ざくろ屋敷 バルザック「人間喜劇」よりの作品情報・感想・評価

「ざくろ屋敷 バルザック「人間喜劇」より」に投稿された感想・評価

空海花

空海花の感想・評価

3.8
フランスの文豪バルザックの巨大作品群『人間喜劇』の中の一篇『ざくろ屋敷』を
深澤研が精密なテンペラ画で表現。
70枚近い静止画と、古楽器の音楽、
俳優の台詞、カメラワークにより完成させた、深田晃司作品。

映像は静止画を使用しているので
“紙芝居”的ともいえるが、カメラの動きによる映像構成があり、感情の起伏が感じ取れる。
音楽も合っていて、かなり味わい深い。
こういうの“画ニメ”ともいうらしい。

テンペラ画とは乳化するものを固着材にした絵画技法で、色彩が鮮やかに残り、深みを出しやすい。乳化ということは水でも油でも良く、メジャーなのは卵を使う。
この空気感は何というか私の感じ方では壁画のような粒子感がある。
顔料を油で練るような強い艶感はなく
水彩やアクリルではこのあたたかみのある質感、色味は出せない。
あと油彩より渇きやすいので(笑)割と好き。

その後の深田晃司の映画の景色に
私は粒子感を感じていた。
何か独特のフィルターを感じる。
これはテンペラ画を扱ったことで更に強調されていたように感じた。
これはあくまで私の感覚的な感想だが。
彼に元からある映像感覚なのだと思うと感動を覚える。
深澤氏は監督の中学の時からの知り合いだとか。
意志の疎通と彼の絵が、作品の完成にやはり大きく寄与していると思う。

19世紀フランス、ロワール河近くの丘隆地帯に建つ『ざくろ屋敷』に、
ある日、謎めいた夫人と2人の男の子が移り住んできた。
街の人々は美しい夫人の素性について噂をするが、誰もその過去を知ることは出来ない。
ロワールの光に満ちた、
静かな、3人だけの美しい日々が季節と共に過ぎていく。
しかし、夫人には死にゆく時が刻一刻と近づいていた─

呼び起こされる記憶は、正に絵画のように美しく、移ろっていく。
この感情の動きは何気なく、非常にゆったりとしていて、体感している時間とは別の速度で別に動いていく。
一瞬で目眩く走馬灯もまたその一種といえるか。
静止画にした時点で“時間”は消失する。
映画の固有な時間。
クリス・マルケルの『ラ・ジュテ』は静止画とナレーションで映画を完成させた。
監督はマルグリット・デュラスの『インディア・ソング』を参考にしたとのこと。

監督は、語弊のある言い方になると断った上で、
古今東西優れた映画作家は、画家の目線を持っていると思う、と。
ドガが踊り子一人いれば絵画世界を成立させることができたように、すぐれた映画監督は人が一人歩いているだけで、その瞬間に映画を成立させることができる。
ごもっともです。

音楽は古楽器奏者の上尾直毅。
ピント「グランドソナタ」で終幕。

25歳の時に、日本人でバルザックを映像化しようと思うなんて只者ではない。
バルザックにプルースト…眠くなりやすいけれど(笑)
女性の描き方が印象的。
拙く感じる部分ももちろんあるが
余白の多い原作を、想像力を掻き立てる映像として成立させた
非常にアーティスティックな作品。
そこに入る志賀廣太郎さんの和のナレーションがこれまた沁みるのだ。。


2021レビュー#123
2020年鑑賞No.133

過去鑑賞レビューはなるべくしないのが一応マイルールですが、
1年くらいなので大丈夫でしょう😌(笑)
Jimmy

Jimmyの感想・評価

3.5
この映画、深田晃司監督作だから観たのだが、静謐なアニメーションだった。
アニメーションといっても映像内で動きがあるアニメではなく、静止画を様々な撮り方で描いた映像であった。

内容は、ある女性を中心に描かれているが、物語よりも綺麗な風景を見せたい!…と思って作られた映画という気がした。
oVERSON

oVERSONの感想・評価

4.0
深田晃司の『ラ・ジュテ』。
船に乗りたい。
2020-580
唯

唯の感想・評価

3.0
名優・志賀廣太郎さんの語りに酔いしれる為の一作。
一音一音を、丁寧に噛み締めながら紡ぐ語りの声が、優しく包容力に満ちている。
それでいて、淋しさと儚さと、老いの美しさをも湛えていて、志賀さんお一人の声なのに和音を奏でている様だ。
画面は静止画の連続によって進行するが、目を閉じて味わっている自分が居る。
彼の語りに耳を傾けていると、視覚的な情報なんてそんなに大切でもないのかしら、とも感じさせられるのだ。
これは、映画というよりも、ラジオドラマであり、朗読劇であり、読書体験でもある。

