インサイド・ヘッドの作品情報・感想・評価・動画配信

インサイド・ヘッド2015年製作の映画)

Inside Out

上映日:2015年07月18日

製作国:

上映時間:94分

3.7

あらすじ

『インサイド・ヘッド』に投稿された感想・評価

8時だJ

8時だJの感想・評価

4.5
感情の擬人化
子供が小さい頃この映画が好きで何度も見たなあと思い出
人生とは喜びだけではなく悲しみも必要
ライリーの成長の過程を見てると親にもグッと突き刺さるそんな映画でした
okazusan

okazusanの感想・評価

4.5
アイデアの発想力がすごすぎて、本当に自然と口角があがりまくる
内容はともかくこの題材にしようっていう発想すごく好き。

実際はありえないけど、良くない感情が込み上げてきた時に自分の中のjoy頑張れって思うだけで冷静になれるよきっと。
ライリーの頭の中の感情が舞台。ヨロコビを主体に感情の動きを見せていく中でカナシミと一緒にヨロコビがいなくなってしまい感情が暴走していく。

ディズニー✖️ピクサーの感情の物語。ヨロコビがいないと大分暴走するからちょっとイラッとする。感情って本当大切なんだなってのが分かる。

竹内結子さんの声凄い好きだった。
myon

myonの感想・評価

3.7
発想が面白い!

人間の複雑な感情が
可視化されていて
つい私のインサイドヘッドを
想像しちゃう笑笑
tomoka

tomokaの感想・評価

3.7
「喜び」「悲しみ」「怒り」などの感情がそれぞれキャラクターになっていて、人間の脳内の感情をアニメーションで表現できるのは凄いなと思った。
喜びがあれば悲しみもある。どちらも欠かせない感情だと思う。
想い出の一つ一つが小さい玉となって管理されているのはなんか感慨深かった。意外と自分では忘れてるけど記憶を遡ったら色んな思い出があったんだろうな…と。
人の頭の中はこうなってるよーって映画。
よろこび、かなしみ、いかり等色々な、、、いやよく考えたらなかなか感情少ない気もするな笑5つくらいしかなかったし。

イマジナリーフレンドが出てきたり
ライリーの頭の中だけじゃなくてお父さんお母さん、最後はライリーに一目惚れする男の子の頭の中でも大騒ぎする感情たちは見ていて面白かった!

あとは思い出が消えるシステム、思い出を消す業者的な役割の奴とか、夢を見させる役割の奴とか色んな頭の中での出来事が可視化した映像は斬新で面白い!流石ピクサー!
2も楽しみです!
親子で見たよーシリーズ
内容的にはとても面白いというか発想が面白い。頭の中こんなふうなんかなぁ?という感じで。
ほんとそれ自体は面白いのだけど、子どもとしては難しいかもなぁ?という印象。
四歳の娘はなんかキャッチーな見た目のキャラや状況で楽しではいたけど内容はわからなかっただろうなぁ笑
カナシミ普通に好きじゃない、ごめんね。でも大事な感情だよね。相手を思いやること。大切なこと。
5loth

5lothの感想・評価

3.0
すごく映画的なカタルシスがあってよかったです。複雑な感情を描くための融和まで見通して、キャラクターを5人に分けたのだとしたらすごい発明だと思いました。

頭の中を描くといって、映画が描くのはやはり記憶についてなのだ。そして記憶というのは、記憶された当時の感情だけでなく、その後の経験によって変化・上書きされていくというのは優しい考え方でいいな。

感情のキャラクターたちの体が粒子のような、毛糸のような質感で輪郭がはっきりしないのは、感情は定まっていないもの、ということなのかなー。
>|

あなたにおすすめの記事