海街diaryの作品情報・感想・評価・動画配信

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「海街diary」に投稿された感想・評価

もつ娘

もつ娘の感想・評価

4.0
空気感も人柄も全部がのんびりしていて大好き。
姉ふたりや家族との優しい思い出が蘇る。

紫陽花、梅酒、ペディキュア、ナナカマド…
鎌倉に住みたくなる。
Ka

Kaの感想・評価

-
キャストが豪華。江ノ島の奥あたりなのかな?世界観が素敵でした。
少し退屈かもしれないけど、ずっと見ていられる。映画って本来こういうものなのかもしれない。心情描写が繊細でよかった。
ronpuuu

ronpuuuの感想・評価

3.9
最近なぜかほのぼのとした作品を観るのにハマっていて、前から観たかった海町diaryを仕事終わりにおつまみとお酒を準備して家でゆっくり観ました。
出演者が本当に豪華で、四姉妹はそれぞれ主役をはれる大女優なだけあって、特に大きな事件が起こることもなく日常が流れていくストーリーを、自然に、素敵に演じられていました。
特にすずちゃんの透き通ったくもりのない表情が印象的でした。自転車で桜のトンネルを通るシーンの表情は本当に綺麗でした。
鎌倉の海や食べ物、自然も見所かと思います。
ほのぼの、ゆったりとした気分でお酒片手に観る映画をお探しの方、ぜひ。
まなみ

まなみの感想・評価

4.0
みようみようと思って観てなかった作品
お姉ちゃんが欲しかったなと思った。
今観たから刺さったかも
4姉妹全員優勝✌️
こんな日常の雰囲気。とっても素敵でまったりしていて、生きているだけで幸せなのかなって感じられる。映画を見た後は日々の日常をもっと大切にしようって感じる。是枝監督の作品はどれもそんな雰囲気。
こんな夢をみた。

ロンドンに飛ぶが、スパイの嫌疑をかけられる俺。
ガトウイック空港で手厳しい尋問を受けるが、バブアーを愛する男とともにその疑いは晴れ、宇多田ヒカルの音楽講座に参加する。
一癖も二癖もある参加者たち。心を閉ざしていた彼らだが、彼女の熱心でユーモラスな講義に次第に心を開いていき、各々の形で自分の一曲を作り上げていく。
リリー・フランキーから見守られるなか、斎藤和義の「ずっと好きだったんぜ」から着想を得て、念願の一曲を宇多田ヒカルの元で完成させる。宇多田ヒカルは、今の各々に作れる最高の一曲の完成を見届けると、次の現場へと旅立つ。
後日、ふと彼女に会いたくなった僕は、その現場へと足を運ぶ。
一人アイロン台寝そべる男。
バブアーのジャケットを着てる。
傍らにもバブアーのジャケットが畳んである。この男から、宇多田ヒカルを守らねば…!
そう、お前も、この男も、スパイだったのだ。 -終-

そんな意味不明な夢を観た。
ああこの夢の名は、「海街ダイアリー」なんだなって思って夢から醒めた。
ので、海街ダイアリーを観賞。
が、リリー・フランキー意外、夢との共通点は無かった。

記憶は絆たりえるか、血はどうか?
ええとこわるいとこ、腐れ縁、存在の肯定。
鬼役のいないかごめかごめみたいな。
こういう優しい大団円は好き。
均整的なのは、作り話だから許す。
こんな風に、死は必ずしも微笑んでくれない。
作り話くらい、救いで満ちてて欲しい。
ので、この作品好き。

10年20年の時間を平気で越えてくる梅酒が、時間と記憶の玉手箱。

実は終始綾瀬はるかと長澤まさみに釘付けでした。
一瞬だけでも、シラス漁をとりあげてくれて、ありがとう、監督。
僕が最期に思い出すのは、シラスの天婦羅だな。

堤真一は、やたらボストンに縁のある俳優ね!
真由

真由の感想・評価

3.4
ずっと見ず嫌いをしていたが、普通に良かった
部屋に入る時「トントン」って口で言うのいいな
何回も観てる映画。
自分も三姉妹(一番上に兄がいるけど)で、三姉妹だけで暮らしたこともあるから、共感するところたくさん。
綾瀬はるかは見事に長女だし、長澤まさみは完全に次女。妹でもあり姉でもあるというまさに中間子って感じ。夏帆も末っ子っぽくて。みんな演技上手いなぁ。
あと、「あれ」という言葉の多用ね。現実の会話ってあれこれそれめちゃ使うよね。台詞だと思って聞いてる(観てる)と違和感あるけど、日常の会話だと思ってるとこれが自然だよな。
是枝監督作品って、はい終わり、っていう終わりじゃないのがなんか好き。
MOMOKO

MOMOKOの感想・評価

3.0
すごい面白い!ここが良かった!といったピンポイントで印象的なところはないけれど、全体的にうん、なんだか素敵だなと。
キャストが良い。
>|

あなたにおすすめの記事