鑑賞

とてもとてもよかった!!

さすがの名作
gomi

gomiの感想・評価

5.0
不朽の名作『ローマの休日』


素敵なお話とお似合いの2人と……
全てがローマです!!

「瓜二つ」が好きです。
小さい頃お父さんが見てるのをちょろっと一緒に見て、「この人可愛すぎる😍」ってなってからずっとオードリーヘップバーンの虜

ポスターとか手鏡とか色々グッズ集めてたなぁ🤔

王道にして最強の映画
よつゆ

よつゆの感想・評価

4.9
やっっぱり最高の映画。

去年ぶりの再鑑賞。

オードリー・ヘプバーンが本当に美しい。
画面いっぱいに映るオードリーがかわいすぎる。

町山さんの解説を聞いた後だったので、より面白く見ることができたけど、やっぱり目がハートで見てしまった…!

でも少し見方は変わった。
これはただの恋愛映画じゃない。
子供から大人へ、青春から大人への成長の物語なんだと。

二時間弱、本当に幸せな時間だった。

このレビューはネタバレを含みます

世界共通の基礎教養を、今更鑑賞。
やっぱり名作。

王室の外に出てみたくて、やっと見た外の世界に目を輝かせるオードリーヘプバーンがひたすらかわいい!
お互いが少しずつ嘘をついていても、信頼し合うのがいいなぁ。カメラマンもいい味してる。
髪をショートにしたときに、「うおおおっ!オードリーだ!」と声を上げた笑
たった1日の恋なんだけど、それがいい。
cheeeezm

cheeeezmの感想・評価

4.0
年に1度の映画の日だもの。なにか名作を観ましょう。ということで、ようやく観ました「ローマの休日」。
何年前か午前10時の映画祭でやっていたけど、タイミング合わなくて観れなかったんだよな。いやいや、名作とは言うけど正直感想自体はオードリーが可愛いとかしか聞かないし、モノクロ映画だし、ハードルはそこまで上げない方がいいのかな……なんて思いながら観ました。

結果、名作と言うだけありますわ……と。
モノクロだし、当然オードリー演じるアン王女はとんでもなく可愛くて美人なんだけど、それだけで終わらない映画だった。
シンプルに、「ひとときの恋愛映画」としての出来が良すぎる。「ひとときの恋愛映画」というジャンル、個人的に大好きなジャンルなんだけど、その中でもトップレベルに精度のいい作品だった。そりゃそうか、名作と言われるだけある。
ふたりの車でのお別れシーンは本当に最高だったし、ラストの挨拶からのラストカットも良い。エンドロールのない昔の映画ならではの寂寥が、より一層この映画を名作たらしめたようだった。
モノクロ映画もね、数本しか観られてないんだけれど、カラフルに感じた映画だった。明るいドレスと色のあるスーツの対比もしかり、花やジェラートといったローマでのひとときの休日を彩る景色はモノクロだからこそ、鮮やかだった。

「お別れしなくちゃ。私があの角を曲がったあと、私を見ないと約束して。そのまま帰って、お別れして。私がそうするように。」
「私が王族や国の責務を知らなかったとしたら、私は今夜ここに戻らなかったでしょう。今夜だけでなく……永遠に。」
毅然とした王女の姿は、冒頭のシーンとは明らかにちがっていた。成長したのだ、たった1日で。胸を刺すようなあの別れによって。

嘘を責めるような場面も、互いを壊すほど欲しがる台詞もなかった。お互いがお互いをリスペクトしているからこそ、その背負うものの大きさを思い、恋愛映画ならばある言葉を言わず、濃い行為もしなかった。
それが良かった。恋愛映画だけれど、切ない尊敬が滲むような、人間同士の親愛の物語でもあったように思う。

観てから改めてポスタービジュアルを見ると、自分の想像通りに色鮮やかなふたりがいて、思わず笑みがこぼれる。
>|

あなたにおすすめの記事