アナと雪の女王の作品情報・感想・評価・動画配信

アナと雪の女王2013年製作の映画)

Frozen

上映日:2014年03月14日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

「アナと雪の女王」に投稿された感想・評価

ng

ngの感想・評価

3.8
もうこんなに前の作品なのか〜となるね。
中学生の頃に大流行りしたな。
未だに歌うたえるや(笑)

アナが可愛くて好き🧡

エルサがイディナメンゼルって知った時、Gleeのレイチェルの母親役の人やん!ってなった記憶
映画館からはじまりもう何度観たことか。歌もつい一緒に歌っちゃうし、これだけは日本語吹替で見ちゃう。
劇団四季のアナ雪観に行ったので再鑑賞。
やっぱり曲がいいといいね〜オラフ可愛い
ゆずは

ゆずはの感想・評価

4.3
歌が全部いいし、エルサが氷のお城を作った時の映像がとにかく綺麗!
ストーリーもディズニーっぽくて好き⛄️
展開が早くてびっくりしました!
姉妹の愛って素晴らしい。それにつきますね✨
Ryu

Ryuの感想・評価

3.5
歌がキャッチー
エルサの『少しも寒くないわ〜』の最後のキメ顔がヴィランみたいで好き
近年のディズニーアニメーションの中でも絶大な人気を誇る今作「アナと雪の女王」を鑑賞しました

今作は珍しくプリンセスが2人おり、救いを求めるエルサと手を差し伸べるアナを主人公として物語は展開していきます

随所で対比的に描かれる2人が、最終的に相補関係に着地する物語運びは流石です

ストーリー自体はシンプルながらも手堅いお手本のような構成で退屈なく観れますし、映画を彩る楽曲も印象に残る素敵な物ばかりでミュージカルパートも楽しく観ることができます

魔法によって凍っていく演出や登場するキャラクターデザインの可愛らしさなど画面も魅力的でした


 
waka

wakaの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます


何回か観てるけど、面白かった🙂

子どもの時の事故が原因で、エルサとアナは離れ離れしちゃったけど、それはよくなかったよな〜って思った、トロールも幼いエルサにあんな言い方しなくても、、って感じ😶そりゃ、恐れるでしょ、、😮

アナもエルサも真実の愛に遠回りだけど気付けて良かった☺️
m

mの感想・評価

4.0
家族で映画館に見に行ったなあ〜姉妹愛が素敵!家にDVDとオラフのぬいぐるみがある🥕
wisteria

wisteriaの感想・評価

4.5
「鏡よ鏡よ鏡さん、この世でもっとも政治的に正しいディズニープリンセスは誰だい?」

「それはアナとエルサでございます」

ということで、ディズニープリンセスはいつだって時代の価値観を映し出す鏡のようなものだと思いますが、王子様のキスを待ったりするだけの受け身のプリンセスではない、自らの手で運命を切り開いていく時代に合った新たなプリンセス像をしかもダブルで提示しえたということでこれはディズニー史的に非常に重要な作品!

お馴染みの大ヒット曲に乗せ、3DCGで雪や氷の質感をここまで表現できるのか、という技術力も圧巻だし、ディズニー定番の「真実の愛」に新しい解答を示せた点でも画期的。

英語講師としては、この映画以前に、弱い使役のletの例としてはビートルズの"Let it be"を挙げたものですが、この映画以後は、もちろん、"Let it go"になった、という意味でも重宝する作品だったりします。最近の子にビートルズはあまりピンときませんが、アナ雪ならほぼ100%通じますからね、たとえ作品そのものは観ていなくても。いかにインパクトが大きかったか肌身にしみて分かります。

原題は"Frozen"。
「凍りついて」といった意味合いで、freeze-froze-frozenの不規則変化動詞の過去分詞だけで象徴的に世界観を表したタイトル。『塔の上のラプンツェル』の原題"Tangled"も「絡まって」といった意味の過去分詞を、作品世界の象徴として使っている点で似ている。また邦題は、いずれもとりあえずプリンセスの名前を入れて舞台を説明しとけ!という点でも同じ。まあ「フローズン」では、ヨーグルトの話かな?となってしまうからですかね。。
>|

あなたにおすすめの記事