ほとりの朔子の作品情報・感想・評価

『ほとりの朔子』に投稿された感想・評価

海沿いで過ごすちょっぴり切ないひと夏の物語、にしては周りの人間関係がドロッドロ。
不倫相手だの元恋人だの娘だのが入り混じる誕生会での、全員踏み込まないけどちょっと責めたような会話が飛び交うシーンの居…

>>続きを読む
う

うの感想・評価

-

二階堂ふみやばいなーと、、
存在感。唯一無二の女優って感じ
それを改めて感じた作品

この映画わりと穏やかな雰囲気なんだけど、少女から大人になる段階で感じる違和感というか気持ち悪さというかどう言えば…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

................................................................................................
大学…

>>続きを読む
平成レトロな夏の雰囲気が良かったけど見たという感想しか湧かなかった
水

水の感想・評価

-

突然流れる「こんにちは赤ちゃん〜♪」の曲が間抜けで、人間の愚かさとマッチしていて本当に最高

必ず終わる日常を示唆する救いのなさを、愉快にごまかしてるみたいな会話が大好き。

そんな深田監督の202…

>>続きを読む

浪人生の朔子は叔母の誘いで避暑地へ2週間の休暇に行く。
やりたいことを見出せずに迷う朔子は、現地の人たちと触れ合う内に目的を見つけていく。

この作品はスローライフを描くもの。
よって物語がないのは…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

 浪人生、朔子(さくこ)(二階堂ふみ)の、叔母さん海希江(鶴田真由)の元での若干の成長譚。 

 叔母さん海希江のこれまでの過去、兎吉(古舘寛治)を諦めざるを得なかったけれど、今でも付き合いがあるこ…

>>続きを読む

朔子(二階堂ふみ)は大学受験に失敗、無気力状態だったため美人の叔母さん(鶴田真由)と一緒に田舎にやってくる。
叔母さんの幼馴染や男友達などが大人の世界を見せてくれる。
同時に、福島から避難してきた同…

>>続きを読む
ヨーダ

ヨーダの感想・評価

4.0

前半から中盤までポリーヌジャンとしか思わなくてビミョーだった、ラストはポリーヌから抜け出した感じがあって良かった、大人と子供の境目にいる2人が素直に大人の良い部分と悪い部分に触れて、失望したり成…

>>続きを読む
2023.01.06
#1981
多少神経質な僕には、大賀がホテルのバイトでトイレ掃除に使ったタオルで鏡や洗面台を吹いていた事が気になりました。どのホテルもこういう感じなら、宿泊するのが怖くなります。
>|

あなたにおすすめの記事