ウォールフラワーの作品情報・感想・評価・動画配信

ウォールフラワー2012年製作の映画)

The Perks of Being a Wallflower

上映日:2013年11月22日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『ウォールフラワー』に投稿された感想・評価

12

12の感想・評価

4.2
すごく良かった。重くて苦しいものをみんなが抱えてるのに、トラックのシーンだけで全部が綺麗になる。本当に言葉通り、一瞬が無限みたいだった。
TKK

TKKの感想・評価

4.1
めちゃ好きな感じの青春映画だった。
はみ出し者たちの集まりで、周りが全員年上。初めて受け入れられた時の高揚感。もどかしい恋愛の甘酸っぱい感じ。
最高ーー!
kijuro

kijuroの感想・評価

3.7
めっちゃよき
ほっこり
喧嘩しても、気まずくなっても、自分のことを受け入れてくれる友達とはずっと仲良くしてたいな
トンネルから抜け出した瞬間が最高!

このレビューはネタバレを含みます

君はいつも壁際で
みんなを見守る
ウォールフラワー

 内気で幼い頃から精神的に不安定なチャーリー、高校に馴染めずにいたら、とある兄妹に出会った。

・エマワトソン可愛すぎる。兄貴役の人も好き。

・いい青春映画だった。兄妹がいい人すぎる。

・精神的に不安定な時期もあったが、楽しそうでよかったチャーリー
カホ

カホの感想・評価

4.0
nothing hates u🎓

お姉さんが殴られてとっさに動けるチャーリーがいちばんかっこいい。最初からずっとかっこよかった。

スティーヴンチョボスキーの映画まじで全部大好き。ただ眩しいだけの爽やか青春ストーリーじゃなくて、各々が抱えている苦しみへの焦点の当て方向き合い方が本当に素晴らしいと思ってて、、本来自分の生活において全く交わることがなくて共感するポイントがほとんどないであろうアメリカのティーンの話なのに、内容が毎回グサグサ刺さるんだ、、、
やばい、スプラッターとかミステリーしか見てなかったから、たまには幸せで前向きな映画見ようと思ったけど、何も心が動かなくてちょっと自分に不安になった

あと主人公のドラッグのキマリ方がちょっと怖い
主人公が全部自分のせいにしてしまうの辛い…だからこそ2人に出会えてよかったと思う。
ただキラキラしているだけの青春ではなく、痛く苦しく切ないこともあるけど、最後未来に向かっていく感じが良かった。
じろ

じろの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

備忘録

青春映画とひとくくりにするにはちょっと違うような、でも青春映画
そこまでハマらんかった
このままハッピーな感じで終わっていくんかなって思いきや終盤で登場人物もみてるこっちも現実突きつけられる。

エズラミラー、良すぎるんよなぁ
ショートカットエマワトソンの輝きもすごい
ベリーショートのエマ・ワトソンがまぁかわいいこと!
あれだけかわいいと変な男が山ほど寄ってきて男嫌いになっちゃうのかなー?などとリアルに口に出すとやばい想いが沸々と。
パトリックを演じたエズラ・ミラーの演技が素晴らしくて驚いた。フラッシュの軽い小物風なキャラよりこういう方がいいね!
デヴィッド・ボウイーのファンなので、「ヒーローズ」がかかった時には嬉しかったけど、誰の曲かわからないなんて。みんな若いからしょうがないんだけどさ。
sakoppe

sakoppeの感想・評価

3.8
とにかくメインの3人のキャラクターが素敵で魅力的で引き込まれた。
ただのきらきら青春映画ってだけじゃない、すごく重いテーマも入ってるから好みは分かれるかもしれないけど、私は好きな映画だった。
やっぱり青春時代の友って大事だわ。
>|

あなたにおすすめの記事