ザ・ウォークの作品情報・感想・評価・動画配信

ザ・ウォーク2015年製作の映画)

The Walk

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ザ・ウォーク」に投稿された感想・評価

yo

yoの感想・評価

3.5
高所恐怖症には刺激的。
もうこのビルがないと思うと悲しくなった。
まだ見ぬJGLを探そう週間。心の底から早く終われ!と思いながら観た。笑 綱渡りというかそれをするまでのドラマが中心。肌着ワロタ
キングズレーはやっぱり良い味出すな…

基本的に主人公頭おかしいなーと思いながら見てました…

共感が出来ないので見ていて辛かったです…

綱渡り自体は凄いことだと思いますが、法を犯してまでする必要があるのか疑問でした。
モカ

モカの感想・評価

3.7
渡り切るのあっけないなぁと思ったらそこから何度も繰り返して渡っていていい意味で狂ってる。実際の人が行ったかはわからないけど、寝そべる演出とか怖すぎる。渡るまでの準備にハラハラだったけど、綱渡自体は難なくやってのけてるので少しリアリティには欠ける気がした。音楽とか楽しくて全体的には好きな映画。
ストーリー★3.7
吹替え度★3.8
リアリティ度★4.2
綱渡りパニック度★5
総合度★4.2

凄い緊張感ある映画でした💦

と、言うか映画見終わったら関東で強い地震発生してた💦

成功したから素晴らしい映画🎞になった!

失敗してても映画🎞になったかも…。

ドキメンタリティ進行は嫌いな人も有ると思いますが、慣れれば中々観れました🌟

死ぬ気でやれば、出来ると思う…。

おススメ映画です🌟
SAAB

SAABの感想・評価

3.7
命がけで取り組める事があることに羨ましさを感じた。綱渡りの芸術性はもちろんショーに至るまでのタフな過程に心を打たれる。まさに偉人極まりない!
あゆあ

あゆあの感想・評価

3.0
ワールド・トレード・センターでの高層ビル空中綱渡りに挑戦するフィリップの実話。

見どころはもちろん綱渡りだけど、場所が場所なだけに、ビルに不法侵入、縄の張り方、仲間、いろんな角度から楽しめた。

若干序盤はダラダラ。

これは、映画館で見ると面白そうな作品だな。

よくこんなところで、命懸けの綱渡りしたな😱
70年代に(今はなき)ワールドトレードセンタービルのタワー間を綱渡りしたフィリップ・プティの偉業(といっても違法なのだが)を、ロバート・ゼメキスが映画化。主演はジョゼフ・ゴードン=レヴィット。フランス語がかなりわざとらしいようだったけれど、アメリカでは気にならないのか。

実は先にドキュメンタリーの方を観ていたので、実写映画化の方は師弟関係や恋愛関係のドラマ部分がやはり嘘くさく見えてしまった。(火事になった)ノートルダム大聖堂の綱渡りシーンはあったけれど、それ以外数々のチャレンジがカットされ、いきなり無謀な行為をしているようにも見えてしまう。しかし、何度も綱渡りを観客に見せると、山場の効果が削がれるから、仕方のないことかもしれない。その山場は当時、劇場で3Dで観たらかなり迫力があったのではないかと思われる。いいから、はよ下りろや、頼む!と何度か思ってしまった。

映画というものは昔から、ずいぶんと高いところが好きで、切り立つ断崖や高層ビルの屋上、尖塔の最上階などは恰好の舞台であり、落ちそうになったヒロインはヒーローに救われ(ガッチリと手が握られて)、ヒーローは悪党どもをバッタバッタと叩き落としてゆく。アクションでも、サスペンスでも、コミックヒーロー(とくに飛べない方の)ものでもそうだ。数え切れないほどそんなシーンを観てきたし、これからも観てゆくのだろう(最近では『シャン・チー』のマカオの高層ビルの足場を使ったアクション)。映画とは、実に高さ(落ちることと落ちないこと)にとことんこだわって来た娯楽なのではないか。綱渡りと相性が悪いはずがないではないか。

しかし、この映画は実話が元になっていることを忘れてはいけない。つまり、事実として、又映画の回想形式のため、主人公は無事生還することは誰でも知っているのである。仲間集めのエピソードや綱渡りの準備、ビル侵入のサスペンスは、半減しないだろうか。

いやいや、そもそもミステリやサスペンスではないし、ましてやヒーローものではないのだから、そんなことは気にはならない。屋上で警備員から隠れるシーン(観客をハラハラさせるつもりなのに失敗している)など全く余計だと思われるほどである。

映画的な演出を超えて、プティの行為自体に感動し、感銘を受けるならば、再体験や追体験というとおこがましいけれど、その偉大さ、凄さの片鱗を味わうことができるのではないか。すると、足が震え、身は竦み、心震える。

もちろん、これは同時にワールドトレードセンタービルに想いを寄せる映画でもある。遠くにエンパイアステートビルが見えたりもする70年代ニューヨークの摩天楼のCGによる再現を見下ろしながら、昔は良かったなどとうっかり呟きかねない自分がいる。
さ

さの感想・評価

3.7
怖かった〜ハラハラした。主人公イカれてるな、良くも悪くも。これが実話なのがすごい。今は無きあのツインタワーであんなことが行われていたのか、と刺激を受けた。
りこ

りこの感想・評価

3.4
何やってるんだ!っていう話。

1974年に、NYのワールド・トレード・センターの間にワイヤーを渡し、命綱なしで綱渡りをした人の話。

見る前のイメージでは、確かにすごいことだけど、映画になるのかな?と思ってたけど…
これをやろうとしたきっかけ、仲間集め、準備や当日の作業まで丁寧に描かれていて、緊張感のある犯罪映画みたいだった。(まあこれも違法だけど…)

特に、前日の夜にビルに忍び込んで、警備員の目をかいくぐりながらワイヤーをかけるまではすごくハラハラした。

綱渡りシーンは映像がすごく美しくて、ヒヤヒヤもしたけどすごく感動的!
でもやっぱり怖い…

罰が子どもたちに綱渡りを見せるっていうのもなんか粋な感じ。
>|

あなたにおすすめの記事