聖者の眠る街の作品情報・感想・評価

『聖者の眠る街』に投稿された感想・評価

 マット・ディロンとダニー・グローヴァーが主演を務める1993年公開の映画である。

 ドキュメンタリーっぽい自然な見せ方で、押しつけがましい感動的な演出も取らない、地味だがとても良い映画だ。白人と黒人のホームレスの話を90年代にやっていたのはわりと革新的だと思うのだが、当時はあんまりヒットせず、マット・ディロンもこの映画が当たらなかったことは心残りらしい。何しろホームレスの日々を淡々と描いた話なのでしょうがないとは思うが、それでもマシュー(マット・ディロン)を聖者として見立てると若干のファンタジー要素を帯びて、見ごたえがある。

 ジェリー(ダニー・グローヴァー)の設定が絶妙で、こういう話にする場合、ジェリーのような立場の人間は過去に何か大きな過ちを犯してホームレスの生活を送ってるとか、ややこしい設定をつけそうなところをジェリーはいたって善人なのである。詐欺に遇っていたり、家族と離れ離れになっても腐らず、マシューに対して誠実な優しさを見せていて、実はこの映画には聖人が二人いると見立てても良いんじゃないだろうか。
 ただし、マシューには総合失調症、ジェリーにはベトナム帰還兵という過去が暗い影を落としていて、主演の二人が大変人間味のある演技でうまく表現している。若いころのマット・ディロンは今でいうとロバート・パティンソンのような繊細かつ瑞々しい雰囲気があって、とても良かった。そんなマットが年を重ねてから『ハウス・ジャック・ビルド』で神経質なシリアルキラーをやっているのは、さもありなんという感じだ。

 ひとつだけ残念だったのは、ジェリーたちにとことん嫌がらせをしてくるリトル・リロイ(ヴィング・レイムス)がいかにもな悪役で、それ以上の深みみたいなものが欠如していることだ。ホームレスをこれだけ切実に描こうとした作品なのに、悪者側はちょっと単純に落とし込みすぎな気はする。
No.3371

『大きな盛り上げもなく、淡々とシーンを積み重ねているところが逆にリアル』

========================

ほんとに地味で、盛り上がりに欠け、扱っているテーマも重いので、

見る人を選ぶ作品ではあると思うが、

かつてはアイドルであったマット・ディロンがこの役を選び、チャレンジしている点を考えると、とても画期的な作品であり、感慨深くもある。

======================

どん底の人間がもがき、苦しむ中で、よき出会いに恵まれ、少しずつ人生が好転していく感じは、

アダム・サンドラーとドン・チードルの『再会の街で』を想起させるし、

なんとなく『マンチェスター・バイ・ザ・シー』なんかも僕は思い出した。

『フィッシャー・キング』も比較対象として出てくるが、これは大昔に見たのであまり覚えていないw
一人旅

一人旅の感想・評価

4.0
TSUTAYA発掘良品よりレンタル。突如ホームレスとなった青年(マット・ディロン)と、1人の老人(ダニー・グローヴァー)との交流を描いた作品。最初は警戒していた青年が、段々と腹を割って話せるほどの仲になっていく過程が見所の1つ。ダニー・グローヴァーの人柄がいい。初めてホームレスになって、どうしたらいいのか分からない青年に対して親身にアドバイスする。車のフロントガラスの拭き方や、悪い奴らから所持品を守る秘訣などを教えてくれる。大きな感動は無いかもしれないけど、観た後しんみりすっきりいい気分になった。
chip

chipの感想・評価

3.8
辛いけれど…いい作品でした。
TSUTAYAおススメ、ありがとう!


