無伴奏の作品情報・感想・評価・動画配信

みんなの反応
  • 可愛くて大好きな世界観と美しい表現
  • 悲しみと幸せが交差する人間味あふれるストーリー
  • 斎藤工と池松壮亮の強い惹かれ合いと演技の素晴らしさ
  • 時代背景やファッション、音楽の再現が素晴らしい
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『無伴奏』に投稿された感想・評価

crow

crowの感想・評価

4.1
人物の視線の交わりがこちらに生々しい程の感覚を感じさせる。

池松壮亮やっぱりいいな。

姉が当時、斎藤工さんのファンで、この映画の舞台挨拶に連れて行かされた事を、思い出した笑。
めちゃくちゃジェントルで、舞台袖にはける時も、ずっと手を降ってくれてた斎藤さんとは対処的に、池松くんが終始ク…

>>続きを読む
魚子

魚子の感想・評価

4.0
男同士の恋愛感情のもつれで殺されるって...と思ったりもするが見終わると切なくなる
ホモっぽい映画ってどうもレズっぽい雰囲気があるように感じちゃうな(その逆もそう)
zuu

zuuの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

だめなことじゃないのに、普通になろうと
して無理しちゃったんだろうな

この時代の同性愛は今のようには
打ち明けられるものじゃなかっただろうし

ただ、巻き込まれた周りは可哀想だ
エリー

エリーの感想・評価

2.3
男同士の濃密な絡みが拝めますが、わたしは成海さんに乳を出してほしかった。不自然なくらい隠すような見せ方で、女優としてまだ剥けてなかった。
 学生運動が盛んな 1969年の仙台を舞台に、喫茶店で出会った女子高生と青年のヒューマンドラマ。

 学生運動の時代の革命という言葉に惹かれ若者達の暗い雰囲気がうまく表現されていたと思う。
はな

はなの感想・評価

3.5
学生運動の最中の青春。初めての恋にしては重たい。最後はみんないなくなっちゃった。
大木

大木の感想・評価

3.0

性行為のシーン長いし多いし、全部ちょっと面白くて笑えてきちゃった。
「嵐の中に身を置いていないと」みたいな独白があったけど、思い入れがないけど運動に参加していて、そこに罪悪感があるのはなんとなくリア…

>>続きを読む

表現が思いつかない。
時間はもう戻らない。

文学らしい湿っぽさがこびりついてるのに、
褪せた色感の映像と時代の表現で
なんとなく乾いたザラザラ感が残った気がする

私も覗かされた気分。
そんなつも…

>>続きを読む


今作も、モヤっとした感覚が残る映画でした。

斉藤工、良い味出してるなぁ。

かっこいいけれど、気色悪い影のある役が似合う。

実際の斉藤工も、今作の役と重なる要素を持っている人かもしれない。

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事