春を背負っての作品情報・感想・評価・動画配信

春を背負って2014年製作の映画)

上映日:2014年06月14日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.2

あらすじ

『春を背負って』に投稿された感想・評価

Rei

Reiの感想・評価

4.0
今の私には必要すぎました
山に行きたい

最後はちょっとんんーって感じだったけど笑
劇中の言葉が響きました。
山の素晴らしい風景、山男の爽やかさ。少しの山の遭難、日々の生活。
どう評価すれば良いのか、、ただそんな刺激は要らない、ただ時間が流れるだけの時には、観たい気になる
豊川悦司のエセ大阪弁が本当にしんどい。イントネーションは悪くないのに、「本当に何も知らないんだなあ」とか言わへん。セリフもいちいち説教臭い。立山大汝山の景色とカメラは文句なしに美しい。音楽も昭和映画のように雄大でいい。山小屋の生活描写も良かった。ただただ説教臭い。若者は真面目に話を聞く。若者も親への感謝を簡単に口にする。オッサンは人生を恥ずかしげもなく語りまくる。歌うのはイルカの「なごり雪」。ラストシーンでは北アルプスをバックに松山ケンイチと蒼井優が手を繋いでぐるぐる回る。アルプスの少女ハイジかよ。
春を背負って。 立山連峰登ってみたい。
一歩 一歩 上を向かず 歩いていく…。 一歩 一歩負けないように普通に歩けばいいんだ。なんか人生そのものな気がした。 
ゆず

ゆずの感想・評価

3.0
山好きだから楽しめた!
もっと父親との確執とかあるかと思った😂✨笑
 亡き父が遺した山小屋を継いだ青年のヒューマンドラマ!

 立山を見て育ったので、一度は登ってみたくたくなった!冬は怖くて登れないが夏登山が良さそう!
Michiaki

Michiakiの感想・評価

2.5
うーんなんと言うか、
役者も力があるし山小屋を軸に人間模様を描くと言うコンセプトも良いと思うけど、
ちょくちょく垣間見えるチープさで萎える。
もう少し登場人物を減らして深掘りする人間ドラマでも良かった気もする。
ゴローさんは良い
kodak

kodakの感想・評価

3.5
昭和の映画を
新しいキャスト、
綺麗な映像で撮り直した感じの
懐かしい演出、編集、音。
笑顔満開の蒼井優さんやっぱいい。
マツケンさんを軸に、新井さんや、
サブで出てくるキャストも豪華だけど
なんと言ってもトヨエツが渋すぎて
出てくるの楽しみでしょうがないです。
毎回あの歌を口ずさんで登場て最高す。
脚本・演出・撮影・音楽、おそらくあえてやっているであろうコテコテの昭和感が私には合わなかった。それを松山ケンイチさんや蒼井優さんといった現役の俳優が演じているので頭が混乱した。

雰囲気はいい。
鶴がエベレストを悠々と超えてゆく。自分の居場所に帰るために。
>|

あなたにおすすめの記事