チャイルド44 森に消えた子供たちの作品情報・感想・評価・動画配信

『チャイルド44 森に消えた子供たち』に投稿された感想・評価

犯人の犯行動機がいまいち分からなかったのですが見落としでしょうか…。


奥さんが後半強くて
笑ってしまった
ずっと気になってた作品だったので
見れて良かったです!!!
勝手にスリラー要素
強めかと思ってましたが
そうでも無かったです笑
あと、もっと犯人のこと
ピックアップして〜
YasTkg

YasTkgの感想・評価

4.0
タイトルの連続猟奇殺人がおまけかと思えるほど
独裁政権下の恐怖、正義の在り様を痛烈に感じた。

気を付けろよ、日本。
odyss

odyssの感想・評価

4.0
【スターリニズムの重苦しい雰囲気】

最初から最後まで暗い画面、蒸気機関車に牽かれた列車が頻出するがゆえの重々しい印象。
スターリン時代のソ連を暗示する重苦しい雰囲気が全体に漂っている映画です。

筋書きが流れに乗るまでちょっと時間がかかるので、最初は作品の進行を追うのに苦労しますが、中盤からはわりに分かりやすい展開となります。ただ、当時のソ連の機構には現代日本人にはつかみにくいところもあるので、全部が腑に落ちるというところまではいきません。

少年を専門に狙う殺人鬼と、スターリニズムの密告体制下で左遷された主人公夫婦(ふたりの関係にも微妙なところがある)の交差する地点が、しだいしだいに見えてくる。その辺の進行は巧みにできています。

第二次世界大戦ではソ連は連合国側、ドイツは枢軸国側だったため、しばしばソ連共産主義とドイツ・ナチズムは対立関係でとらえられたものですが(戦後しばらくは日本でも共産主義への幻想が強かったことも大きい)、実際には両者は似たもの同士だった。それがこの映画を見るとよく分かります。

すぐれた作品だと思いますが、あえて欠点を挙げるなら、ソ連の話なのに英語で会話が行われていること、中盤まで重層的だった進行が、最後にはあくまで殺人鬼のあぶり出しにこだわる夫婦の姿勢が鮮明になにつれ逆に単調さを生んでいること。それとヒロインはもう少し美しい女優を使って欲しかった。主人公が一目惚れするという設定なのですが、そんなに魅力的には見えないので。
Evans

Evansの感想・評価

3.3
「楽園に殺人はない」

ありえない前提の上で社会が進む異常さと、沈黙することしか出来ない社会の様子を映し出した作品

子どもへの殺人シーンはないものの、主人公を取り巻く環境では前提など意味を持たなかった。
RIE

RIEの感想・評価

-
ロシアが舞台で、ロシア人役を英語圏の人が演じて、ロシア風英語を話す映画。

フランスの人やスウェーデンの人まで。そういうものなのかもしれないけど、日本に置き換えたらどうなるかとか考えたらよく分かんなくなった。。
小説読んだはずなのにレオって名前しか覚えてなかった。
なんだか話の起伏がなくて盛り上がりに欠けてた気がする。
Y

Yの感想・評価

3.4
トム・ハーディのロシア風(笑)アクセントを面白がれるかどうかで点数が変わる。
今の普通や常識も
未来には「間違った過去」になる?

ノオミ・ラパスさんは
強い女が良く似合う
hamoko

hamokoの感想・評価

3.0
「楽園に殺人は存在しない」

存在しないので「う〜ん、これは事故😉」になっちゃう、それを通してしまう当時のソ連の闇のほうが怖い映画。
そんな状況下で起こる児童連続殺人事件。溺れた死体が歩いてくるわけないだろ!と異を唱える主人公レオの、真実と利権の間で板挟みの葛藤がつらい。

ウクライナのホロドモールで生き残った孤児たちもやっぱりソ連軍として従軍するんだな…と。当たり前だけどやってられないな…
中だるみもしたけど殺人を追うスリラー?映画としては重厚でよかった。
Marf

Marfの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

第二次世界大戦後のソ連怖すぎる
トム・ハーディ何回も死にそうな所あったけど生き残れたのすごいw
後味悪い終わり方じゃなくてよかった
>|

あなたにおすすめの記事