るろうに剣心 京都大火編の作品情報・感想・評価・動画配信

るろうに剣心 京都大火編2014年製作の映画)

上映日:2014年08月01日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

3.7

あらすじ

『るろうに剣心 京都大火編』に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

3.5
剣心が新世代の申し子だと叫び、
逆刃刀の真打ちを受け取るシーンが
凄くかっこいいし、
心に響いてウルッとくる

蒼紫はただひたすらに
「剣心はどこだあああ」と叫びすぎだし、
途中からもはや、ちょっと面白く思えてくる

何より高橋メアリージュンさん綺麗すぎ!!!
画面に映る度に由美を見てしまう
京都大火編が一番好き
特に瀬田宗次郎が走ってくるところと、瀬田宗次郎と闘うところが好き
神木隆之介が好き
Nishiumi

Nishiumiの感想・評価

3.3
佐藤健と神木隆之介の闘いや田中民と伊勢谷友介の闘いは見応えあり。そしてクールな江口洋介と異様な藤原竜也が好演。
めあり

めありの感想・評価

4.0
邦画の中では上位。
素晴らしい!
藤原竜也さんは本当に天才ですね。
キャスティング文句なし。

神木くんも本当に素晴らしい!
nmt

nmtの感想・評価

4.0
原作で一番大好きな『京都編』の実写化前編。
相変わらずアクションはカッコいいし、原作の所謂ジャンプ的な(敵役何人衆と順番にタイマン等)展開を解体して長編映画用に再編集した脚本は見事。
そして何より志々雄率いる悪役たちの作り込みには感動した(志々雄もだけど方治ハマりすぎでしょ笑)。寧ろ志々雄一派の残虐性や手段の選らばなさは実写の方が伝わってくる気もする。
中高生の時に夢中になった『るろ剣京都編』が少しダークな大人の話になって帰ってきた感じがしてめっちゃ面白かったです!
がっく

がっくの感想・評価

3.6
1作目に比べて、次作があるためか終わり方がイマイチな気がした。
次に期待
odyss

odyssの感想・評価

3.5
【エンタメなら女優を選べ】

前作は、殺陣のすごさには目を見張りましたが、その他の点ではイマイチの感もありました。
今回は、筋書きにはそれ相応の工夫が凝らされていますね。
でも2部作だから、これを見ちゃうと必然的に次も見る羽目になっちゃう。商売上手というのかな。
大久保利通の暗殺という史実を、うまく使っています。
しかし、維新後の不平分子については、エンタメの域を出る設定はしていない。

そう、エンタメに徹しているのが本作。
だけどそうであるなら、女優陣の使い方にはもう少し工夫をして欲しい。
今回は3人がメインで出ていましたけど、質的にはどうかと思うし、使い分けもあんまりできていない。一番力量のある蒼井優が脇役でしかないのも欠点。
武井咲は、私の好みじゃないのでどうしても点が辛くなるけど、演技もたいしてうまくないし、何でこういう人材を使うのかなと思ってしまう。

殺陣や戦闘シーンは悪くないけど、女優がよろしくないということで、この点数。
るろうに剣心第2作目です。


前作同様、敵のボス的存在が多すぎて、豪華でいいとは思いますが、、、、金髪?東京リベンジャーズですか?登場人物が多すぎる気がします。その設定いるかなど。あと、人を切らないことに凄いこだわってますが、相手が悪い人といえど、むっちゃ攻撃してますが…


とはいえ、一つ一つのアクションは、ピカイチなのは事実だと思います。

しかし、今作品ではほとんど進んでおらず、次作に期待です。今作では理解出来なかったことがスッキリすることを願います。
KOH

KOHの感想・評価

3.7
志々雄の憎しみ、剣心の新しい時代への想いが相反し、維新後の混乱期がうまく描かれていた。それぞれの俳優の熱気ある演技がこちらまで伝わってくる凄い日本映画。
菜緋

菜緋の感想・評価

3.3

スケールが大きくなって
戻ってきた 京都大火編...🫣

志々雄真実の存在感デカすぎる...
役になりきりすぎ、藤原竜也🤕

敵役だけど
神木隆之介くん演じる瀬田宗次郎
気だるい感じが可愛すぎた🥹(個人的)
その志々雄の側近である宗次郎に
屈辱の敗北を味わうことになったり

ラストついに志々雄と対戦ってところで
薫殿も剣心も海に落ちたり
剣心は謎の男に助けられて
この男の登場で剣心どうなるのか...
続きが気になるところでまた終わり☹️

るろうに剣心、本当に面白い😳

>|

あなたにおすすめの記事