ザ・ウォークの作品情報・感想・評価・動画配信

ザ・ウォーク2015年製作の映画)

The Walk

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.7

あらすじ

『ザ・ウォーク』に投稿された感想・評価

まさにクレージー🤪
あの世界貿易センタービルのツインタワーをワイヤーで繋いで綱渡りをするという命知らずの大道芸人フィリップの話。

映画館の予告編でとても興味を惹かれた作品で2回目の鑑賞になる。

とにかく高所恐怖症の人間にとってはハラハラドキドキで見ていられなくなるくらいの映像描写😣
フィリップを支える仲間たち、特に恋人のアニーがお気に入り。

さすが、ロバート・ゼメキス監督による作品といった感じ。

しかし、果敢で勇気ある挑戦ではあるが、個人的にはあまり共感はできない。
よしこ

よしこの感想・評価

4.1
見終わった後手汗凄かった。3Dで見たら大変なことになってたと思う
HI

HIの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1974年。マンハッタンに建設中のツインタワービル"ワールド・トレード・センター"にワイヤーを張って綱渡りに挑んだ大道芸人フィリップ・プティの奮闘を描いたドラマ。

「無許可」かつ「命綱なし」の無謀で危険なチャレンジ、これが実話だというのがすごい。主人公は天性の才能と実力があるがゆえに傲慢・頑固で初志貫徹。計画を力説し、感銘を受けた者を仲間に取り込み、着々と進めていく様子に90分費やすが、スパイの作戦遂行みたいで面白い。
監督は『バック・トゥ・ザ ・フューチャー』シリーズのロバート・ゼメキスで、やたら凝った模型を使って説明したり、資材を落とす寸前で拾い上げたりするところにBTTF味が感じられる。

終盤の綱渡り決行シーンは体がすくむ!高所恐怖症の方はご注意。てっきり渡って終わりだと思ったが、横断のみでは飽き足らず寝転がるわ、感謝して膝を着くわ、駆けつけた警官(無許可だから当たり前)をおちょくって何往復もするわでぶっ倒れそうになるかも。警察や消防からしたらたまったものではない。「ゲリラ撮影系ユーチューバーの先駆けか」と思ってしまったがスケールが全然違うな

舞台となるワールド・トレード・センターは2001年9月のテロで崩壊してしまったが、現在は慰霊施設を含めた新たなビル群が再建されている
手の汗をかきながら見たんだよねそれ。
しかも配信で。残念ながら映画館ではなく。

映画館で観てたらもっとドキドキハラハラすると思う。息するの忘れるぐらい観れたんじゃないかと。

実話なのが信じられない。
5loth

5lothの感想・評価

3.0
面白かったです。その行為と場所にはいくつでも象徴性を見出すことは出来るのだけど、映画はあまりそっちに寄せてなくてシンプルにエンターテイメントに落とし込んだのかな、と思いました。ちょっと音楽がうるさかった。
実際にワールドトレードセンタービルの間を綱渡りした伝説の男の話。成功するのわかっててもハラハラドキドキしました。凄い。

このレビューはネタバレを含みます

面白かった〜
共犯者が増えていくの楽しい

主人公が体操の内村航平選手に似てたね!
池ポチャシーンで謎にCGなのワロタ

このレビューはネタバレを含みます


超高層ビルに、ワイヤー繋いで命綱なしで綱渡りする実在する大道芸人の、お話

いやーぶるったねえ、胸がキュンキュンした。
高所恐怖症の人はきついだろうね、てか高いところは皆んなこわいやね

綱渡りがメインかと思ったけど、それ以外も結構、むしろそれ以上に、しっかり描かれてた、つまり、そこに至るまでの過程もしっかり描かれてた。

綱渡りも、もちろんハラハラポイント、メインディッシュではあるんだけど、まず、計画のビルに忍び込むとこがスパイ映画なんじゃないかと思うくらいしっかり描かれてた

意外と綱渡りはあっけなく終わったとおもったら、この人、まさかの来た道を戻りだしたのよ、それで終わりかと思いきや、何往復もしたり、寝転がったり、いい加減にしてくれって思いました。

気になる点もあった

有線機売ってくれた人は、たぶん強盗か何かと思って協力しただろうに、なぜ、その後も協力してくれたのか

ビルの屋上で作業する時に、作業員のふりすればいい的なこと言ってるのに、警官だと隠れるのはなぜ?

あとこれはどうでもいいんだけど、83階までって言ってるのに、もう一回何階までって聞いてくるのはなぜだ、たぶんあのエレベーターだけ110階まで行ける特別仕様なのかな


あと、決行前日にキレてたけど、あれがなんかなー、いや前日だから不安なのわか?けど、なーんか、演出のためにキレてる感が出ててなあ

それと、テンポが良いのは良いんだけど、テンポがいいせいで、時の経過がわかりにくいなあとおもた、実際には10年くらい経ってたでしょ

それくらいかなー、いい総評して、良い映画ではある

○○恐怖症をテーマにした映画巡りでもしよかな
よくもまぁ💨あんな無謀な事を…片道じゃなくて 何往復も出来たもんだ。ゾワゾワして目を塞ぎ、もう止めて➰って思ったよ。仲間に助けられ、自ら勝ち取った達成感は揺るぎない。現在もお元気そうで何より。
しょん

しょんの感想・評価

3.8
大道芸の主人公は、ある日読んだ記事でNYに世界一のツインタワービルが建設されることを知り、そのタワーの屋上で綱渡りをする夢を抱く。
共犯となる仲間も加わり、NYへ向かい…そして、どうなるか。

映画館ぶりの再視聴。
映画館の大スクリーンで観るのが一番ですね笑
それでも、綱渡り中の景色映像美と当日のトラブルでのハラハラドキドキ感も面白い。

高所恐怖症の人はこの作品耐えられるのかな…。
>|

あなたにおすすめの記事