神さまがくれた娘の作品情報・感想・評価

『神さまがくれた娘』に投稿された感想・評価

南インドの自然豊かな村の工場で働く6歳児の知能しかない男は、結婚して娘のニラが生まれたが、妻は他界
妻の死後、自分の手で愛娘ニラを懸命に育てていた
ある日、義理の父が5歳のニラを連れ去る、娘を奪還す…

>>続きを読む
kinako

kinakoの感想・評価

-

知的障害を抱えるクリシュナは亡き妻との間に生まれたニラーを育てていたが、妻の家族にニラーを奪われてしまう。クリシュナは弁護士に訴えてニラーを取り返そうとするが・・。最初はクリシュナに戸惑う人たちが、…

>>続きを読む
くりふ

くりふの感想・評価

3.5

【月はどっちにも出ている】

レンタルにて。劇場行けばよかった…とまでは思わぬものの、予想よりずっとよかった。前半の大仰な紋切型展開にはちと萎えましたが、裁判バトルモード突入からいやー引っ張る。

>>続きを読む
Baad

Baadの感想・評価

4.1

タミル語の娯楽映画、障碍者もの、というと『アンジャリ』の苦い記憶があるので二の足を踏んでいましたが、たまたま見た『デリーに行こう』が少し薄味気味で物足りなかったので続けて見てしまいました。

障碍者…

>>続きを読む
149分間の映画ですが、無駄なシーンを省けば
120分以内に収まると思います。

後半の裁判は面白かったのですが、
終わり方が あまり私の好みではありませんでした。
おーの

おーのの感想・評価

3.0
昔観た映画。初インド映画でした。インドの女優さんほんと綺麗。
si

siの感想・評価

3.2

こういった障害を持った人間が子供を育てる系の作品は結末が数パターンしかないので長いとちょっとだるいんよね…。
ただ6歳児程度の知能があったからこそ選べた結末だったので良かった。

親と子の深い愛情や…

>>続きを読む
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0

親が子供の真の幸せを願う思いは計り知れない…例え知的障害があっても。クリシュナの最後の行動に涙。ニラの可愛いい表情や仕草も魅力。CGによるファンタジーが挿入されたり、音楽も音響効果も独特でインド映…

>>続きを読む
所沢

所沢の感想・評価

-

なんとなくで観てみた作品だったけどタミル語だったからビックリした。
ヒンディー語かと思ってたので。
そして途中からアマラポールちゃん出てきてさらにビックリ。
家で観てるといつと途中で休憩したり飽きて…

>>続きを読む

あらすじ(HPより)6歳児の心を持った父と5歳の娘 互いを想い合うひたむきな親子の人生讃歌!
チョコレート工場で働くクリシュナは、6歳児程度の知能しか持っていないが、嘘のつき方も知らない正直者でみん…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事