トイレのピエタの作品情報・感想・評価・動画配信

『トイレのピエタ』に投稿された感想・評価

まゆみ

まゆみの感想・評価

3.0
杉咲花すきだけど、
何からわけわからずモヤモヤと終わった感。
そういう内容だからいいのか……
ちゃん

ちゃんの感想・評価

3.1
記録
野田さん出てたから見たけど、花ちゃんの演技に圧倒されました
YasTkg

YasTkgの感想・評価

5.0
余命3ヶ月を告げる、癌告知。
浄化と昇天。変わるのは自分だけ。

むきだしの花ちゃん。よかった。
めぐ

めぐの感想・評価

-
絶対にエンディング、RADWIMPSなんだろうなと思いながら観る映画
odyss

odyssの感想・評価

2.0
【退屈な映画です】

結論から言うと、ものすごく退屈な映画だった。こんなに退屈な映画も珍しい。

どうしてかというと、難病ものなのだけれど、その難病を抱えて生き方を模索する主人公の感情が全然出ておらず、何が問題になっているのか、うっかりすると見失ってしまいかねない作りだから。主役・野田洋次郎はミスキャストだろう。

病気にやたら苦悩の表情を見せろってんじゃないのだよ。いかに残された時間を過ごすべきかの試行錯誤的な、絶望と言うよりは半分あきらめに満ちた試行錯誤の表情が彼にはない。もしかして、監督の指導も悪かったのかなあ。

杉咲花演じる中学生女子も、主人公の元ガールフレンド役の市川紗椰も、脚本がまずいせいもあるけれどイマイチ説得力を持たない。市川さんはキレイだから、もっとマシな映画に出て欲しいな。杉咲花は、さほどのタマとも思われなかった。まあ、私の好みに合わないということかもね。

それにもまして、リリー・フランキーを使いながら、全然活かすことができなかったところが、最大の難点じゃないかな。最近好調のこの俳優をこの程度にしか使えなかった監督の罪はきわめて大きい。

・・・とクサし続けてきたけれど、映像面では光るところがありました。なので、点数はこの程度に。
予想以上に好きな作品でした。
野田洋次郎さんは歌以外に役者という表現者としての才能もあるんだなぁと思いました。
杉咲花さんの役は今まで私が観た彼女の作品の中で一番好きかも!と思いました。
劇場で観たかったです。
2022/208
特別なことが起こらない人生でも、
死にたくないと思う人

普通に生きられる身体があっても、
死にたいくらい生きるのが辛い人

死ぬ気で描いたトイレの絵が
死にたい人へ、生きるための少しの光に。

ちょい役でも重要な役でも、ベテラン役者がたくさん出てるのが納得のいい作品。

水中の画がとても好きだった
0234

0234の感想・評価

4.3
いい、映画でした。

「あのね、なんかね、僕生きてますよ今。」
open

openの感想・評価

-
あんま覚えてないけど洋次郎の演技がうまかったことととりあえずよかったことは覚えてる。
何で園田は絵を描いてと頼まれたのを断ったのかな?
何でちょい役で佐藤健使ったんだろ
>|

あなたにおすすめの記事