進撃の巨人 ATTACK ON TITANの作品情報・感想・評価・動画配信

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN2014年製作の映画)

上映日:2015年08月01日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

2.5

あらすじ

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』に投稿された感想・評価

漫画見た人がこれ見たらネガティブ意見多数だと思うけど、
これ見た人が漫画に流れていけば良いなと思う。
幼い頃観たからか、意外と悪くはなかった気が、、、(別物として見ればネ)
ポスターが酷い(実写版デビルマンと反対のパターン)
Limetree

Limetreeの感想・評価

2.7
春馬くんを観たくて、あらすじをまったく知らず観始めたんだけど、巨人が気持ち悪かった。。。
俳優さんたちはCGの巨人相手に撮影大変だったでしょうね。
うる

うるの感想・評価

3.2
年齢制限ギリギリで見て、巨人が人食べるシーンで吐きそうになった。トラウマ。
たか

たかの感想・評価

2.5
TVアニメは好き。
しかしこれは終始違和感しか無く、暗くて何やってるかよく分からない。
オリジナルストーリーだろうが実写化すべきでは無かったかな。

推しのリヴァイ兵長が何処探しても居ないのに、なぜ序盤から女型が居る……。
シキシマて……このキャラでは推せない。

見どころはエレンの巨人化とハンジ役の石原さとみさんのみ!

ハンジの再現度半端ない、無邪気が暴走しまくりです。
なぜか無性に観たくなって7年ぶりに鑑賞。
やはり今観ても駄作は駄作なのだけど、全てがダメだったかと言われたらそうでもない気がする。壁が明らかにミニチュアぽいとか巨人の見た目が人間すぎて不自然だとか、気になるところは多々あれど超大型巨人やエレン巨人の質感は特撮ファンとしては目を見張るものがありました。壁破壊後の巨人襲撃シーンも妙にリアルで、実際に巨人が出現したらこんな感じなんだろうなと思わせる絶望感は素晴らしい。
ただストーリーは諫山先生に原作とは違ったものにして欲しいという依頼があったのと、キャラ達の設定をかなり改変しているにも関わらず大枠は原作をなぞっているため所々矛盾があったり、何でそこでそうするの?みたいに疑問だらけなのが勿体ない。
評価を見ても散々な言われようですが私は割と好きな作品なのでまた何年かしたら見返したいですね。
p.s. 三浦春馬さんの演技、エレンぽい全力投球な感じで好きだぞ!!
5loth

5lothの感想・評価

3.0
肯定派です。ツッコミ所とか粗もあるけど、いい所もあったし。恐怖と、隣り合わせであるはずの嫌悪感。ゾンビ映画として。鬱屈した感情の導き手として。脚本がよかったと思う。水崎綾女と三浦貴大がよかったです。
シナリオが酷すぎて援護したくてもできません。
そもそもキャラが別物すぎる
これなら既存のキャラを使わないでシキシマサンナギみたいに全員和名のオリキャラにすればよかったのでは
世界観は日本が進撃の巨人の舞台だったら的な感じで、パラレルワールドとして考えればかなり良い雰囲気だったから勿体ない

衣装もめちゃくちゃ凝ってるのに…
あと邦画あるあるで唐突に監督が見たかった官能小説シーンをぶち込んでくる最悪

石原さとみハンジは声のトーンとか頑張って寄せてて役者魂を感じた
モブとサブキャラはみんな棒読みで泣きたくなった
たつき

たつきの感想・評価

1.8
意味不明。大衆を狙うなら過激な描写多すぎるし、過激路線で行くには絵が安い。時間が有り余ってる飛行機の中でですらよそ見した。
TEIMAIL

TEIMAILの感想・評価

1.0
進撃の巨人 ATTACK OF TITAN
(2014年公開作品) ※視聴回数 1回

 評判悪いのは聞いていたが、なんか本格的にどうしようもない感じ。
 この作品が叩かれ始めたことをキッカケに三浦春馬は病んでしまったようだが、三浦春馬のせいではないよ。
>|

あなたにおすすめの記事