トランスフォーマー/ロストエイジの作品情報・感想・評価・動画配信

トランスフォーマー/ロストエイジ2014年製作の映画)

Transformers: Age of Extinction

上映日:2014年08月08日

製作国:

上映時間:165分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「トランスフォーマー/ロストエイジ」に投稿された感想・評価

sho

shoの感想・評価

3.9
トランスフォーマーは思い出補正増し増しなので
全部好き

ケイド個人的には好きだけどな

前作はヒモ男で
今作は毒親とかキャラ設定どうなってるのとだけ言いたい

今回はデザインが神がかってた
特にドリフト
サムライ×ブガッティヴェイロン×ケンワタナベという最高の組み合わせ


ストーリーなんて後回し
変形ロボットが恐竜にのって街を大暴れって
漢の夢詰め合わせ
考えた人天才

マイケルベイ恒例のド下ネタも無かった気がする
前作まで(特にリベンジ)は酷い
子供は家族と観てはいけないレベル
よく小さい頃の自分は親の前で観れたなと思います

あと毎回思うけど、オートボットは隠れる気ない
あんなイカついスポーツカー走ってたらバレるわ

ラチェットはプリウスとかに変身しとけば問題なかったと個人的に思います
Eucharis

Eucharisの感想・評価

2.8
今作は出だしの展開からイライラ。。




主人公、、夢を追いかけているというより、、ただ短期で世間に馴染めないだけでは…。

なんでトランスフォーマーにでてくる主人公キャラは騒がしいんだろう。それで、気持ち悪いほど過保護(笑)




そして相変わらずの国の人たち。。
人以外のものを生き物と認めないスタンス。
なんで、こんな極端なんだろうねぇ。。


どこをどうとったら人間だけでトランスフォーマーに勝てるという結論にいたるんだろう。。

殺さないと自戒している相手=それって手加減しているということ。

ディセプティコンだってオートボット狙わず人間だけ狙って暴れていたら一体で都市一つ簡単に破壊できてしまう強さがあると思うのにね…。




オプティマス・プライムが人を殺した…世界を助けようとして巻き込まれた人間もたくさんいただろうねぇ。。
でも、人間の方が平気で人間殺してるけどね。
主人公を追っていた人たちやKSIの人たちもたくさん人殺してたしねぇ。

なんの理由にも建前にもならない…。




そして、ゾイド!…いや、恐竜のトランスフォーマー(笑)最後にしかでてこない(;・∀・)




創造主って、、クインテッサ星人のことかな?




地球を取り戻す…人間らしい傲慢さがこの作品のすべてな気がしてきた(;・∀・)
アメリカ、シカゴの戦いから5年後、トランスフォーマーたち異星人が危険視され、CIAは特殊部隊「墓場の風」による異星人狩りを行っていた。オートボットたちは対象とされたため、身を隠していた。
冴えない発明家のケイド(マーク・ウォールバーグ)は壊れたトラックを自宅に引き取ってくるが、実はそのトラックはオプティマス・プライムだった。オプティマスを匿ったとして、ケイドもオプティマスとともに逃亡することになった。

ストーリーは前作から5年後で、内容を引き継いでいるにも関わらず、前作までの主人公のサムが一切、話に出てこないのが不自然に感じました。新しくマーク・ウォールバーグが主人公ケイドを演じることは構わないが、これまでオートボットと人間の絆となっていたサムの存在に一切触れないのはおかしいと思います。

毎度のごとく、異星人を危険視して、異星人の技術だけ奪うアメリカ政府の行動は相変わらずでしたが、今度は人間によってトランスフォーマーを製造する企みがあり、それによって造られたロボットがオートボットの敵となり襲いかかる展開は新しいと思います。
しかし、そのロボットの変形がナノマシンのようになっていて、マシンのパーツが折りたたんだりしてロボットに変形するカッコよさが無くなっていました。
また、ロックダウンというロボットがCIAと結託してオートボット軍団の敵として現れるのですが、説明が少なくロックダウンの行動や大型の宇宙船のことなど分からないまま話が進んで、少しモヤモヤしました。

人間ドラマの部分では、オートボットに味方する人間が主役のケイド、娘のテッサ、娘の彼氏のシェーンの3人だけという悲しい展開で、ケイドの彼氏を作ることを許さない古臭い親父像は失笑ものでした。ケイドが必死にオプティマスに協力するのですが、3人だけで他はみんな敵である以上、オートボットが人間不信に陥るのも無理ないです。

見どころとしては大型の恐竜に変形するトランスフォーマーがかなりカッコいいです。オプティマスが決闘して恐竜ロボットたちを味方にする展開はとても良かったと思います。

面白いと思うのですが、165分という時間の長さに見合う満足感は無かった。エンターテイメントとして目新しさが減っていくのはシリーズとしてつらいです。
金属生命体宇宙人と金属恐竜フェチにはたまらない一作。

「ロスト・エイジ」いやーかっこいいよねこの単語。日本語に訳すと「失われた時代」うん、かっこいいね。

今作は恐竜型のトランスフォーマー、ダイノボットが登場する。このダイノボットが活躍するから「ロスト・エイジ」。

タイトルにのせるくらいだからめっちゃ活躍するんだろうな!楽しみやな!

本編165分、2時間45分あって「こんだけ???ま???」って感じ。

恐竜が口から火を吹いただけで満足すると思うなよ

ちゃんと活躍させるんだよポンコツが

ちなみにヒロインは
過去1かぁいい(可愛い)
ダークサイドムーンまででいい感じに一括りで。シャイアラブーフのサムも最高に良かったけどラストエイジからのマークウォールバーグのケイドも最高に良い!

一新したらストーリーも複雑で深みがある!とはいえ前作とか見てないと全然追いつけない感じで前作から追ってる身としてはアツアツでいままでと全く違う楽しみ方ができました。

ケイドみたいなパパは絶対うざいけど超かっこいいね!!!
3部作で終わっても良かった、、、お腹いっぱいやけど
増してるCG技術のハイテク映像は見てしまう
xreinax

xreinaxの感想・評価

2.8
ニコラペルツ〜ブルックリンベッカムの奥さん〜っていう見方。笑
お父さんとハグするよりも彼氏とハグしちゃって少しお父さんかわいそうだなとか、思っちゃったな😋
毎回オートボットに助けられてるのに最終的に人間側がオートボットのこと敵視して排除しようとするのがちょっと謎だしヒロイン所か主役まで変わってて繋がりが感じれなくて微妙だった。恐竜🦖みたいなのでてきたからそこは面白かった。
迫力はもちろんすごいけど最近の映画って感じになった
過去の方が面白い
なげぇ…。
ただでさえ3時間ある映画なのに、ストーリーが3回くらい区切れるような重量。
挫折しそうになりながら観た。

ダイナボット観たさに頑張って観たけど、
やっぱカッコよかった。
>|

あなたにおすすめの記事