モヒカン故郷に帰るの作品情報・感想・評価・動画配信

モヒカン故郷に帰る2016年製作の映画)

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「モヒカン故郷に帰る」に投稿された感想・評価

Rona

Ronaの感想・評価

4.4
島の空気と沖田監督のつくる生活音がとても好き。
演奏シーン、どれもアツくて中学生感がしっかりあるところがおもしろい。
mckee

mckeeの感想・評価

3.2
前田敦子ってこんな役も難なくこなせちゃうんだな。ひいき目に見てるけど素晴らしい!
このパンクな家族は一般の常識とはかけ離れてるし、息子は長い間音信不通だったし、無職でモヒカンだし…世間的にはダメな方のやつだけど、?ろそれでも父親の最期を前に、互いに気遣い思いやりこのような最高の送り方をすることが出来た。そう考えると家族とは一体?とその有り様を問われているような気もする。
ユーモアと独特の面白がりのセンスで最期までの時間が描かれていたが、それを差し引いてもやはり死とは壮絶。柄本明と龍平のやり取りがその詰められていく空気感を巧みに醸し出していた。
しかし柄本明って役者はすごいね。すごいという言葉では言い表せないそのまた先の凄味がある。
半年前ある事を打ち明けてくれた友人がいた。イカしたナイスガイの彼には似合わないとても深刻そうな表情であった。彼とは昔からの友人なのであるが
矛盾があった
攻めあぐねた
それは彼が事件がなくともそうしようとした決意に感じたから
僕は良弁をきした。なぜか邪魔をするそれは前田敦子
晶

晶の感想・評価

3.8
海で柄本さんが松田龍平に言うんよ…
ふたりきりのこの時間にめっちゃ泣ける
どんだけあったかいんじゃー😆😆😆❗
これぞ、日本❗って感じ?

昨日観た『92才のパリジェンヌ』みたいな立派な死にかたもあり❗
でも、こんなふうな死にかたもあり‼️

人は、人に迷惑かけずに生きてくことなんてできないんだ。迷惑かけたり、かけられたりが人生。
かけた人にかえせなくても、そのうち誰かにかえっていけばいい。
…って感じ?

柄本明ともたいまさこの夫婦って、誰が考えたん?
完璧😃✌️❗

あと、息子たちが、嫁も含めてプータロってのもいいねぇ。
だからこそ、こんなとき一緒にいれるじゃん。
「もう、東京へ帰りなさい」という親もいいし、「なんでここにいるん?」といいながら受け入れてる親もいい。

死ぬ目前の病人が、いろいろ周りに気を使うのも、いい。

なんかここには、あるべき姿がない。
みんな各々やりたいことやってるんだけど、それができるのは、そういう土壌があるからなんだよなあ。

なんて羨ましい世界🤤❗

声出して笑ったり😂泣いたり😭した作品でした。
en

enの感想・評価

4.0
素直じゃない父と子が不器用ながら互いを思う様が素敵。宅配ピザ屋を呼ぶ件が最高なエピソード
2016/5/13
前田敦子は「かわいい不美人」的な役どころが上手すぎる
モヒカン頭のバンドマン🎸💥が解散を機に久々に故郷の島へ帰ったところ父が倒れてしまう💦・・・


もうモヒカンって聞いただけで勝手にハチャメチャ・コメディ💥みたいなのを想像しちゃったけどそんな事は無くいつものユルっとした沖田映画🎬でした。

あまりエキサイティングな内容とは言い難いけど永ちゃんファンのはしくれとしては吹奏楽部で「アイ・ラブ・ユー、OK👌」を合奏したり、音楽室の大作曲家の肖像画に永ちゃんの写真が並べられていたり🤣、そんな素敵なシーンがあるだけでちょっと見てよかったと思えました。

2022.6.5
taichi

taichiの感想・評価

3.5
淡々と進んだがその分親父さんの隠れた思いが伝わった気がします。
まゆか

まゆかの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

死にかけの人間を運ぶシーンにデスメタル流す映画初めて観た。

もたいまさこさんも柄本明も好きなんだよなー

「最期に矢沢永吉に会いたい」と言う末期ガンの父親と、その息子(モヒカン)のお話。
もしかしてこの映画にはYAZAWAがでるのかしらと思いながら観たので、「認知症になった父親の元に、YAZAWAになりきったモヒカンが現れる」という展開にかなりグッッッッッッッッッときたし泣いた。柄本明が泣き叫ぶのを見てボロっボロ泣いてしまった。
というか認知症が出始めるシーン、2人の演技すごいなあ…表情…すごいなぁ…

松田龍平のぼーっとしていて人懐っこい感じがすごく好き。
女優としてのあっちゃんを初めてちゃんと見たかも。肝っ玉!って感じのキャラがすごく合っていた。
>|

あなたにおすすめの記事