いつか私達は、黒の絵の具で、無音の静寂で、一面塗り潰される。

イタリア歌曲の様な、西洋絵画の世界そのままに映画にしてしまった作品。
にも関わらず、昔おばあちゃんの家にあった、タイル張りの旧式のお風呂を思い出した。
鴨橋立

鴨橋立の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

東京国際映画祭japan now深田晃司監督特集の短編プログラムで鑑賞。

映画風紙芝居なのか紙芝居風映画なのか、、

絵と音楽と声音から醸し出されるじとぉーっとした感じはよかった。

観た中だとバイオレンスボイジャーを思い出したけど…いや、ちがうな。
eigajikou

eigajikouの感想・評価

4.0
シネマヴェーラの監督トーク(ゲスト太賀)で、
バルザックの小説の舞台の村まで監督と作画担当の画家・深澤研が取材に行った時の話を聞いた。

労作のアニメーション映画。
志賀廣太郎さんとひらたよーこさんの声の出演が素晴らしい。
(堀夏子さんも出てる。)

2回目2018.6.27
イメージフォーラム
深田晃司映画まつりにて。
tetsu

tetsuの感想・評価

3.0
深田晃司監督の作品に興味が湧き、観賞。


[あらすじ]

フランスの文豪・バルザックによる作品群「人間喜劇」のひとつ「ざくろ屋敷」を、画家・深澤研による美しい絵で表現した実験的アニメーション作品。


[感想]

アニメーションというよりは、動く絵画という表現のほうが、しっくりくる一編。

少し、不気味なさえ感じる絵と穏やかな音楽の融合。

正直、いかにも文学作品という印象が強く、眠さが勝ってしまう作品ではあったが、原作を読んでいると、その映像表現に驚く部分もあるのかもしれない。

どうやら、本作以外にも、同じ系列の「画ニメ」というレーベルで、14作品が存在している模様。

文学作品に興味のある方は、チェックしてみても良いのでは……?

参考
画ニメ
http://ganime.jp/
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

3.7
【半過去のアニメ〜マルグリット・デュラスに愛を捧げて〜】
MiniTheaterAIDのリターンであるサンクスシアターで深田晃司監督の幻の作品『ざくろ屋敷 バルザック『人間喜劇』より』を観ました。本作は、彼が25歳の時に製作したアニメーション。25歳にしてバルザックを選んでくる渋さから既に非凡さが伺える作品となっています。

フランス語には半過去という文化があります。過去において状態が続いている様子を表現する際に使われ、過去に抱いていた感情を表現する時には多用される表現技法である。そんな文化がある為か、文学ではマルセル・プルースト等が、映画の世界ではマルグリット・デュラス等が記憶の移ろいに特化した作品を発表し、その圧倒的な哲学世界が多くの人を虜にしている。

さて、本作は監督も語っている通り当時『インディア・ソング』が好きだった監督が、その技法をアニメに持ち込んで描いた意欲作だ。アニメとはいえ、ほとんど絵が動くことがなく、厳密に言えば静止画をゆったりと動かして描いている紙芝居のような作品である。そんな静止した世界をバックにナレーションが、悲劇に向かって淡々と空間を流れて行きます。『インディア・ソング』がナレーションを軸に、静止しているような人の動きから、記憶を呼び起こす際の異様にゆっくりとした動きというものを再現していた。mまさしく、それをアニメの世界、それもバルザックの世界でやってのけているのです。一見、NHKで放送されそうなアニメに見せかけて超絶高度な技術が盛り込まれているのです。

苦しい未来に起きる悲劇を絞り出すように、絵を思い出していく。そしてそれをゆったりと動かし、感情の線=半過去を紡いでいく。それが終盤になっていくと、レイヤー構造となっていき、窓の外の景色と、手前の景色を微妙にズラして動かしていく。そこに、感情の起伏を込めていくのだ。

かつて、クリス・マルケルは『ラ・ジュテ』で写真とナレーションによる30分の世界で世界中のシネフィルを虜にした。そんなインパクトがこの作品にある。この後『淵に立つ』、『よこがお』といった日本離れした作家性を発揮することを考えると、やはり深田晃司監督は凄いなと思う。

今年はドラマの編集版『本気のしるし 劇場版』が公開される。これは映画館で観なくては!
りっく

りっくの感想・評価

2.7
バルザックの物語をまるで絵本のようなタッチの画と、ひそひそとささやくようなナレーションで進行していく朗読劇。ラストに愛人を旦那に殺され、2人の子供を残して屋敷の寝床で息をひきとる夫人の姿は、そのまま「さようなら」のアンドロイドに通ずるものがある。

死に際に流れる静謐な時間、弱々しい呼吸、心臓の鼓動、脳波といったものが止まるのを耳をそばだてて観察するような、そしてその時間はいつも体感している時間とは別のものであることを証明しようとしている印象を受ける。
yui

yuiの感想・評価

-
25歳にして、バルザックを原作に選ぶ深田晃司監督。静止画の演出ということで、クリス・マルケル『ラ・ジュテ』と呼応しているお話も聞けて良かったです。#深田晃司映画まつり
>|

あなたにおすすめの記事