そして父になるの作品情報・感想・評価・動画配信

そして父になる2013年製作の映画)

上映日:2013年09月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

『そして父になる』に投稿された感想・評価





最初、主人公か誰かわからずだったけども、福山かな、やっぱり。
たった一つの間違いでこんなに変わってしまうものかと。

これ程までに淡々と描かれているのにそれぞれの感情の動きを読み解くのに忙しい映画って自分は見た事がない気がする。

是枝作品、意図せず意外と結構見てる。
雑に言えばずっと家族を描いてるんだけども、改めて家族の形って無限なんだなと思った。

そのなかでも、この作品は全てのキャスティングが完璧だと思った。
あー、いやでも、子供の演技は、、りゅうせいもっと頑張って欲しかったけど、演技指導とか難しいんやろうな。



良い悪い抜きにして、福山とかキムタクとかってイケメンの演技だよな。

リリーフランキーもいつもリリーフランキーなんだけどなんか個人的に
演技の濃度というか、今回はこんな役か、みたいなのをわかりやすく示してくれてる演技で、掴みかかるシーンの力加減がとても印象的だった。



独特の間が本当に魅力的だし、エモーショナルさを映すの得意だったよなと思う。

福山の後半クライマックスに近いシーンから万引き家族の安藤サクラに通じるものを感じた。


そもそも答えがないテーマだけに
展開や結末にも様々なパターンが想定できるけど中盤から後半にかけて、そんな見方って野暮なのかもしれないと思えた。




個人的には血よりも時間だと思っている。
それでもどちらも子供だよなぁ


ラストシーンの流れ
好きだ。
Tim

Timの感想・評価

-
タイトルそのままの映画でした。

血の繋がりなんかよりも濃くて強いものは絆で、それを築き上げるのは一緒に過ごした時間。

どんな育て方が正解か、父親の正解はなにかなんて分からないしきっと答えは無いけど、不器用なりょうたなりに見つけた家族という形。

ラストのシーン。
初めてちゃんと向き合って、小さいけど絆が生まれたんだなって。
これから、そして、父になる。
※自分用の記録・個人の感想です。

■評価判断基準■
【★5】最高!殿堂入り!見ないと損してる!
【4.5】超面白い!リピートしたい!
【★4】面白い。見る価値有り。
【3.5】まあまあ面白かった
【★3】可もなく不可もなく
【★2】つまらない
【★1】観た事を後悔or最後まで観れない
福山雅治演じる父親が酷すぎると言われてるけど、実際問題こういう親はごまんといると思うので、そういう人の変化を描いてるのが個人的には好き。

是枝監督の作品見ると気づいたら泣いている時があって、なんとなく自分て日本人なんだなと思う根拠なく
Joe

Joeの感想・評価

3.0
タイトルに偽りのない作品でした。
主人公を含めた2つの家族と、主人公の親兄弟も含めて描かれた、ある父親の話。
父が父として成長します。
子供ができると人が丸くなるということは、こういうことなんだと思い知らされました。

作品のテーマと同様に、キャスティングもいくつか入れ替えてみるという妄想をしてみると面白いです。
家族構成も逆だったら、など。

子役の役名が、キャスト本人と同じファーストネームになっていて、優しさを感じました。
うたん

うたんの感想・評価

4.0
取り違えというヘビーな題材だけど、ちゃんと感動あり、ほんとに起こってることだからこそ勉強にもなる。
さち

さちの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

もっと伝えられることがあったんじゃないかと少し物足りない映画。例えば、良多が、良い父になりたい、どんな父が?と模索して見つけるとか…素人目だけど💦

それにしても、みどり頑張れと思ってしまった。自分なら子ども交換って結論出たら離婚してでも育てた子を手放せない。

血のつながりよりも過ごした時間。
それは間違いなく自分が出す結論だなと強く実感。
ユメ

ユメの感想・評価

4.0
見応えあった。子を持った経験がない故に両親達への感情移入には限界があったが、終盤、真摯に子供に向き合おうとした金持ち父には確かな愛を感じた。
いにょ

いにょの感想・評価

4.1
見なきゃ見なきゃと思ってたけどようやく見た。

他の作品同様に格差社会にもフォーカスを当てつつ、自身も特殊な父親の元で育ち、不器用にしか考えられない・生きられない主人公の目線と体験を通じ、家族の本質は何かと言うことを投げかける。

終盤が泣ける。
>|

あなたにおすすめの記事