統合失調症でカメラが好きな若いマシューと、
元負傷兵、今も足に痛みが残る初老のジュリー、
二人のホームレスの友情を描いた作品。
宿泊所で出会った二人、
襲われたマシューを救ったジュリー、
そして生きていく術も教える…
親子のように寄り添っていました。。
お金を貯めてアパートを借りて
バンを買って野菜を売り歩く…
NYの片隅で、底辺で、
そんな小さな夢を語る二人が
愛おしく見えました。
マット・ディロンは強がっている男のイメージでしたが…
このマシューは背中を丸めていつもオドオドしていました。
そんな彼を
「人生は航海のようなもの、お前は舵取りが下手なだけ」
と励ますジュリー…
マシューは彼と出会って救われたなぁ~
後半では逆にジュリーを叱り励ますマシューがいました。
廃ビルに住む老人とカップルが助けてくれました。
ささいなことを笑って語る、
この弱い人たちが、とても幸せそうに見えました。


安らかな時は長くは続かないけれど…。


終盤は…
トラのオリに入れられたようなマシュー、
私の胸騒ぎが当たってしまい…
胸をえぐられるように苦しかった。。😢


いつもカラだったマシューのカメラ…
彼はファインダー越しに何を見ていたのだろう?
久しぶりにフィルムが入った時…
その写真には
仲間の笑顔が写っていました。。


働いて一生懸命に生きる人たちは
皆愛おしいです。
捨てられた子犬みたいなマット・ディロンとボロ雑巾みたいなダニー・グローヴァーの路上生活奮闘記。

いやこんなん絶対泣くやろ!
ひと

ひとの感想・評価

3.7
あまりにも残酷で悲しいホームレスの現実。
人と人との繋がりがあるから希望と光が生まれる気がする。
最後は温かい気持ちに包まれる。
RIO

RIOの感想・評価

3.5
ファンタジーとして見ても
いいかもしれない

美術学校で写真を学んでいたマシュー
お金がなくなり家も取り壊されて
都会の決まり事とかに嵌まって
行く当てがなくなる
N.Y 宿泊施設フォート・ワシントンへ
流れつくけど
眠っている間に靴を盗まれるような
ホームレスの生活は危険だらけ

幻聴に悩まされて精神分裂症で入院していた
マット・ディロンの内気な青年を
あれこれ構ってくるダニー・グローヴァー
の演技の感じが温かい

ワシントンで出逢ったジェリーと
その境遇から抜け出ようとする切実さ
社会不適合的な私には
他人事じゃありません
苦しさから這い上がるのに
二人が何んだかんだ文句を言いながら
夢を描いている
幸福ですね
この会話も良い話が多かった

マシューは
ちょっとポワンとしてて
何処でも誰にでも優しい

フィルムの入っていないカメラで
撮り続けるシャッターを切る音
何を撮っているのかが伝わってくる

久々に見た天使系だった
ささやかで
慎ましさに涙出た
マシューにはマシューなりの
ジェリーにはジェリーなりの
誰にでも奥底に眠っている魂
話しかけてくる


マット・ディロンは今までの作品で
一番残念に思っているのは
「聖者の眠る街」作品としてはよかったけれど
残念なことに観客はホームレスを扱った
映画に金を払おうとは思わなかった
あの役は本当に大変だったんだけどね」
と残念そうに振り返ってました
結構いい映画と思うのにな。このまま埋もれてしまうのは勿体ない。
ひざ

ひざの感想・評価

4.0
こんな言い方するのもよくないと思うんですが、究極にお金がない方々って幸せを幸せとしてしっかり噛み締めている感じがします。まあこれはフィクションだしみんながみんなそういうわけじゃないですけど…
純粋に夢を持って生きていこうとする疑似親子と仲間たちに容赦なくのしかかってくる現実が重てえ。んでマシューがなんだかんだ不憫です。でもなんか終わり方は湿っぽくなくてよかった!
とりあえずマットディロンきゅるきゅるでかわいい
ois

oisの感想・評価

3.5
思ったより泣けなかったけど説教臭くなくて見終わった後の気分がいい
聖者ってなんだろうね
>|

あなたにおすすめの記事