わたしはロランスの作品情報・感想・評価・動画配信

わたしはロランス2012年製作の映画)

Laurence Anyways

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

-
大変な世界だ
どうしようもなかったんだな

今の時代は多少生きやすくなったのだろうか
全ては考え方次第 常識を抜く

おわりかたよかった
Kathleen

Kathleenの感想・評価

4.7
物語も素晴らしいけれど、映像作品として目で楽しめる演出が特にすごい。
水や洋服、葉っぱが落ちてくるシーンは
登場人物の感情を視覚的に表現できている。

大人になったメルヴィル・プポーをはじめてちゃんと見た。
洗濯物の嵐に、枯葉舞う空に
表現させるところが好き。
苦い再会は、お互いソウルメイトだかるこそ去り際を察知できてしまうのがせつない。

ロランスは、愛してくれる女性たちに対して自己中心的すぎるようにも思えるけれど、それは自分を解放するのに必要な正直さたったのだなと思った。
偽らないと決めて勇気を貫いたロランスには最後プライドが宿っていた。
ドランの見事な演出に圧倒される。絵作り、色使い、選曲等がハイセンスで引き込まれる。洗濯物が降ってくる道をロランスとフレッドが歩くシーンが印象深い。
男でも女でもない、わたし、ロランス。フレッドが喫茶店で怒鳴るシーンは苦しかったなぁ
naoズfirm

naoズfirmの感想・評価

3.5

アイデンティティ🎬

ストーリーは教師である主人公が心と体の性の不一致をカミングアウトしたことをきっかけに偏見と闘いながら、恋人と過ごす日々や葛藤を描いた作品でした。作品は社会の偏見に苛まれながらも自分たちの人生を歩む姿を描いていました。この世にありのままの自分でいれる人はほとんど居ません。心の奥底に本当の自分を隠し、見栄や虚勢で形作られたもう一人の自分の存在がいるはずです。自分が運命の相手だと思った人が予期せぬ告白をされた時、果たして今までと同じように愛せるのであろうか。自分らしさが愛を貫くか、どちらを選ぶにせよ大きな犠牲があり、どちらを選んでも満足した人生を送る事が出来ないと思いました。
マグ

マグの感想・評価

3.0
大切な人に本当の自分を受け入れてもらえない苦しさが、ものすごく伝わる…
伝わるんだけども、その苦しみって
目の前の相手も同様に感じてるはず。
自分の気持ちは、もちろん大切だけど
だからってそれを貫き通すのはエゴだよなぁ…
ロランスの恋人とか、フレッドの子供(旦那は、もとから愛なさそうだったから良いとして)の事考えると『はぁ!?何やねん、お前ら』っていう。

あー、でも愛って突き詰めたらエゴとエゴのぶつかり合いだもんなぁ。

口から蝶、降ってくる大量の水、空から洋服(なんか綺麗だったけど)などなど
凡人の私には理解できない演出が多々あったけど
強く印象に残ってるから、それはそれでアリだと思う。
だぶ

だぶの感想・評価

3.3
私、心は女なの、もう我慢してらんない!って言い出した彼氏と戸惑いつつも寄り添う彼女、どうなってくかな映画

性同一性障害てより女装子にしか見えないのがな
ローズ一家に木ノ実ナナいるし
結子

結子の感想・評価

4.8
さすがグザヴィエ・ドラン
過去に胸騒ぎの恋人みて好きだったけどこれみて大好きになった。
るま

るまの感想・評価

3.6
この監督の何個かみてるけど、これもグザヴィエドランらしい音楽と映像のシーンがたくさんありまして、ストーリーは、わしの恋する男が女になったらそれはそれは大変なことよ、、っていう、ね、、、自分を女だと感じる過程とか、それを周りが受け止める過程とかはスピーディでオオオって感じやけどとにかく性別が変わってからの2人画描かれていました
>|

あなたにおすすめの記事