キル・ビル Vol.1の作品情報・感想・評価

キル・ビル Vol.12003年製作の映画)

Kill Bill: Vol. 1

上映日:2003年10月25日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.5

『キル・ビル Vol.1』に投稿された感想・評価

いゃ〜いいねぇ。
タランティーノどんなのでもおもろいな。こういうエンタメ作を量産して欲しい気もする。自由な娯楽演出とむちゃくちゃなアクション、血糊の量、栗山千明かわいすぎなど見所が多い。

ただ流石にストーリーが進まなさすぎて飽きる。一本の物語で三、四人は復讐してもいいのではないかなーと思ったし、アニメパートの必要性がわからなかった。まぁおもろいからいいんだけど。

正直全く期待していなかったが、タランティーノはほんとにハズレない。こんなにハズレない監督他にいない。
つよ

つよの感想・評価

3.7
b級!
「このシーン撮ってみたい」が目的になってる映画づくり(知らんけど)
ガンアクションかっこいいのに殺陣なんでダサいんだ。。笑
公開当時、それまであんなに大好きだったタランティーノのことが一転して大嫌いになったケツ作。

もはや批評以前の問題で、「好き嫌い」でしか語りようがないレベルの作品。

「オモチャ箱をひっくり返したような」という紋切り型のフレーズを使った批評ばっかりでウンザリさせられたのを思い出す。今もそんな感じか。

オモチャ箱なんてひっくり返されたら迷惑やねん。鬱陶しいねん。ひっくり返して楽しいのは本人だけ。片付ける方の身にもなれ。落ちてたレゴとか裸足で踏んだらめっちゃ痛いねんで。
Ma

Maの感想・評価

4.0
2022年:157本目
20221011:15本目

・シナリオ:☆☆☆★★
・演出: :☆☆☆☆☆
・雰囲気: :☆☆☆☆★
・個人的好み: :☆☆☆☆★

復讐を面白おかしく描いたタランティーノの趣味全開映画。大量のオマージュがあるのだけれど、それに気づけるほどの知識を持ち合わせていない…笑。ただ、オマージュに気付けなくても楽しめるエンタメ作品でした。

今まで見たタランティーノ作品の中で一番過激。グロテスクな描写が多数。
美しいユマ・サーマンが全身黄色の服で日本刀を振り回してヤクザを殺しまくるという絵面が面白い。

タランティーノはやっぱり頭おかしい…。
hoka

hokaの感想・評価

3.2
クソ〜、腹立つ。これだけ制作陣に日本人起用して面白くない訳がない。
頓珍漢な所もないではないが、概ねリスペクトを感じられる。
話は単純な復讐劇だが、productionIGのアニメも素晴らしい。

ユマサーマンの殺陣は殆どクンフー映画だが、結構楽しい。Lucy Liuにとって変われる日本女優も居たと思うのに、残念だ。

吉原遊廓の様なセットは、実際にあれば楽しそう。後サニー千葉の打った【シーサー日本刀】はカッコ良かったです。
でも最後堂々と機内持ち込みはエッジが効き過ぎ。
和

和の感想・評価

3.9
これタランティーノだったんだやっと見れたキルビルサイレンてそゆこと
ナード

ナードの感想・評価

4.2
日本語パートになると急に声が聞き取りづらくなる、オッさん腹から声出せや

やっぱルーシー・リュー最高〜🫶カタコトなのもめっちゃ良い
ゴーゴー夕張はとにかく可愛いし、、チャリエンとSPEC観たくなってきた

全てがオシャレで何回でも観れる
カタコト日本語かわいい
「まだ命があるものもって帰るがいい!!」
るる

るるの感想・評価

3.7
ビル殺してねえじゃん!て思ったら2に続くのか〜観なくちゃだな。
前半好きだったんだけど、日本パートが私にはあんまり合わなかった。いや、逆に面白いとも言える。逃走中のハンターみたいな黒スーツどもが「ヤー」って斬りかかってくるのは笑うしかないだろ。
とりまタラちゃんのしたいこと金かけてやってんだな〜って思ってた。

栗山千明が最高に良かった!!かっこいい!死に方もイイね!
あく

あくの感想・評価

3.6
ストーリーは単純だが、アクションに力を入れていて見応えがある
大量の血もカタコトの日本語もさほど気にならない。カッコいいので。
アニメーションも結構上手くてびびった
オーレン・イシイの手下がちょっと多すぎる気もしたが、なんといってもゴーゴー夕張、制服姿の栗山千明のアクションが良かった。
曲もかっこよかったし、割と好きな映画
>|

あなたにおすすめの記事