狂い咲きサンダーロードの作品情報・感想・評価

『狂い咲きサンダーロード』に投稿された感想・評価

鷲尾翼

鷲尾翼の感想・評価

4.5
【まとめシネマ】#818

【まとめ】
* 唯一無二のSF暴走アクション!
* 最高に狂っている無双バトル
* 今日も誰かを、狂い咲きに

本作は、当時22歳の石井聰亙(現:石井岳龍)監督が、日本大学藝術学部在籍中に卒業作品として制作したインディーズ映画。

本作に描かれていることは、唯一無二だ。
舞台は近未来、幻の街・サンダーロードでの暴走族の戦いを描いた物語だが、正直ジャンルなんてものはない。あらゆる要素を混ぜ込んだ謎の物体を見ているような異様な作品だが、どの作品にも描けない唯一無二のジャンルを生み出している。ちなみに本作には「ロックンロール・ウルトラバイオレンス・ダイナマイト・ヘビーメタル・スーパームービー」というヘンテコなコピーがある。これが本作を表す最高のキャッチコピーだ。

裏切りや孤独の末、山田辰夫演じる仁は、漆黒のバトルスーツを着て孤独の最終決戦を仕掛ける。戦う者を狂わせ、見るものを狂わせる仁の無双バトルは、最高に狂っている。そして、死闘の末の最高のラストは『トップガン マーヴェリック』に匹敵する素晴らしさが待っている。

本作は、北野武(ビートたけし)をはじめ、多くの人に強烈な影響力を与えている。僕もそのひとりで、きっとこれからの人生に欠かせない存在になるだろう。泉谷しげるが手掛ける最高の音楽と石井聰亙が手掛ける最高の狂い咲きは、ヤバすぎる。

本作の愛する人物の一人、お笑い芸人の永野の公式YouTubeチャンネルでは解説動画を前編後編に分けて熱く語っている。これ以上熱く語り、作品を愛する人はいないと思うのでオススメです。
基本的にバカが嫌いなんだよ、だけど。
主人公がこんなに大っ嫌いでも最高な映画があることに感謝します。

途中から『AKIRA』じゃないかよ!って言いながら、右翼団体が出てくるところあたりから大笑いして観てた。
パン振りのめちゃくちゃさ、性急なカット。暴力。暴力。クスリ。アホ……なんだけど後から思えばかなりちゃんとした映画。

最後のさ、銃撃ちまくるところもいいんだけど、少年が「そんな体でバイク乗れんのかよ、ブレーキ踏めないだろ」って言うのに走り出していく様、カッコよかった。
よ、よ、良ぉ……
「お前らのOBみたいなもんかな!」からスイッチ入ってもうた。
「わかるぅ?」
かと思えば色々と振り回される感情…。
「ブレーキどうすんだよ」が2022年MVPでした。
藤岡

藤岡の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この作品を評価してる人の気持ちはすごく分かるけど、喧嘩、暴走族という存在があまり好きではない自分からしたらカッコいいなぁとかバイクいいなぁとかは思わなかった。パンクな部分と漢を感じさせてくれる演出は好き。
よつゆ

よつゆの感想・評価

3.5
パンクだあ!
世間一般の評価ほどはハマらなかったけど、なかなか面白かった!

前半だけすこし間延びしているんじゃないかなって思うけど、後半以降は結構良い。

反体制!それこそパンク!
それを体現したかのような映画!
想像の何倍もしっかり映画だと思った。

少年たちの溢れるパワーはどこへ向き、どこへ収まるのか。魔墓呂死特攻隊の仁は全てのエネルギーを全開に、バイクに乗って駆け抜ける。

エンジンかけちまったら、
走り抜けるしかないんだな。

最高だぜ…仁さん。

「そんな体でバイク乗れんのかよ、ブレーキどうすんだよ」このシーン、本当に狂い咲きサンダー喰らった。
xo

xoの感想・評価

1.0
青臭いとか古臭いとか以上に、すべてがダサい。
やっていることは「トレインスポッティング」とか「時計じかけのオレンジ」とかと通ずるところがあるものの、"若者の青い情熱" "青春とその終わり"みたいなものの中にも、今に通ずる普遍的なものとそうでないものとがあることがわかる。
本作は、完全に耐用年数を過ぎてしまっている。。
そもそも暴走族ってあり方が不良のそれじゃなくなっちゃったしね。「マッポ」「カタワ」とかってのもなかなかキツい。。

技術的観点からも、ケレン味というよりは単に稚拙。
チープさも含めて若さゆえの〜って肯定的に捉える向きもあるかもしれないけど、粗さが目立ちすぎる。
台詞の口の動きと音声とが合っていなかったり口が動いていないのに音声が流れたり。音楽がひっきりなしに流れ続けメリハリもなにもなかったり。楽曲それ自体は土着的なファンクネスがあって、なかなか好きなものもあったけど。。

稚拙なだけならともかく、変なカメラワークやらテロップで表現される会話だったり、意味のない虚仮威しの数々が鼻につく。

「あんたら確実に皆殺しだよ」に対して「俺たちが負けるだぁ?」って返答は明らかに変でしょ。。皆殺しって言ってんだからさ。。
学校

学校の感想・評価

-
若い石井聰亙監督のやりたいことぜんぶ詰まってる感じ 中盤の3人で喧嘩しにいく場所よく見つけたな コンクリの穴からのカットとか右翼団体と暴走族を机の下から交互に映すカットとか ネオンを画面の上にあえて映すカットとか
最後の抗争シーンだけでもおもしろい むっちゃ良い少年おる
響介

響介の感想・評価

3.6
相川翔ばりのクセの強いのど声を張り上げるリーダー そして物語終盤に登場する謎の少年… ちゃんと構図や照明が凝っているのもポイント高い 最後のオチめちゃ笑った
ばさら

ばさらの感想・評価

5.0
これぞ日本のパンクムービーの金字塔!🏍⚡️

凄まじいエネルギーと尖りまくったバイオレンス!カオス凝縮!🩸
山田辰夫カッコよ過ぎ!
そんでまた泉谷しげるの歌声が良い!🚬

パッキパキの大傑作!💯
>|

あなたにおすすめの記事