アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価・動画配信

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

La vie d'Adèle/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

asashin

asashinの感想・評価

3.0
子供は観てはいけません。男性もあまり見ない方ががいいと思います。私的にはですが…彼氏や旦那がこの作品観てたら嫌です。女性も理解出来る人と出来ない人にわかれるでしょう。私はほんの少し理解したかな。ほんの少しね。ちなみに、この作品は1人で観て下さい。友達にも勧めない方がいいです。気まずくなります。
最後まで主人公一人称ですすむ恋愛は、あまりに不器用だったよ。でも不思議と観終えて余韻に引きずる歯痒さはない。
刹那的行動をとる人が未練感情を持たないわけではないのか。
ら

らの感想・評価

3.8
道端ですれ違ったアデルとエマ。アデルはエマを一目見た瞬間惹かれてしまった。
バーで再開した2人はだんだんと仲が深まっていき、そこから2人の物語が始まる。


アデルとエマの関係が見ていてムズムズしたし、後半につれてそれがどんどん加速していくから集中しちゃう。けどレアセドゥとアデルの演技がリアルすぎて結構辛い。

3時間ぐらいあったことに見終わってから気づいた...笑
みなみ

みなみの感想・評価

3.0
(長かった…)

全身全霊で恋して傷つくアデル、美しくて愚かでもあった。
あとは、今、すごくパスタが食べたい
おもしろかったし感じることはとてもあったけど私にとっては3時間は長かった…

アデルとエマの家庭環境の違い
アデルはレズビアンなのではなくたまたま本当に愛した相手がエマだったということ

飾らない二人の描写
2人を見ていて映画を観ているよりももっとリアルだったけど

とりあえず長かったので2時間にして欲しかった…
トマと別れるカットが1番綺麗でいいプロローグになってた、ヘテロな神話と訣別するようで
mphxxxmph

mphxxxmphの感想・評価

3.9
相手に惹かれた瞬間の緊張感とか相手の世界を知っていくワクワク感とか寝た後のフワフワした高揚感と気安さとか相手の存在が大きくなるあまり自身の人生の停滞感に耐えられなくなる感じとか別れる時と別れた後のどうしようもない未練とか良くも悪くも恋愛の全てが描かれてて、人と付き合って別れるってそういえばこういうしんどさだったよな……と観た後どっと疲れた。
長くて生々しいベッドシーンは2人の肌が重なる質感とか情愛が伝わってきてストーリー上必要といえば必要だけど演じているのは生身の若い女優なわけでポルノとして消費されうる側面もあると思うと賛否なんとも言えない気持ちになる。演じきった女優魂についてはブラボーです。

あと主人公は高校で異性に妙にモテる魅力あるタイプらしいという情報があったけど日本の高校でこのビジュアル(服装とかスタイル)だったら絶対モテない側だと思うので文化の違い面白いな〜と思った。
FU

FUの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ずっとしんどかったなぁ...
アデル役の人の演技がリアルすぎて、本当にみじめで情けなくみえた。(エマに家を追い出されるシーンとか特に。)
高校生のシーンで、学校のトイレで女友達の行為を勘違いしてしまうシーン、トイレに入って女友達の顔が映った瞬間に、「あぁ...」て気づいちゃった。可哀想だったなぁ。
全体的に、人の表情と食事が印象的に描かれていると思った。ボロネーゼ食べたい、ワイン飲みたい〜
s

sの感想・評価

4.0
寂しい気持ちになったら誰でも良くなっちゃうよな〜多分。一度の過ちで戻れないって1番悲しい
memo

memoの感想・評価

-
ずっとリストに入ってたやつ。
誰かが観たリストでタイトル気になってクリップしてた。
奇遇にも連続してLGBTのお話を観てた。

好奇心で始めるものではないなと思いながら、
一歩つめてみないとわからないし、、とも思った。

相手を傷つけることになるかもしれないことは頭に置いておいたほうがいいのかも。
欲望のままに進んでそのときがよければいいタイプならいいのか。。

性欲と感情のちがいを考えた。
>|

あなたにおすすめの記事