パパが遺した物語の作品情報・感想・評価・動画配信

みんなの反応
  • 父と娘の深い愛情が感動的
  • ケイティの成長過程が描かれている
  • close to youの歌が印象的
  • 娘を思う父の苦悩が切ない
  • 悲しい展開が多いが、純粋な愛が魅力的
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『パパが遺した物語』に投稿された感想・評価

藤野

藤野の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

×主人公の女性が本当に綺麗です。
お話もハッピーエンディング。
自分を大切にしてくれる男性と結ばれる。
ただ、父との繋がりと主人公の行動の接点が、個人的には納得できない部分もある。
共感できない。
kanna

kannaの感想・評価

3.5
泣いた

父親の娘を思う気持ちにいちばん泣いたが、アーロンポールの包容力の大きさにも泣いた

わたしもああいう人と一緒になりたい
とにかくアマンダは可愛いし
ラッセル・クロウは痙攣が上手いし
ジェシーはまともで…変な気持ち。

過去、現在、過去、現在…こういう構成の作品は多いけど、なんかこれはバランスが悪かったのかな?
集中しにくくて中途半端な印象しか残らなかった

そんな中でも良かったと思った点は、
①ラッセルクロウの痙…

>>続きを読む
50Kenzo

50Kenzoの感想・評価

3.5

妻を自動車事故で失った父と、娘一人な家族のお話。ラッセル・クロウとアマンダ・セイフライド主演。

作家の父が、新作を執筆しつつ幼い娘を育てるパートと、父亡き後、大学生活を送る娘のパートが並行して進み…

>>続きを読む

構成が好きじゃないというか想像してたのと違ったなと思ってしまって尻すぼみに感じた。もっとストレートな映画じゃダメだったんかな。でも役者陣の演技良くて感動は出来る。子役の女の子プリンセス過ぎてきゅん。…

>>続きを読む
鑑賞記録

大切な人が突然、居なくなる喪失感。
愛は脆く壊れやすい、しかしながら愛で誰かと前に進むための強さも生まれる。

ラッセルクロウが演じた小説家の父親が魂を込めて執筆した“父と娘”を読んでみたい。
こさむ

こさむの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

小説家の父・ジェイク。
ポテトチップスのようなかわいい娘・ケイティ。
父娘を引き裂こうとする訳の分からん糞親戚・エリザベスとウィリアム。
父は事故の後遺症でたびたび痙攣発作を起こし、それが原因で風呂…

>>続きを読む

病気の父×幼い娘はどうしたってある程度感動するに決まってるし彼との関係もまあそうなるよな...
泣かせるために色々広げてはみたものの全部が予想よりうすうすな感じで終わる。色々想像させる邦題が絶対よく…

>>続きを読む

自動車事故がきっかけに残された父娘が苦悩する

ジェーン・フォンダとは最後まで分からず

ケイティがビッチになり過ぎで痛々しい
「金が全てだ」と娘に叫ぶ父親は徐々に追い込まれていくし...

〝C…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事