恋人たちの作品情報・感想・評価・動画配信

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「恋人たち」に投稿された感想・評価

st

stの感想・評価

-
篠原篤と成嶋瞳子はハマり役すぎる。池田良も(『由宇子の天秤』でも思ったけど)胡散臭さ漂う救われなさみたいなのが本当すごいな。最初から最後まで暗くて温度の低い空気感なのだけど、たまにふわっと訪れる血の通った生温かさみたいなのが、何ともリアルでもありノスタルジックでもある。こういう作品をみると安心する。
Taku

Takuの感想・評価

4.1
飲み込めない気持ちを飲み込んで生きてる人が今の日本に何人いるのかと目をつけて作品にした監督すごいな、生々しい描写が多い中で最後は優しさと少しの救いを垣間見れて良かった
あとエンディングAkeboshiはドンピシャすぎる
社会の底辺を生きる人たちの群像劇。
観ててちょっと陰鬱な気持ちになる。
いい意味で。
自分や他人が秘めている気持ち悪いところを直視させられたような気分になった
でもそれは決してしんどさに向き合え!強くなれ!みたいなノリではなくて、信じらんないけどこういうひともいてこういうこともあるんだよ、人生って大変だよね、でも死ぬこたないんだよ、本当にたまにいいことあるからさ、みたいなフワッとした空気感で伝えてくれる感じで、この監督も色んなしんどさを経験してこういう映画を作っているのかなぁなんて考えたりした
ぐるりのこともだけど、これもジョワっとウグっとくるエンディングまで良い映画だった
0

0の感想・評価

3.8
演者さん全員〝芝居してるなぁ〟って感じが全く無かった。本当に演技が自然。そこらの有名な俳優さんよりみんな演技上手ですよ!!
人間臭く、生々しい部分をしっかり写しつつ、喪失からの希望を描く。全体的に重苦しくはあるけど、ものすごく丁寧な印象。
個人的にはかなり観ててしんどかった。性描写が生々しいと、どうしても気分が悪くなってしまうので、鶏おばちゃんパートがややキツかった。でもその部分が作品の魅力なんだろうね。
DJりん

DJりんの感想・評価

3.4
結構見ててきつい部分があった作品。
まず作品全体を通して始終重く薄暗い雰囲気が漂っているが、不思議と引き込まれる魅力があった所は良かったと思った。
やっぱり見てて1番きつかったのが、妻を殺された男だった。
多分パッとしない人生を送ってきたであろう男がやっと大切な人を手に入れて、これから幸せを沢山作っていこうという所で、その幸せが奪われてしまったんだからこれはキツすぎるよなと思った…
犯人を殺そうにもそれは出来ないし、かと言って自分が死ぬ勇気もない。
生きる希望もない絶望の中で生きるのって、想像以上に辛いのかもしれないなと感じた。
他にも色々登場人物は出てきたけれど、正直終わってんな〜😓とかやべえな。。と思う部分はあったけれど、妻を殺された男に比べたら何十倍もマシだよなと思った。
それくらいとにかくこの男の苦しみは、見ているだけの私にも充分過ぎるくらい伝わってきた。
ただ綺麗事だとは思うけれど、どんな絶望の中にいて苦しみ続けていたとしても、生きてさえいれば、ほんの少しくらいは希望の光が差すこともあるのかもしれない。と描いている部分が今作の唯一の救いの様に感じた。
こんな感じのストーリーなので、眠くなった部分も所々あったが、作品が持つ暗さに触れてみたい方は見てみてもいいんじゃないかなと思った作品だった。
前作『ぐるりのこと』から7年のブランクを経て作られた本作、橋口監督主宰の演技ワークショップから素人俳優を選抜し撮りあげた映画だという。元々即興演出用に企画した恋愛劇だったのが、いままでの経験値からシナリオ自体は自身の手でちゃんと別に用意したらしい。

たがこの映画のタイトル『恋人たち』は少しおかしい。劇中“恋人”と呼べるのは、道ばたで男のタチションをひっかけられながら女が傍らでそれを見守っているバカップルぐらい。橋口によれば“相方のいない恋人たち”を、この映画で描きたかったという。通り魔に妻子を殺されたコンクリート鑑定士、詐欺師と駆け落ち寸前までいく弁当屋のパートタイマー、そして相方にふられるゲイの弁護士。

この映画の白眉は、どん底に落ちたそれら登場人物がささやかな希望を見出だす後半のクライマックスではなく、行政担当や詐欺師の男、友達に騙され裏切られ人間不信に陥っていく映画前半部分にこそあるのだ。それもそのはず、元々鬱持ちでゲイの橋口監督が7年の空白期間に遭遇した、実際の詐欺事件がベースに作られているからだ。当然妻子殺人事件は空想の産物だが、その他のエピソードはほぼ実話をもとにシナリオが書かれたという。

健康保険金滞納を役所担当に咎められ、怒りの独り言を女子高生に聞かれ「コワーっ」とリアクションされる場面。パートタイマーの女が食肉業者に連れてこられた養鶏場で座りションの真っ只中、思わず尿でタバコの火を消す場面。そして、ゲイの弁護士がすでに切られたスマホに向かって元同級生の男に愛の告白をする場面。

TV放送などではもはやほとんど見かけなくなったこういった人間臭いシーンを撮らせると実にお上手な監督さんなのである。“生(なま)”という言葉の意味をよくわかっている人なのである。後半にかけては、どこかのヒューマンドラマで見たようなありふれた展開に陥ってしまうものの、即興演出かと見紛うような映画前半のみずみずしいシークエンスからは、場末のポルノ劇場のようなすえた生臭さが確かに立ちのぼっているのである。

そこで描かれているのはまさに血の通った人間たちであり、今どきの若手俳優が演じているまるでAIロボットのような薄味のキャラクターとは一味も二味も違っているのだ。人間臭いが故に隙があり、他人にそこをつけこまれ騙され傷つく、なんて馬鹿で愚かで脆い、それでいて手をさしのべずにはいられない愛おしい“濃い人たち”なのでしょうか。
千秋

千秋の感想・評価

4.3
タイトルを見たら甘々な作品かと思ったら、まったくの別物。リアリティのある、日常を生きていく人たちのお話。最後ズンと沈むかと思ったんですがかなり前向きな、明日から頑張っていこうと思えるいい作品でした。
自分的にはラストで少し救われた作品でした。

ちょっと3つのストーリーにちぐはぐさを感じてしまい、どうにも入り込めなかったのです。

普通ってのを、ホントに普通に描こうとするとこんなにも退屈なのか!って、普通を描く難しさを感じました。

なのですが、「普通」ってのが人生で一番幸せなのかもしれない、って教えてもらったような気もしました。
ジョン

ジョンの感想・評価

4.8
「恋人たち」

この甘いタイトルと真逆の映画

社会の本当にギリギリのところで生きている人達の話

登場人物とにかく生々しく地べたに這いつくばって生きていて本来なら心の支えになるはずの「恋人」がこの作品では支えには必ずしもなっていない

ただ人は一人では生きていけないしその瞬間に近くにいる人に寄りかかる人の弱さ 脆さ

あの野ションのシーンに役者魂感じた 
ただ自分の不勉強でこの作品の登場人物名前がはっきりわかるのは光石さんだけだった

だからこそリアルで現実の生々しさ感じたんだと思う

暗闇の中をもがいて必死に生きている先に見えたホントに僅かな一筋の光

それでも人は生きていく
>|

あなたにおすすめの記事