舟を編むの作品情報・感想・評価・動画配信

舟を編む2013年製作の映画)

上映日:2013年04月13日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『舟を編む』に投稿された感想・評価

nahokc

nahokcの感想・評価

3.5
宮崎あおいのお誕生日だから観た
ストーリーも雰囲気もゆっくりやし地味やけどそれこそが良いと思える映画
辞書作る仕事したら、発言する度に頭フル回転してまいそうで大変
Yosei

Yoseiの感想・評価

4.3
原作もどちらもすごい良い。
人の人生を豊かにする方法は何通りもあるんだと感じた。
どんな形でも人の人生を豊かにする、そんな仕事がしたい
での

でのの感想・評価

-
何か飲みますか?
ハイボールを

のとき、用例採取しているのかなとこっちが思ってしまった。辞書にのってるのかなって。

こんなにスタッフロールが綺麗な映画を観たことがない。
hoka

hokaの感想・評価

3.1
根気と真面目のコラボレーション。辞書は読書の羅針盤。少しの狂いも許されない。
静かで壮大なドラマ。
地味なのに何故か見応えがある。
お仕事ドラマとして秀逸、3校4校と進んでいく間違えを自分で許さないプロ魂
過去鑑賞作品。

現代を生きる多くの人に見て欲しいな。
ほっこり温まる。ほのぼのとした話だけど、一つ一つの言葉が心に沁みて、安らぐ。

生き急いでしまう自分を見つめ直すことができる大好きな作品。仕事も恋も自分のペースでゆっくり進んでもいいんだよね。

宮崎あおいも松田龍平も本作のような役がぴったり。オダギリジョーもかっこよくて素敵。キャスティングが素晴らしい。原作のファンだが、実写化は成功してると自信を持って言える。
Kaho

Kahoの感想・評価

3.8
【恋】あなたならどう説明しますか?

ずっとリストに入れていたものの眠っていた作品😪笑

地味っちゃ地味。
だって辞書編集部の話がメインなんだもん

松田龍平が演じるのは主人公の馬締(真面目)さん🤓
とにかく彼がハマり役だった!!👏🤣
こういう役は松田龍平しかできないと思うわ

言葉って世の中に数え切れないくらいあるけど、改めて言葉ひとつひとつの意味を聞かれると正しく説明できなかったりする。
【右】や【恋】の説明も人によって違ったりする🧐

真面目さんは "今を生きる辞書(大渡海)" を作るべく奮闘する!!

そんな真面目さんも恋の一つや二つする(❛・❛///)トゥンク❤︎.*
恋に落ちてしまった相手は香具矢さん(宮崎あおい)。

香具矢さんの作る手料理がこれまた美味しそうで飯テロだったなぁ🤤🤤

日本のこういう細かな描写や日本料理などが改めて日本の良さを感じることができて良かった🇯🇵😌

オダジョーも池脇千鶴も黒木華もみんなまだ若かった🥹

とにかく辞書編集部の作業って地味だし時間がかかるものばかり💦
好きじゃないとできないだろうけど、淡々と仕事をこなしていく姿は輝いて見えた✨✨✨

一文字一文字、言葉を紡ぐって大事だね✨😌

言葉ひとつで相手を喜ばせることもできるし、悲しませてしまうこともできる。

こないだとあるフィル友さんとも話してたけど、レビューって人柄が出ると思うしこの人はこういう人なんだろうなぁと想像しながら皆さんのレビュー読むのが好きだったりします🥰
面白い。題材がいい。なかなかない職業を垣間見れる上に、働く人たちが仕事熱心なのに穏やかで、ゆっくり観れる。日本語の魅力に触れられる。それでいて全然難しくない。さすが本屋大賞。名作。
joker

jokerの感想・評価

4.0
何度か観ているのだが、
もう一度観たくなったので再見。

一つの辞書を10年以上も作り続ける、
ある編集者たちの物語。

静かに淡々と紡がれていくが、
非常に面白くて飽きがこない。

三浦しをんさんの原作にも力があるが、
小林 薫さん・八千草 薫さん・加藤 剛さんと、
俳優陣も実に魅力的なメンバーだった。

いま我々が当たり前のように使っているこの言葉が、
誰かが積み上げた賜物かと思うと、
何とも言えない気持ちになる。

一見堅苦しい題材に感じるかもしれないが、
とても暖かくなる優しい映画。
reixx

reixxの感想・評価

5.0
学校で見た
辞書を作る仕事なんて考えたこともなかったので勉強になったし何年もかけて1つのものを作り上げる素敵な仕事だと思った
>|

あなたにおすすめの記事