DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧の作品情報・感想・評価

『DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧』に投稿された感想・評価

ラダ

ラダの感想・評価

4.2
こんな大人になりたいと背中を追ってきたけれど、やっぱり敵うはずがないよ。バカでカッコよくて唯一無二のスーパースターだ。

この二人を好きで良かった。
誰が何を言おうとも、貴方たちは私のヒーローです。

そして、役者じゃないピエール瀧をスクリーンで観られる日が来るとは。いやこっちが本職ですが。
マトリ

マトリの感想・評価

4.0
電気グルーヴの歴史がとてもわかりやすいドキュメンタリー
興味が無い人は観ないと思うけど少しでも気になる方は観た方が良い
私も電気グルーヴに出会ってなかったら音楽の好みはもちろん、笑いの好みも違ってただろうなー
それくらい自分の成分に彼らは欠かせない存在

瀧さんの言動で大笑いする卓球さんが大好き
今後も〈鬼日〉と〈ケラ逃げの日〉は毎年お祝いしていこうと思います👹🏃💨
shen1oong

shen1oongの感想・評価

3.6
振り返ると、大根仁の映画の最高傑作はこれだったな…
人生時代の卓球のべしゃりがビートたけしのオールナイトニッポンそのままなのが微笑ましい
関係者達の証言で浮かび上がる電気グルーヴの実態。本気で大人がふざけ続けると、冗談も壮大な物語になる。圧倒的なライブパフォーマンス。革新的なサウンド。この2人にしか実現し得なかった景色を垣間見せてくれる作品だ。
ZUSHIO

ZUSHIOの感想・評価

4.5
年代的に青春から中年期に至るまでの自分の人生史とそれぞれの電気の軌跡がフラッシュバックして、なんとも言えない映画体験になった。
やっぱり、まりん脱退後の電気はこの映画全体を通して改めてみても失速はしているのだけれど、結局は卓球さんと瀧さんの二人の終わらない思春期が電気グルーヴを貫いていたのだなと、エンドロールで感動した。
hr04

hr04の感想・評価

-
見てください、聞いてください、楽しんでください、電気グルーブです

最高
トー

トーの感想・評価

4.0
電気のオールナイトのヘビーリスナーだった自分にとっては、ラジオで話してた内容が映像で観れて感激した。電気グルーヴファンは楽しめるけど、そうじゃない人はどうなんだろう?
カッコいい。憧れる。
そして面白い。

誕生から2016年?までのヒストリー。
WIRE行きたかった。
観て良かった!
公開時、映画館に観に行きました。
…覚えていませんが、楽しかったと思う。
電気、いつまでも応援してます。
マグ

マグの感想・評価

3.9
高校生の頃に友達の飯田くんに教えてもらって夢中になった。
アルバム「A」以来CDは買わなくなったけど卓球がソロになったり瀧がタレント活動したりと活躍は知っていた。
この映画でそれ以降の彼らの活動を知ってまたレンタルで聞かなきゃと思った。
モノノケダンスがもう9年前なんだって!
ワダスびっくり(笑)

今じゃ言えない秘密じゃないけど
出来ることなら言いたくないよ
今話してもしかたがないし
でも言いたくてしかたがないし

学校ないし家庭もないし
ヒマじゃないしカーテンもないし
花を入れる花瓶もないし
嫌じゃないしカッコつかないし

電気グルーヴ/N.O
>|

あなたにおすすめの記事