6才のボクが、大人になるまで。の作品情報・感想・評価・動画配信

6才のボクが、大人になるまで。2014年製作の映画)

Boyhood

上映日:2014年11月14日

製作国:

上映時間:165分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「6才のボクが、大人になるまで。」に投稿された感想・評価

Nobody

Nobodyの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

同じキャストで子供の成長→巣立ちを描いてるのが凄い

離婚はしてるけどイーサンホーク演じる実父と息子の関係がすごくいいな。近すぎず遠すぎずで定期的に会うから実際一緒に住んでたら逃してしまうような会話をする。これはすごくいい関係性だなって思った。
母親との関係とか、再婚相手との関係もリアルで本当に子育てをじっくり見た感覚
子供の成長と親の年老いていく姿。といってもまだまだ若いけど。なんとも言えないギャップ

高校卒業パーティーのキッチンでの元夫婦の会話がなんともいいなぁ
言わずもがな役割分担してたパートナーって感じ
ずっと一緒にいるのが家族じゃない、心の繋がりがいかに大切か。イーサンホークがすごくよかった

子供は大人が思ってる以上に大人を見てるし色々感じてる。昔は自分も子供だったのに忘れてしまうもの。時は徒然。人生は終わりなき旅
l5

l5の感想・評価

3.6
12年も同じキャストで撮影してるのすごいし、だからこそよりリアルで良かった。ほぼドキュメンタリー映画みたいな感じだった。メイソンいい男に成長したなあ。
うめこ

うめこの感想・評価

3.6
12年も同じキャスト、すごい。
子どもは成長し、大人は老いている。
当たり前のことだけど、3時間弱でぎゅっと見せられると、時の流れは平等かつ容赦ないのだなあと。
人生は長くて短い。
Neo00

Neo00の感想・評価

3.2
内容は普通のアメリカ家族の日常なんだけど、12年間同じメンバーで撮り続けた監督とキャストの忍耐凄い笑

海外ドラマ、シーズン1からシーズン12まで一気に端折って2時間で観た感じ😄
主人公らしい華々しさや明朗快活さはなく静かで地味なメイソンだが、「SNSの人生はいらない。ネットの情報に囚われずに本人と直接触れ合いたい。」と言える彼はとても魅力的な人だと感じる。メイソンは親の状況に振り回されながら、傷ついた事や危険な事を経験しながらも落ちぶれなかった。学業や写真など大きな結果を残す事もなく、自慢できるような経験や思い出がある訳でもなく大人になった。決してドラマチックな内容は無かったけど、逆境にもめげずに地味に耐え抜き続け、周りに染まりきらずに自分を確立させて大人になるところがとてもリアルで自分と重なった。今まで勉強もスポーツも芸術も仕事も自分なりに精一杯頑張った割に普通の成績しか残せずに現在に至る自分を残念に思うことがよくあった。この映画を見てメイソンに共感し、メイソンの魅力を感じて、これで良いんだと思った。
「周りに指示される(要求される)とすごく腹が立つけど、その連中は指図してる自覚すらない。誰も指図しない世界になったら最高。そうなったら普通を演じなくて済むから。」この台詞にも共感した。これから年齢を重ねさらに深まっていくメイソンを見てみたい。
この実験的映画はすごい。まずその12年間の忍耐が賞賛に値する。
deadcalm

deadcalmの感想・評価

3.8
会うたびにデカくなる親戚の子を見守るような映画。
いろいろあるけど、でもありふれたといえばありふれた普通の子の人生を応援する気持ちで鑑賞する。

12年ものスパンをかけるとなると、過去の年に撮影したものはもう撮り直せない上に、重要な出演者が途中で事故に遭ったり逮捕されたりとかの不確定要素も相当無視できなくなると思うんだけど、そういうリスクに対するコントロールはどうやってたんだろう。体制を見るにインディーズや低予算企画ではなくそこそこ大きく張ってるプロジェクトに見えるので、何か考えてたんじゃないかと思うんだけどどうだったのか、内容よりそっちのほうが正直気になってしょうがない。
当時高松のソレイユで観た作品。今観たらまた違った感想を抱くのかな。
serina

serinaの感想・評価

4.0
予告で見て楽しみにしていた映画!
他の映画と違うのは
実際に12年間同じ俳優たちを
使って撮影していたこと。

しっかり見た目が
成長していく子供たちを観るのが
楽しかった!

"映画"にしては長くてで
ちょっぴり退屈だなあって思うけど
"これが人生"だと思ってフォーカスして
観ると、面白い!
Eric

Ericの感想・評価

3.9
成長あり、足踏みあり、家族のお話。

途中、この家族どうなっちゃうの?!という場面もあったけど、色々な人と出会い成長していくんだね、とホッとした。

淡々としたストーリーにイーサンホーク演じる父親のお気楽抜け感が効いてて良かった。そんな父親も成長していくんだねぇと微笑ましい。
そして、お母さん、男の趣味が悪い。笑
2度続けて酒癖悪男…
イーサンホークが1番良かったのでは…
イーサンのあの時少し我慢していれば…の言葉に納得。

子供を育て守る事に必死できっとあっという間に時間が過ぎただろうこと、独りになる実感がドッと心に押し寄せて来ただろう母の涙がリアル。
メイソンは困ったな、という感じで、その感じもリアル。これからに胸膨らませてる子供にはまだまだ分からないよね。
そしていつか色々な人と出会い、メイソンも人の親となるんだろう。

映画というよりドキュメンタリー的だった。
続編があるかも、とのこと。
楽しみにしていよう。
>|

あなたにおすすめの記事