GODZILLA ゴジラの作品情報・感想・評価・動画配信

GODZILLA ゴジラ2014年製作の映画)

Godzilla

上映日:2014年07月25日

製作国:

上映時間:124分

3.3

「GODZILLA ゴジラ」に投稿された感想・評価

主人公の立ち位置がわからん。あっちいったり、こっちいったり。
サイコ

サイコの感想・評価

3.0
フツーの怪獣デストロイヤーパニックものだった。
ゴジラの立ち位置がよく分からん。
海に帰っていくゴジラ、中に人入ってるみたいで一瞬くまモンに見えた。

良くも悪くも、アメリカナイズリメイク。
キングコングを観たの流れでゴジラを鑑賞。子供の頃観たゴジラとはちょっと違ったがハリウッド版ゴジラ。ゴジラの吠える声は昔の方が好きだったなあ。夜間のシーンが多いので自宅での鑑賞は電気を消して観るのがおすすめです😁電気つけて観てたら何がなんだか良くわからなかった😅
『シン・ゴジラ』でゴジラにハマったので鑑賞。ゴジラの巨大感がリアルで良かったです。機密文書や極秘映像みたいなOPもかっこよくて好き。ムートーのデザインも原生生物とは異なる系統である事を思わせるのがお気に入りです。
JIN

JINの感想・評価

3.8
映画館で観たのですごく迫力がありました。砂煙から出てくるゴジラとかすごかったです。好きです。

ゴジラ」を、ハリウッドで新たにリメイク。

1999年、フィリピン。採掘現場の調査にやって来た芹沢博士とグレアム博士が謎の巨大生物の痕跡を発見する。同じ頃、科学者のジョーとその妻サンドラが働く日本の原子力発電所が謎の大振動に見舞われ、深刻な放射能事故が引き起こされてしまう。15年後…。

渡辺謙が科学者役で出演
ゴジラって最高にいい。

語り継がれるような神話的な要素もあり、最新科学では解明しきれない未来的な要素もあり、戦争映画のようなアクションもあり、一方でちっぽけな人類同士が引き裂かれるヒューマン映画でもある。

お父さんが亡くなった後に、生前お父さんは何か言ってなかったか?っていう展開もとても良かったし、津波とか地震とか、原子力とか日本人にとってとてもデリケートな話題だが、海外の人が描く特有の少しズレた日本らしさのおかげでリアルなのにフィクションだと割り切れる魅力を持っていた。

個人的に好きすぎるシーン↓
・渡辺謙さんの「我々はこう読んでいる"ゴジラ"」
・照明弾で姿を現すゴジラ
・ムートー雌の口をこじ開けて放射熱線かますゴジラ
perry

perryの感想・評価

3.6
2014年の公開当時以来二回目

ブライアンクランストンが出てたこと忘れてた
ブレイキングバッドいま6年かけて見終わろうとしてますよと思いながら

渡辺謙のゴジラ発音は覚えてた
父の8月6日で止まった時計をもってた

キングオブモンスターズの主人公がこの映画の主人公と同一人物と勘違いしていたので、息子死んでないやんとなった

ゴジラの出番が少なすぎる
放射能を餌とする怪獣が休眠から目を覚まし日本、ハワイ、アメリカへと移動する。しかし怪獣の交信を耳にした怪獣ゴジラも活動し始める。

ゴジラの造型としては洋画にしてはピカイチです。
しかし、映画「ゴジラ」というよりかは映画「ムート」が適正かもしれません。まあ、オリジナル怪獣を創ったからには、殺られ役としてもドヤ顔でお披露目したいのが人情でしょう。
この映画、ゴジラ爆誕ってよりゴジラはすでに居るんです!が前提。だからかゴジラが迫力あっても災いのような恐ろしさはなく、むしろムートが災いでゴジラはとばっちりを受けた感じでしょうか?
正統な怪獣映画ながらどこか人間のヒーロー像も盛り込みたく、、ヒーローが多すぎるのかもしれません。
むしろメインの登場人物全員死亡なんてオチだったらかなり怪獣映画として説得力のある作品になったかも。
naf

nafの感想・評価

3.3
初代ゴジラ(1954)のリブートという位置づけらしい。1954年版の映画の出来事はあったものとして扱ってるのだろうか?
確かに初代ゴジラへのリスペクトが溢れる作品だと思う。それに加えてゴジラを災厄だけでなく救世主として描くのも、後の善玉になったり悪玉になったりするゴジラへのオマージュともいえる。
しかし、ハリウッドでゴジラをやるとどうにもB級映画感が出るのは何でだろうか? やはり怪獣映画ってこうなっちゃうのかな。描写も、いまどきのハリウッドレベルでリアルだし人間ドラマもそれなりにあるのに。サイエンスの裏付け感が足りないからなのかな?
>|

あなたにおすすめの記事