BUMP OF CHICKEN TOUR “WILLPOLIS 2014” 劇場版の作品情報・感想・評価

『BUMP OF CHICKEN TOUR “WILLPOLIS 2014” 劇場版』に投稿された感想・評価

とも

ともの感想・評価

4.4
BUMPファンやRAYの世界観が好きな人には、ただただたまらん映画やと思う。
そうでない人にとっても十分楽しめるんじゃないかな。
人の動きをCGに反映させる技術を使った映像作品。
【soutaの邦画つぶやき No.314】
"BUMP OF CHICKEN TOUR WILLPOLIS 2014 劇場版"


視聴記録。
BUMP OF CHICKEN『WILLPOLIS 2014』に密着したドキュメンタリー作品。
バシ

バシの感想・評価

5.0
魔法の世界🪄
ちょーかっこいいバンド!!
一瞬で虜になりました!!
すげーいい!!!!!
つむ

つむの感想・評価

5.0
TOHOでグッズ買うために早起きして一限の前に川崎に寄ったけど、誰もいなかったの覚えてる
フェスの物販のあの列見たら誰しも同じこと考えるかと思ったけど
全国に映画館が散らばっていることを当時の私は忘れていたようで
でも大好きだから、そうしたかったんだろうな
という、ライブ前後の出来事が私の中のBUMP OF CHICKENの音楽をすごく彩ってくれる
一緒に行った人とか、会場までの道が、大切だったりする
映画館でも同じだった
ご

ごの感想・評価

3.4
毎日映画コーナー256

BUMPのなぜかやったドキュメンタリー的映画(ライブ映像もあり)

BUMPファンの僕からしても中2くさくて叶わんかった

お前らいきなりカッコつけてなんやねん感がすごい
途中のCG映像も、お前誰やねん感が半端なかった


__

でも唯一覚えてるのは、これを見に行った友達(実はそんなに仲良かったわけではないけど、なぜか心を許していた)を、なぜかこの映画に誘って、そしてその後に彼にだけ仮面浪人をして頑張ってることを告白したんだった

あれは19の秋だ

地元の川に冷たい風が吹いて、川面を細波立たせた

僕はその先に、きっと春があると信じていたんだ

__

僕の地元の川は、BUMPのメンバーが生まれ育った街の湖に繋がっている

帰り道、川岸のサイクリングロードを走りながら、それでも未来はあるのだと、僕は曖昧な実感を胸に帰った

__


映画自体の内容はまじで覚えてない
レビュー、あったんですね!点数は付けられませんが記録として笑

ライブにも映画館にも観に行きました。
作品としては、今は目下、ビデオポキールとかと共に、たまにDVD観ながら一緒にギターを弾いて楽しむ要因です。

自分をベッドから引きずり出してくれた、人生で一番大切なバンドです。
白あん

白あんの感想・評価

5.0
ずっとずっと
世界で一番大好きなアーティスト。

BUMP OF CHICKENの音楽に出逢えて本当に本当に嬉しい。数え切れないくらい救われたし、笑わせてもらったし、泣いた。私の人格形成の半分はBUMPから学んだと言っても過言ではない。

また必ずライブに行きたい。


ぬれ、うなぎ。
六本木の映画館で見た。

ライブが好きで、RADとかは行ったのに唯一BUMPのみ行けてないけど映画館で聴く音楽は本当に良かった。
いつか…いつか必ずBUMPのライブに行く…!
yumi

yumiの感想・評価

5.0
はやくaurora arcのツアーDVD出て欲しい…!ということで久しぶりに…。
映画化またしてくれないかな…。藤くんのMCほど心に打たれるものはないです。BUMP OF CHICKENの音楽にまた会いに行きたいから昨日の続きで今日もまた生きています。明日も明後日も。
ドキュメンタリーパート正直そんなに面白くなかった
WILLPOLISの物語の答え合わせが出来るのは嬉しい。
>|

あなたにおすすめの記事