言の葉の庭の作品情報・感想・評価・動画配信

言の葉の庭2013年製作の映画)

上映日:2013年05月31日

製作国:

上映時間:46分

3.7

あらすじ

『言の葉の庭』に投稿された感想・評価

ooo

oooの感想・評価

5.0
“恋人になること”に重きを置いていない恋愛が儚くて美しかった。
chloe

chloeの感想・評価

3.6
新宿御苑。
雨の描写が綺麗。
ストーリーは別として
日常が描かれた作品ってなんか好き。
hin

hinの感想・評価

3.0
映像きれい。傘の紅白が俯瞰から近づいてく描写がキレイですごい好き。
……が。
なんか雨の日には学校にはいかないとかなんなん
あと、少年だからって無防備な大人にくそみそいっていいわけあるか、事実だとしても。朝から学校無断欠勤して酒飲んでる大人であっても。
そしてその生徒の非難を全面的に認めるな教師!!そのくらい覚悟してから教師を目指せ!!メンタル弱すぎる!!
不味い卵焼きを誉める語彙力があればなんとでもどうとでも生きていけますよ。
きれいにまとまってたなー。って印象。
一言だけ喋るような登場人物達の設定が必要ないなー。
蛇足だなー。って思ってしまう。伏線か?違うなー………?ってなる。

映像はやっぱりというか、キレイで。
空の表現がとてもきもちいい。
あと雨に濡れた地面とか、俯瞰でみる森(?)とか。
ぐっち

ぐっちの感想・評価

3.7
「君の名は」と「天気の子」を見て1ミリも感度が上がらず「新海作品は何がしたいのかわからん、映像美だけ?」と思っていたが、今作は比較的良し(何様?笑)
映像美は言うまでもなく、高校生の歳上の女性に対する憧れ、情事を丁寧に表現した本作は評価すべきと感じました。だがそこが繊細な作りなだけに演出が足を引っ張り過ぎてる(普通はスポンサーや関連企業の製品は抑えめだが流石にうるさく意図を感じざるを得ない)ように感じてしまいました。
万人受けしないし、感情移入するかどうか人選ぶ作品だと思うけど、葛藤がうまく表現されてていいなって思いましたまる
雷鳥

雷鳥の感想・評価

3.1
映像もストーリーも美しいけど、美しさの水面下にある新海誠の性癖がうっすら透けて見えて個人的に刺さらなかった。
にょり

にょりの感想・評価

3.9
大江千里さんのRainが昔から大好きで大切に思っていたので世に知れて嬉しかった記憶。
もちろん映画も美しかった。
さかな

さかなの感想・評価

3.0
全体的に憂鬱な雰囲気が漂う。
元気ない時に観る映画ではないかも
ゆ

ゆの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

情景描写やメタファーによって登場人物の心理が表現されており、視聴者が解釈する余白のあるアニメだと思った。

公園の東屋
雨の公園の東屋で2人で話すシーンが中心になっている。"雨"がこのアニメで重要な要素になっているのは言うまでもないが、この"公園の東屋"という設定も、このアニメの空気感を形作る1つの要素になっているなと思った。

都会の学校であれば電車通学だろうから、例えば、"駅のホームのベンチ"などで2人が出会っていたとしても、ストーリーとしては全然違和感なかっただろうと思う。雪乃先生は劇中で『何度も学校に行こうとしたけど怖くてどうしても行けなかった』と言っていたので、駅のホームで雪乃先生が電車に乗ろうか躊躇しているところで、秋月君と出会うという展開も全然あり得たかもしれない。

しかし駅のホームのベンチだったとしたらこのアニメの持つ空気感は出せなかっただろうと思う。公園の東屋は、普段人が賑わっている場所だけに雨の日になると少し寂しいというか物悲しい感じがする。雨の日の公園の東屋という情景描写によって、2人の孤独感とか切なさが増しているなと感じた。


さらに、駅が‘’どこかに出かける‘’という目的を持った人が行き交う場所なのだとしたら、公園の東屋は"休憩"を目的として設置された場所であり、人生に立ち止まった雪乃先生と、葛藤を抱えながらも前に進もうとする秋月君が出会うというストーリーを考えると、メタファー的な意味合いも込められているのかなと思った。


公園の緑が生い茂っている様子が描かれていて、映像としても美しいし、タイトルの言の"葉"とリンクしている感じがした。

未成年と成人、第三者不在のストーリー
未成年と成人(教師)の恋愛映画だと、第三者の大人が出てきて反対して、2人が試練を乗り越えて行くストーリーに展開されがちだなと思う。例えば、有村架純主演の『中学聖日記』というドラマも教師と生徒の恋愛物語であるが、後半からヒステリックな母親が出てきて泥沼化していき、視聴者は2人が試練を乗り越えて行く様を見届けることになる。

それと比較してみると、秋月君の母親は回想シーンだけだし、2人の関係性を邪魔する恋敵みたいなのも出てこない。秋月君とか雪乃先生とか、主人公2人は季節に関連した名前なのに、伊藤先生とか同級生の佐藤、相沢なんて名前からしてモブキャラ感がある。

第三者からのノイズを省くことで、恋愛映画というよりは、『言葉を交わして誰かと心を通わせること』ということにフォーカスが当てられており、それに恋愛要素が少しだけ織り交ぜられている映画という印象を持った。
雪乃先生に恋愛的な感情があったのかはさておき、見方によっては生徒をたぶらかしたふしだらな教師と捉えられなくもないので、嫌悪感を抱く人も少なからずいるかもしれない。
でもこれがただの恋愛映画ではなく、『異なる悩みや葛藤を抱えた物同士が一旦立ち止まって"言の葉"を交わし、相互に作用し合いながら再び歩き出す物語』と解釈すると、その主題を効果的に伝えるためには主人公2人に年齢差と立場の違いが必要だったのだなと感じた。10代には10代の、20代には20代特有の葛藤があり、同世代同士の悩みというのは結構似通っていることが多いからである。主人公が同年代の男女同士だったら、ただの同化・共感になってしまう。


社会という未知の世界に対峙する男子高校生にとっては、雪乃先生の存在は、『まるで世界の秘密みたいに思える』のである。社会に揉まれて前に進めなくなってしまった教師と葛藤しながらも前に進もうとする男子高校生が出会い、立ち止まって互いの断片を交換し合い、心を通わせて再び歩き出す。2人の人生が一瞬だけ交錯する様が情景描写と共に美しく描かれた物語だと思った
>|

あなたにおすすめの記事